FC2ブログ
2018 / 08
≪ 2018 / 07 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - 2018 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20180714 名古屋フィル第459回定期

急に予定が空いたので、名古屋フィルの演奏会へ行ってきました。
猛暑にピッタリの清涼感ある演奏。
デュティユーのチェロ協奏曲がカッコよかったです!

●メンバーと曲目
指揮:ティエリー・フィッシャー
演奏:名古屋フィル

チェロ:ニコラ・アルトシュテット

ソプラノ:盛田麻央
メゾソプラノ:富岡明子
合唱:愛知県立芸大女声合唱団

コンマス:田野倉雅秋

今月の定期の文学作品はボードレールの『悪の華』。
さらにシェイクスピアの『真夏の夜の夢』も文学関係。

前半はデュティユーのチェロ協奏曲。
1970年作曲の20世紀音楽。
クールに神秘的に弾く箇所が印象に残る曲でした。
こういう曲は好み♪
特殊奏法乱発でとにかく難しそうでしたが、アルトシュテットさんの演奏は変幻自在で隙なしでした!
いったいどこからこんな凄腕の方を見つけてくるのでしょう。
アンコールは、「デュティユー:ザッハーの名による3つのストロフ」
これまた難しそうな曲でした。

後半はメンデルスゾーンの「真夏の夜の夢」
フィッシャーさんは切れ味鋭いクールな演奏。
序曲の弦の細かい刻みから快速でグイグイと一気に駆け抜けていました。。
大抵はもっとロマンティックに感情豊かに演奏すると思うので、変わってるなと思いましたが、
清涼感を味わえて今日のような暑い日
にはピッタリでした!
フルート首席の冨久田さんの音色がステキ。

楽しい気分になって、やや暑さの和らいだ中、ホールを後にしました。
次は9月、小曽根さんも登場のバーンスタインプログラムです!
スポンサーサイト

20180701 プラハ放送交響楽団@四日市


イオンに関わりの深い岡田文化財団の招待公演に当選したので、四日市市文化会館での演奏会へ行ってきました!
全席招待という太っ腹さ。
次にイオンに行った時は多めに買い物しないと。

今回のプラハ放送交響楽団は11年前に聴いていました。
場所はウィーンの楽友協会。旅行中にタイミング良くコンサートがあったので、ホールに入りたい一心でチケットを購入してました。
(この時も「新世界より」を聴いていたのですが全然覚えてない…)

↓ブログを書いていたのでご参考までに。こんなに前からブログ始めていたっけ…。
http://andante215.blog97.fc2.com/blog-entry-40.html


●メンバーと曲目
指揮:オンドレイ・ネナルト
演奏:プラハ放送交響楽団

ピアノ:佐々木宏子


スメタナ:連作交響詩「わが祖国」より「モルダウ」
ショパン:ピアノ協奏曲第2番
ドヴォルザーク:交響曲第9番「新世界より」


今日の会場は四日市市文化会館、いつも名古屋まで出かけている身としては近いと楽です。
近鉄四日市駅から歩けるのもGOODポイント。
すごく暑くて汗だくになっていましたが…。


さて、まずは「モルダウ」でウォーミングアップ。音楽の授業でみんなおなじみですね。
この曲は繊細な弦のサウンドが良かったです!このオケ独特の音かも。
主題のメロディーが伸びやかに広がる様とか、聴き飽きている旋律ながらもゾクッとしてしまいました。


サクッとショパンを挟んで、いよいよメインの「新世界より」へ。
超メジャー曲ながらも、良い演奏は良いですね~。

全体的に金管が大活躍!上手い!
第1楽章の底から這い上がってくるようなメロディーとか、第4楽章冒頭の高らかに吹き鳴らされるところとか、見せ場は全てキッチリとキメていました!
日本のプロオケの演奏で、ここまで金管がしっかりした演奏はなかなか無い気がします。
大抵ホルンの音が飛んだりするし。

あと、ステージ上手に横並びになったコントラバスから放たれる重厚な低音もたまりませんでした。
ベースは大事。

そして、ネナルトさんは腰を落としてジックリした指揮でオケを率いていました。暗譜だったし。
テンポは少しゆっくりめ。
1音1音大事にしていて好みのタイプの指揮でした。
常任指揮者という、オケとじっくり音を作れる立場だからこそできる演奏でしょう。


