2017 / 02
≪ 2017 / 01 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 - - - - 2017 / 03 ≫

20170225 名古屋フィル第443回定期「川瀬×グリーン・エコー」

●メンバーと曲目
指揮:川瀬賢太郎
演奏:名古屋フィル

フルート:上野星矢
メゾ・ソプラノ:福原寿美枝
合唱:グリーン・エコー

コンマス:田野倉雅秋


ショスタコーヴィチ:交響詩『十月革命』
ハチャトゥリアン:フルート協奏曲(ヴァイオリン協奏曲の編曲)
プロコフィエフ:カンタータ『アレクサンドル・ネフスキー』


カワケン兄さんの意欲的なプログラム。
なぜこの曲目で完売なんだ!? という、メジャーとは思えないソ連時代の曲が並びます。
私はすべて初聴。
おそらくフルート協奏曲が人気曲なのでしょう。

私が来た理由は、カワケンさんのこの選曲がとんがっていること。
そして、5年弱前に名古屋フィルで聴いたカワケンさん&上野さんの「ハーメルン」がエキサイティングだったので、このコンビをまた聴きたかったことなのです。


1曲目はショスタコの『十月革命』
冒頭こそ不安な雰囲気ですが、どんどん熱くなっていき、フィナーレへ突っ走る情熱的でソ連っぽい真っ赤っ赤な曲。
トランペットとフルートが高らかに吹き鳴らし、弦が吹き荒れ、ティンパニーが咆哮する。
1曲目から全力全開で、まだあと2曲あるけど体力大丈夫?と心配してしまうぐらいの勢いでした。


2曲目は、上野さん登場でフルート協奏曲。
第1楽章と第3楽章は超絶技巧の嵐!
冒頭からリズミックなパッセージで駆け出します。
フルートからとめどなく音がポンポン飛んできて、聴いているこちらが息が苦しくなってきました。
上野さん自身が思う存分吹いて、カワケンさんがオケを導くという息ピッタリのコンビネーション。
やはりこのコンビは面白い!

一転、第2楽章は、草原の中の宿営地で夜まどろんでいるようなムーディーで民族調なメロディー。ドラクエで出てきそう。
この楽章は、原曲のヴァイオリンよりも、息遣いが聴こえるフルートの方が合っている気がします。
その分ごまかしがきかないので、実は派手な第1,3楽章より難しいんじゃないかと思います。
上野さんは終始情感豊かに表現していて隙が無くさすがの演奏でした。

アンコールはアイルランドの「ロンドンデリーの歌」、ご本人の編曲だそうです。


3曲目は、いよいよ『アレクサンドル・ネフスキー』
予習ではこんなに大迫力な曲だとは思わなかった!
100人超の合唱団が力強い歌声でホールを震わせる迫力といったらもう!
一番盛り上がる「氷上の激戦」では、色んなメロディーが錯綜するも、全体は破綻せず、それぞれの楽器が何をやっているのかも聴こえてきて、カワケンさんのバランス感覚がすごい。
感情が高まってきた場面で、時折見せるジャンプは、師匠の広上さん直伝か?

映画音楽として作曲されただけに、戦闘開始⇒激戦⇒終結みたいな感じでめまぐるしく場面が変わり、どんな映像が付いていたのか想像しながら聴くのも楽しかったです。

そして、戦いの後は福原寿美枝さんは「死せる野」で切々として心をつかむ歌声で魅せてくれました。

ショスタコーヴィチ、ハチャトゥリアン、プロコフィエフと三者三様のソ連プログラムで、まだまだクラシック音楽は広いと感じたコンサートでした。
カワケンさんと上野さんのコンビはまた聴いてみたいです。
ソ連の映画音楽も追ってみたくなりました。

次の名フィル定期へのカワケンさん登場は6月。
メインはショスタコ12番で今から楽しみ。これも十月革命がテーマ。
今日もらった公演チラシはしっかり保管しておきます。
スポンサーサイト

20170204 大野雄二トリオ@jazz inn LOVELY (1) 20170204 大野雄二トリオ@jazz inn LOVELY (2)

●メンバー
ピアノ:大野雄二
ベース:上村信
ドラムス:市原康

栄のJAZZ inn LOVELYで大野雄二さんのピアノトリオを聴いてきました!
これまで名古屋でジャズライブを聴いたことが無かったので、ようやく念願がかないました!