アンコールは、ウキウキする舞曲。
他の方のブログを見る限り、「ドヴォルザーク/スラヴ舞曲集op72-7」だったのかな?
ネナルトさんがノリノリで可愛かったです♪

36087974_1706812416106074_767118701374734336_n.jpg

36044146_1706812422772740_7016745782950756352_n.jpg

●今日の出演者
ボーカル:平賀マリカ
ピアノ:ハクエイ・キム

名古屋の八事日赤でのジャズライブへ行ってきました。
ジュエリー屋さんが会場という珍しいパターン。

お2人それぞれもう1度聴きたかった方ですが、相乗効果で期待以上の演奏に!
伴奏に留まらないメロディアスでキレイなハクエイキムさんのピアノ。
それに堂々と対峙しジンワリ聴かせて存在感があった平賀マリカさんのボーカル。
ドラムスや金管がいないこともあり、落ち着いてお酒を飲みながら聴くのがピッタリの雰囲気のライブでした

20180610 ジャコバン国際ピアノ音楽祭 (1) 20180610 ジャコバン国際ピアノ音楽祭 (10)

岐阜サラマンカホールのジャコバン国際ピアノ音楽祭in岐阜へ。
フォルテピアノ、ジャズ、絵画コラボと、三者三様のピアノ演奏を聴けて盛りだくさんでした!
これでたった3000円とは…。
アトリウムで開催されているアペリティフin岐阜で、幕間にはワインやフランス料理も堪能。
14時開演、20時半近く終演と長丁場でしたが、至福の1日でした。

20180610 ジャコバン国際ピアノ音楽祭 (5) 20180610 ジャコバン国際ピアノ音楽祭 (4)

<Ⅰ. 小川加恵 ~フォルテピアノで聴く名曲たち~>
●プログラム
※湿気のため曲目変更あり
F.ショパン:夜想曲第●番?
W.A.モーツァルト:幻想曲?
J.N.フンメル:モーツァルトの歌劇「フィガロの結婚」の主題による幻想曲 ハ長調 作品124
F.ショパン:夜想曲第2番
C.シューマン:夜の音楽会 へ長調 作品6-2 ノットゥルノ
R.シューマン:幻想曲 ハ長調 作品17 第1楽章
F.ショパン:幻想即興曲 嬰ハ短調 作品66

マチネ前半は小川加恵さんの「フォルテピアノで聴く名曲たち」
1835年頃のピアノなので現代のグランドピアノとは音色が異なり音量は小さめ。
特に低音はくぐもった感じ。
ロマン派当時の作曲家のイメージするピアノはこういう音なのか、と。
特に、R.シューマン「幻想曲」は好きな曲なので注目していましたが、心の揺れ動きの表現がこのフォルテピアノの音に合っているように感じました。
終演後は観客がぞろぞろとステージに上がって間近でフォルテピアノを鑑賞。美術品としても美しかったです。

20180610 ジャコバン国際ピアノ音楽祭 (2)

幕間アペリティフはデザートタイム。ワインも。


20180610 ジャコバン国際ピアノ音楽祭 (6)


<Ⅱ. レミ・パノシアン ~いま、フランスでもっともアツいジャズ・ピアニスト~>
Two Girls
Long time no sea
Monk's Dream
Angel exctract from Hana-bi(映画『花火』よりAngel)
Caravan
Why are you falling Down
Point it Black(Paint it Black?)
Merry Christmas Mr.Lawrence(映画『戦場のメリークリスマス』)
The Mirror
SHIKIORI
(アンコール:枯葉、など)

マチネ後半はレミ・パノシアンさんのジャズピアノ。
前半とのギャップが激しすぎるけど、ジャズも大好きなので大歓迎。
ヨーロッパのジャズマンらしく、土臭さが無い、クールでメロディックな演奏でした。
「Caravan」はスリリングで勢いのある演奏で大盛り上がり! かっこいい!
ジャズライブでピアノの弦を押さえながら弾くプリペアドな奏法を聴いたのは初めてでした。

20180610 ジャコバン国際ピアノ音楽祭 (11)

幕間アペリティフはアルザス・フェスタ。アルザスワインの飲み比べも。


20180610 ジャコバン国際ピアノ音楽祭 (7)