大野雄二さんは、私が初めて生でジャズを聴いた方ですが、最後にライブへ行ってからかなり間が空いていました。

初めて聴いたのは2002年。もう15年前のことです。
東京駅近くの丸ビルがオープンした頃にフリーライブをやってて、そこで聴いたのが初めて。
ここでジャズも面白そうだと思って、後に大学生になってからあちこちのジャズライブへ聴きに行くことになるわけです。

2回目は2007年2月にNHKの「セッション2007」というラジオ番組の公開録音で大野雄二&Lupintic Five。
トランペットやサックスも入ってのゴージャズサウンドでしたが、このブログを書き始める直前なので記事が無い…。
もっと最近かとおもってましたが、もう10年も前でした。


img769e114czikdzj.jpeg

imgca0b9624zik3zj.jpeg

imge0ba1422zik2zj.jpeg


jazz inn LOVELYの扉をくぐって席へ着くと、どんどん人が入ってきて店内が人でぎっしりに!
前売で整理番号をもらっていたからテーブル席に座れましたが、当日だと椅子だけや立ち見の人もいたようです。
ライブは2日間やるというのに、この混雑ぶりに大野雄二さんの人気のほどがうかがえます。
店内をどう写しても人の顔が写ってしまったので、ネット上の人がいない写真をお借りしてイメージを。
(http://plaza.rakuten.co.jp/ayashiratori/diary/201107210000/より。)


演奏は言うまでもなく大満足!
ベテランピアノトリオの熟練の息遣いとテクニックを堪能できました。

大野さんは御歳75才なのに若くて熱いピアノ!
バラードなどの落ち着いた曲でアダルトな雰囲気を醸し出す一方、派手な曲ではひじ打ちまで飛び出すほどの熱い熱い演奏!
作曲、編曲もされてるだけあって引き出しが多いでした。
そして、この音楽の方向性にピッタリ合わせるサポートのお2人。
ベースの上村さん、ドラムスの市原さんのベテランの業を魅せていただきました。


ラストは大野雄二さんの代表曲ルパン三世。
金管が鳴り響くイメージの曲ですが、今回はピアノトリオなので落ち着いてアダルトなアレンジでした。
アンコール「Memory of smile」、大野さんの有名な名曲らしいです。

大満足のライブでした!
店の雰囲気も良かったし、また聴きに行きたいものです。
他にも気になるライブハウスがあるし、今後も名古屋のジャズを調査していかねば!

161231beethoven_sq_s.jpg

今年の聴き納めは上野の東京文化会館で。
14時から21時半までベートーヴェンの弦楽四重奏曲を9曲聴きまくるという物好きのためのコンサートです(^^)

●メンバーと曲目
第1部:古典四重奏団
<川原千真(Vn) 花崎淳生(Vn) 三輪真樹(Va) 田崎瑞博(Vc)>
弦楽四重奏曲第7番 ヘ長調 op.59-1「ラズモフスキーNo.1」
弦楽四重奏曲第8番 ホ短調 op.59-2「ラズモフスキーNo.2」
弦楽四重奏曲第9番 ハ長調 op.59-3「ラズモフスキーNo.3」

第2部:ストリング・クヮルテットARCO
<伊藤亮太郎(Vn) 双紙正哉(Vn) 柳瀬省太(Va) 古川展生(Vc)>
弦楽四重奏曲第12番 変ホ長調 op.127
弦楽四重奏曲第13番 変ロ長調 op.130
弦楽四重奏曲 変ロ長調 op.133「大フーガ」

第3部:クァルテット・エクセルシオ
<西野ゆか(Vn) 山田百子(Vn) 吉田有紀子(Va) 大友 肇(Vc)>
弦楽四重奏曲第14番 嬰ハ短調 op.131
弦楽四重奏曲第15番 イ短調 op.132
弦楽四重奏曲第16番 ヘ長調 op.135

まずは古典四重奏団でラズモフスキー3部作。
暗譜で研ぎ澄まされた鬼気迫る緊張感が相変わらずすごい。
その分、聴いている側も疲れるのですが…。
今日の気分では2番の第1楽章が好みでした。
20世紀の曲を聴いてみたいカルテットです。
特にライヒのdifferent trains!

続いてはストリング・クヮルテットARCOで12番、13番、大フーガ。
息をつかせぬ期待以上の大フーガでした!
高い技術力だけでなく温かみもあるカルテット。
第1ヴァイオリンが出しゃばらずに、4人とも対等に演奏している感じが好印象でした。
1人1人の音がよく聴こえたし。
何と言っても屋台骨を支えるヴィオラの柳瀬さんがGood!
弦楽四重奏はヴィオラが要です!

ラストはクァルテット・エクセルシオで14番、15番、16番。
驚きは無いものの手堅く期待通りの弦楽四重奏らしい演奏でした。
大大大好きな15番はやっぱり何度聴いても良い曲♪

終演したのは21:50!本当に長い演奏会でした。
思い残すことが無いぐらいベートーヴェンの音に溺れた1日でした。

(2016年6月11日更新)
自己紹介も兼ねて、各ジャンルで特に印象に残っている公演のリストをまとめました。
随時更新予定。

<ジャズ>
34492.jpg 20121006 No Name Horses (1) 20130616 チックコリア&スタンリークラーク

・08.02.27 Z’s[井上陽介(ベース)、大坂昌彦(ドラムス)、多田誠司(サックス)、納谷嘉彦(ピアノ)]
http://andante215.blog97.fc2.com/blog-entry-62.html
⇒1人1人でも豪華なのに4人がそろい踏み!

・12.10.06 小曽根真No Name Horses
http://andante215.blog97.fc2.com/blog-entry-249.html
⇒日本トップクラスの奏者が勢揃い!

・13.06.16 チック・コリア&スタンリー・クラーク デュオ
http://andante215.blog97.fc2.com/blog-entry-264.html
⇒チック・コリアの演奏を聴きたかったのです。

<クラシック(オーケストラ)>
シュナイトs神奈川フィル 20110312神奈川フィル第270回定期 20140125 神奈川フィル第295回定期 20140211 フライブルク・バロック・オーケストラ 20150124 大阪フィル、ブルックナー8番 20151108 ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団兵庫公演

・09.03.07 神奈川フィル特別演奏会「珠玉の名旋律」
http://andante215.blog97.fc2.com/blog-entry-99.html
⇒シュナイトさん音楽監督退任直前のブラームス1番。

・11.03.12 神奈川フィル第312回定期「マーラーの悲劇的」
http://andante215.blog97.fc2.com/blog-entry-190.html
⇒あの地震の翌日

・14.01.25 神奈川フィル第295回定期「ゲッツェル氏 首席客演指揮者 就任披露」
http://andante215.blog97.fc2.com/blog-entry-274.html
⇒ブラームスの二重協奏曲、「バラの騎士」、アンコールは「狂乱のポルカ」という豪華プログラム!!

・14.02.11 フライブルク・バロックオケ「ブランデンブルク協奏曲全曲」
http://andante215.blog97.fc2.com/blog-entry-275.html
⇒バッハの楽しさを堪能。

・15.01.24 大阪フィル「大ブルックナー展、第8番」
http://andante215.blog97.fc2.com/blog-entry-287.html
⇒井上道義さんのブルックナーシリーズ第1弾。

・15.11.08 ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団 兵庫公演
http://andante215.blog97.fc2.com/blog-entry-300.html
⇒ビロードの弦!

<クラシック(オペラや室内楽)>
ph_alban_1.jpg 黄昏パンフ 20120422レ・ヴァン・フランセ 20120722山本裕康チェロリサイタル 

・08.05.24 アルバン・ベルク弦楽四重奏団
http://andante215.blog97.fc2.com/blog-entry-75.html
⇒初めての弦楽四重奏の演奏会。クラシックで小編成も面白いと気づかされました。

・10.03.30 新国立劇場オペラ ワーグナー「神々の黄昏」
http://andante215.blog97.fc2.com/blog-entry-149.html
⇒就活でことごとく落ちていた時期に気分転換に聴きに行った公演。スケールの大きさに打ちのめされて吹っ切れたおかげで、次
に受けた会社の面接では上手くいき、トントン拍子にそこに入社してしまいました。聴きに行ってなかったら人生が変わっていたかも。

・12.04.22 レ・ヴァン・フランセ
http://andante215.blog97.fc2.com/blog-entry-234.html
⇒演奏の次元が違いすぎる。

・12.07.21 山本裕康チェロリサイタル(アルバム「情景」発売記念)@名古屋 宗次ホール
http://andante215.blog97.fc2.com/blog-entry-244.html
⇒追いかけ続けたいチェロ奏者です。

<その他のジャンル>
6-1.jpg 20130921 イーハトーヴ交響曲 (1) 20151017サカナクション

・07.02.11 都響・調布シリーズ~すぎやまこういちがやってきた!~
http://andante215.blog97.fc2.com/blog-entry-2.html
⇒このコンサートの感想を文章に残したいと思ったところからこのブログが始まりました。

・13.09.21 冨田勲×初音ミク 無限大の旅路~イーハトーヴ交響曲~
http://andante215.blog97.fc2.com/blog-entry-270.html
⇒宮沢賢治の世界を体現する大曲。世界最高齢のボカロPとしても話題に。

・15.10.17 サカナクション SAKANAQUARIUM大阪公演
http://andante215.blog97.fc2.com/blog-entry-297.html
⇒体が自然と動き出す楽曲、レーザー乱舞や太鼓集団などこだわりすぎの演出で大いに楽しんできました。