<福間洸太朗 ~絵画に魅せられて~>
徳山美奈子:「序の舞」(2018年委嘱作品)
   / 上村松園作 「序の舞」
ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ
   / ベラスケス作「ラス・メニーナス」
グラナドス:組曲「ゴイエスカス」より補遺『わら人形』
  / ゴヤ作「わら人形」
デッサウ:ゲルニカ(1937)
   / ピカソ作「ゲルニカ」
ドビュッシー:「水の精」( 前奏曲第2集より)
/ ラッカム作「 オンディーヌ」
ドビュッシー:「金色の魚」( 映像第2集より)
   / 南州作「金色の鯉」
ドビュッシー:「月の光」( ベルガマスク組曲より)
   / ボンヴァン作「民家のある月光の風景」(※絵は福間洸太朗の選)
ドビュッシー:「喜びの島」
   / ワトー作「シテール島への巡礼」
ムソルグスキー:組曲「展覧会の絵」
/ ハルトマン作 絵画&スケッチ
(アンコール/ショパン:24の前奏曲第15番「雨だれ」、シャンソンメドレー)

20180610 ジャコバン国際ピアノ音楽祭 (8) 20180610 ジャコバン国際ピアノ音楽祭 (9) 20180610 ジャコバン国際ピアノ音楽祭 (3)

ソワレは福間洸太朗さんの絵画と音楽のコラボ。
両方大好きな身としては興味津々なプログラム。
舞台上の大スクリーンに絵を映しながらの演奏でしたが、曲の演奏に合わせてズームしたり動いたり。
福間さんが編集し、当日は別の方がサポートで操作していたようです。
「亡き王女~」の冒頭のメロディーが流れる時は主役の王女、中間部は周囲の人々へフォーカスするなど、福間さんの解釈が前面に出ていたのが面白かったです。

演奏は、音の粒がとにかくキレイなピアニストでした!
ラヴェルやドビュッシーはイイですね。
特にドビュッシーの「月の光」の美しさはウットリして鳥肌ものでした。
これは追っかけのファンがいそう。
また、最後の「展覧会の絵」ではドラマティックな演奏も披露。
5月末は横浜でバーンスタインの「不安の時代」を聴かせていただきましたが、やはり室内楽でこそ映えるピアニストですね。
将来の活躍を期待です。

DfNZrfLX4AA-JYW.jpg

ホーネックさん&名古屋フィルのしらかわホールでの演奏会へ行ってきました。
このコンビは前聴いて良かったのでもう1度聴きたかったんです。
全開は、2012年の1月のシューベルトツィクルスでした。(そんなに前だったか…)

●メンバーと曲目
指揮&コンマス(後半):ライナー・ホーネック
演奏:名古屋フィル

ピアノ:菊池洋子
トランペット:宮本弦

コンマス(前半):郷古廉


ハイドン:交響曲第49番「受難」
ショスタコーヴィチ:ピアノ協奏曲第1番
モーツァルト:ディヴェルティメント第17番
(アンコール/モーツァルト:行進曲二長調K.445)


ウィーンフィルで長くコンマスを務めたホーネックさんだけに、全体的に弦の響きの美しさを堪能できたプログラムでした。

前半は、まずハイドンでウォーミングアップ。
そして、2曲目のショスタコーヴィチのピアノ協奏曲が面白かった!
「ホーネックさんと菊池さんなら普通はモーツァルトでしょ?なんでこの曲を?」
と思っていましたが、こういうキレイめな演奏も新鮮で面白い。
プログラムの解説にも「新古典主義的な響き」とありますし、コンパクトな弦楽配置はモーツァルトを思わせるし、と考えるとなかなかの趣向ですね。
もちろん、トランペットの宮本さんも大活躍。第4楽章の超高速パッセージの吹きこなしもお見事でした!

後半のディヴェルティメントは、名フィルの弦の豊かな響きによる優雅さを思う存分堪能。
40分以上の長丁場となる曲ですが、最後まで綻びなく弾ききっていたのがすごかったです。
コンマス席で弾きぶりしているホーネックさんの強い統率力だからでしょう。
何しろ客席から見ててもプレッシャーがすごそうで…。
楽団員の皆さんはお疲れ様でした。2日公演だったら体力が持たなさそう。

アンコールはモーツァルトの行進曲。
「ディヴェルティメント第17番が演奏される際に、入退場の音楽として、セットで演奏された曲」だそうです。
ホーネックさんが英語で短い解説をし、「屋敷へ出入りする様を想像して聴いてみてください」みたいなことをおっしゃっていました。


比較的メジャーでは無く、ややマニアックプログラムでしたが、良曲と確かな演奏で大いに満足した演奏会でした。
しらかわホールは8月から約1年工事だそうですが、このコンビを次に聴けるのはいつの日か…。

syllable

Author:syllable
出身:横浜
在住:三重→兵庫→三重(現在)
クラシックを中心にジャズやJ-POPなどを聴いています。
神奈川フィルを応援してます!

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。