(2016年9月24日更新)
私の興味範囲の自己紹介として、これまでに読んだ音楽本のリストをまとめてみました。
気が向けば書評も書いていきます。

<漫画>
のだめ 4月

★★★★★
二ノ宮知子『のだめカンタービレ』:個性的なキャラのギャグシーンと、演奏シーンの真剣さがそれぞれ魅力です!
★★★★
新川直司『4月は君の嘘』:青春、恋、感動、切なさがそろい踏みの完成度の高さ!何度も読み返したくなります。
★★★
中田永一『くちびるに歌を』
さそうあきら『マエストロ』
手塚治虫『ルードヴィヒ』
★★
一色まこと『ピアノの森』
石塚真一『BLUE GIANT』

<小説・随筆>
ドビュッシー アーモンド よろこびの歌 指揮のおけいこ

★★★★
中山七里『さよならドビュッシー』
森絵都『アーモンド入りチョコレートのワルツ』
宮下奈都『よろこびの歌』
岩城宏之『指揮のおけいこ』&『音の影』

シューマンの指

★★★
矢口史靖『スウィング・ガールズ』
『日本の名随筆 別巻13「名曲」』
小池昌代『弦と響』
小澤征爾『ボクの音楽武者修行』
青柳いずみこ『ボクたちクラシックつながり』
中沢けい『うさぎとトランペット』

[new!]奥泉光『シューマンの指』
レクチャー付読書会の課題本。ミステリーというより解説本。シューマンに関する知識が深まりました。


<雑誌>
すぎやまこういち ミク


★★★★★
WiLL 増刊 『すぎやまこういち ワンダーランド』(2011年 12月号)
美術手帖 『初音ミク』(2013年 06月号)
★★★★
ユリイカ『総特集=初音ミク ネットに舞い降りた天使』(2008年12月臨時増刊号)
★★★
AERA『音楽が分かる』

<新書、ハードカバーなど>
音楽宇宙論 聴き方 音楽史サウンドエシックス 音楽社会学序説 オペラの運命 ハーバード大学


★★★★★
岡田暁生『音楽の聴き方』:読書会に取り上げたら面白そう。「自由に音楽を聴くことなど、誰にも出来ない。ただし、自分自身の聴き方の偏差について幾分自覚的になることによって、もっと楽しく音楽とつきあうことが出来るのではないか。」
茂木一衛『宇宙を聴く』&『音楽宇宙論への招待』:科学理論と音楽の同時代性という他に無い切り口。
岡田暁生『西洋音楽史-「クラシック」の黄昏』:私のバイブルです。ロマン派も戦前も同程度のページ数に治めているので全体を俯瞰しやすい。

[new!]小沼純一『サウンド・エシックス』:

[new!]アドルノ『音楽社会学序説』:古典的名著。クラシック、軽音楽だけでなく階級、世論などかなり幅広く網羅。社会の中の音楽について興味がある身としてはこれぞ!という本でした。ただ、知識が無いと難しい箇所が多数…。

[new!]岡田暁生『オペラの運命』

[new!]菅野恵里子『ハーバード大学は「音楽」で人を育てる』


★★★★
すぎやまこういち『やさしい作曲入門』
菊池成孔&大谷能生『東京大学のアルバート・アイラー』
茂木一衛『モーツァルトのおもちゃ箱』
亀山郁夫『チャイコフスキーがなぜか好き』
茂木大輔『オーケストラ楽器別人間学』
渡辺裕『聴衆の誕生』
津田大介&牧村憲一『未来型サバイバル音楽論』
最相葉月『絶対音感』
ハンスリック『音楽美論』
小方厚『音律と音階の科学』
鈴木淳史『クラシック悪魔の辞典』
★★★
吉田秀和『主題と変奏』
後藤雅洋『ジャズ完全入門!』
内藤遊人『はじめてのジャズ』
鳥賀陽弘道『Jポップとは何か』
鳥賀陽弘道『Jポップの心象風景』
小倉朗『現代音楽を語る』
青島広志『作曲家の発想術』
金聖響&玉置正之『ベートーヴェンの交響曲』
オリヴァー・サックス『音楽嗜好症』
井手口彰典『同人音楽とその周辺』
岡田暁生『「クラシック音楽」はいつ終わったのか?―音楽史における第一次世界大戦の前後』
東儀秀樹『雅楽』
宮下誠『20世紀音楽』
茂木大輔『拍手のルール』
増田聡&谷口文和『音楽未来形―デジタル時代の音楽文化のゆくえ』
三浦裕子『能・狂言の音楽入門』
バレンボイム&サイード『音楽と社会』
根岸一郎『音楽学を学ぶ人のために』
三井徹『ポピュラー音楽とアカデミズム』
茂木一衛『癒しを越えるクラシック』
ロマン・ロラン『ベートーヴェンの生涯』
許光俊『オペラに連れてって!』

Author:syllable
出身:横浜
在住:三重→兵庫→三重(現在)
クラシックを中心にジャズやJ-POPなどを聴いています。
神奈川フィルを応援してます!

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -