FC2ブログ
2021 / 05
≪ 2021 / 04 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2021 / 06 ≫

20210124 東京フィル&バッティストーニ~『火の鳥』~

バッティストーニをお目当てに行ってきました。
大変な中をよくぞイタリアから来てくれました!
年始早々に日本入りして待機していたそう。

注目の若手指揮者の1人としてTVでも見かける人で気になっていた人です。
「題名のない音楽会」に登場したり、東急ジルヴェスターコンサートに登場したり。
ちなみに、指揮者本読書会の6月の回でも取り上げられますね。ここ大事!
あと個人的に同い年の指揮者は珍しいので、チェックしたかったというのもあります。まあ、そうは見えない貫禄と活躍っぷりですが。

会場は渋谷のオーチャードホール。
アクセスが良いのはありがたいけど今のご時世なので人混みを避けつつ足早に駅から直行。

●メンバーと曲目
指揮:アンドレア・バッティストーニ
演奏:東京フィルハーモニー交響楽団 
コンマス:近藤薫 ←松葉杖だったけど大丈夫?

ラヴェル:『ダフニスとクロエ』第1組曲・第2組曲
ストラヴィンスキー:バレエ組曲『火の鳥』(1919年版)

こういうプログラムなので公演時間は休憩無しで1時間だけ…。物足りん。
これで、下から2番目のランクの席でも7000円とは強気。さすが東京のオケは違いますねー。

当日券の販売は無しでしたが席の埋まりはポツポツ。まあ仕方がない。
舞台に楽器多い。ピアノやチェレスタ、オルガンも。
ウインドマシーンという風の音を出す珍しい楽器もありました。『ダフニスとクロエ』以外では『ドンキホーテ』の風車の場面で登場するのが有名です。

-------------------------------------------
※バッティストーニ氏の演奏会についてのコメント
シーズンは1月に“バレエ・リュスの宵”でスタートします。私の好きな二つのバレエ作品『ダフニスとクロエ』と『火の鳥』に焦点を当てます。どちらも再生、新しい夜明け、新しい太陽が生命を吹き込み、祝福をもたらす音楽です。
ラヴェルのスコアに描かれた“夜明け”のシーンは、これまで作曲された最も美しい音楽的な日の出の一つですが、それによって啓示された太古の世界を描きます。
ストラヴィンスキーの英雄と怪物のおとぎ話は、善と悪の永遠の戦いを描いて、最後のクライマックスでは悪が破壊され、自由と希望に満ちた新たな世界が始まるのです。
-------------------------------------------

本命の『火の鳥』
バッティストーニの手にかかると、本当はバレエ組曲なのにオペラ組曲(管弦楽版)みたいな演奏になっちゃってました。
全身を使って弦楽器が管楽器がとにかく歌う歌う。特にソロ。
甘美なフレーズを歌い上げるところなんか、
息継ぎをしているような弦楽合奏のフレージング。
ソロを浮き立たせるための音のバランスはすごく気を遣っているように感じました。伴奏はメリハリ付けてすごく音を落とすし、効果を引き立てるためにテンポ揺らすし。
この演奏に合わせてバレエを踊るのは無理ですね。
印象的だった部分は「子守唄」。
思わず「遅っ!」と脳内ツッコミをするぐらいのスローテンポで音を溜めてくるので、オーボエとファゴットの首席ソロがすごく大変そうでした。

1局目の『ダフニスとクロエ』、特に「夜明け」はすごくメロディック。
打楽器奏者が最後列に8人横並び!というのは壮観。フィナーレでの熱狂的な盛り上がりに大きく貢献していました。

しっかりドラマを聴かせてもらった演奏会でした。
平時なら終演後にブラボーが飛ぶでしょう。
個人的には面白い演奏だと思いましたが、好みは分かれそうです。

この人の指揮のイタリアオペラは面白そうですね。6月末に名古屋にてヴェルディ『仮面舞踏会』の公演で登場しますが、チケットは高いし、そもそもその頃に情勢がどうなっているか。
逆にドイツ物を振ったらどうなることやら。曲によってはこれは違うと拒否感が出そうですが、まずはベートーヴェンの交響曲第7番辺りから料理してもらったらどんな感じになるんでしょうかね。
スポンサーサイト



21557764_1420017664785552_1805633374284590072_n.jpg

●メンバーと曲目
ヴァイオリン:前橋汀子

指揮:ヴァハン・マルディロシアン
演奏:東京フィル

ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲
エルガー:愛の挨拶
ショーソン:詩曲
マスネ:タイスの瞑想曲
サン=サーンス:序奏とロンド・カプリチオーソ


いつもと違う方向性で、サントリーホールの前橋汀子さんヴァイオリンリサイタルへ。
ショーソンの詩曲での熟練の深みの音が良かった。
客席はファンのご婦人方がたくさんで大ホールが満席!
10ヶ月後のチケット申込みに列ができてたし。
クラシックでもこういう世界があるのだなと。

20110116東京フィル「新世紀への序章」

今年で東京フィルが100周年!
1世紀も続くとはすごいことです。その1番手を飾る記念すべき演奏会。

「東京フィル100年寿ぐ」というテーマで大野和士さんが企画し、委嘱作品やプロコフィエフなど近現代の意欲的な曲目を並べました。
しかし、その大野さんが突然の降板となり、急遽渡邊一正さんが代振りすることに。
その告知が出たのが11日なので、演奏会初日の13日まではほとんど時間がない!
これだけ厳しい状況で、しかも大野さん降板で絶対に叩かれる展開になると分かってるのに、渡邊さんも良く引き受けたと思います。
エライ!それだけは言っておきましょう。

さて、全国的に雪が降っていた日曜日。なんでセンター試験の時ってこうなるんでしょう?
東京は雪こそ降らなかったものの最高気温6℃だったそうで、朝寒くて起きてしまいました。
こんな日にコンサートはピッタリだと思います。


●メンバーと曲目
指揮:渡邊一正
演奏:東京フィル

ヴァイオリン:竹澤恭子

コンマス:荒井英治


望月京/むすび
バーンスタイン/セレナード
プロコフィエフ/交響曲第5番op.100


席は3階の最前列でした。

1曲目は望月京さんの“東京フィル100周年記念委嘱作品”
雅楽の響きを基に様々な音楽が提示され結ばれていく、というような作品らしい。
双調の調子(音階で表すとソ・ラ・シ・ド・レ・ミ・ファ・ソ)という、長調でも短調でもない音階がベースになってるせいか、無調音楽っぽい。
最初は空虚5度っぽい2音がずっと響いてたし。どこへ行くか分からず音がフワフワ漂い、ずっと落ち着かない。
その中に、ピッコロが篳篥みたいな吹き方をしたり、お囃子の旋律が出たりと、西洋の音で日本のメロディーを異化し続ける。
そんなところに、西洋の音楽を極東の日本で演奏し続けてきた東京フィルの紆余曲折の100年間を表現したというところでしょうか?
現代音楽にしてはやりたいことが分かりやすい作品ではないかと思います。
もっともイビキも聴こえてましたけど。

2曲目はヴァイオリンの竹澤恭子さんを迎えてバーンスタイン。管楽器がいない珍しい形式のヴァイオリン協奏曲。
竹澤さんは以前神奈川フィルの定期演奏会で聴いて好印象だったお方。
今回も堂々かつソフトな演奏を聴かせていただきました。
管楽器がいないせいか良く調和していたように思います。


そしてメインのプロコフィエフ。
無難に無難に平板に安全運転という演奏でした。
ソ連の音楽なんだから色々ヒネリを入れたら面白そうなんですが、まあ仕方がないでしょう。

さて、何といってもオケの皆さんがとにかく奮闘。
記念の演奏会ということでオケがフルメンバーだったのでしょう。
難しいソロパートがたくさんあったのに、皆さん見事に演奏していました。
私の記憶に残るほどのミスがほとんどなかったのはかなり凄いのではないかと。
最後にチェロの皆さんへ拍手が贈られましたが、他の木管・金管の首席それぞれにも拍手をしたかったです。

ちなみにブラボーはなかったです。この平板な演奏ではさすがにねぇ…。

20101121東京フィルブルックナー

●メンバーと曲目
指揮:チョン・ミョンフン
演奏:東京フィル

コンマス:荒井英治


ブルックナー/交響曲第8番(ノヴァーク版)


どうもピンとこない演奏でした。オケも演奏自体も印象が薄い。これが無難な演奏なんでしょうかね?
1階後方の席だったんですが、けっこう席に空きがあったのは事実。うーん…。


曲自体は確かにすごい曲で、“後期ロマン派の代表作”と言われるのも納得。
「宇宙を表現」という形容が出てくるほどスケールが桁違い!
ベートーヴェンの第九から大きな影響を受けているらしいです。スケルツォが緩除楽章より前とか、主題のリズムが同じとか。
表現しようとしたスケールの大きさも共通点の1つでしょう。

第1楽章の死を受け入れたかのような消え入るような終わり方。
第3楽章の全てを包み込む崇高なコラール。
そして、全部の主題が終結して盛り上がり、♪ミ・レ・ドで締めくくるフィナーレ。
などなど、聴きどころが多いですね。


ブルックナーの曲をあまり好きではないからこそ、見方を変えてくれる演奏に出会いたいと思ってるのですが、まだまだのようです。
来週末には、スダーン先生&東京交響楽団でもブル8をやるとのこと。
当日券が出れば聴き比べるのもありかと思ってます。

当日学生券が出てたからふらっと渋谷に行ってきました。
曲目のせいか、指揮がチョン・ミョンフンなのに難なく券をゲット。


●メンバーと曲目
指揮:チョン・ミョンフン
演奏:東京フィルハーモニー
ピアノ:河村尚子

モーツァルト/ピアノ協奏曲第23番
ブルックナー/交響曲第6番

会場:オーチャードホール


前から2列目だとオケとの距離が近い! 近すぎて音が頭の上を通過していく…。
9000円の席が1000円になったんだから文句は言いませんが(^^)
客層に外人が妙に多かった。


ピアノ協奏曲、モーツァルトらしく聴きやすい軽やかな曲でした。
もっとも、モーツァルトのピアノ協奏曲は同じような印象しか受けないんですけどね。
主題の繰り返しとか分かりやすいですね。

河村尚子さんは、強弱をかなりつけるタイプ。
丸い粒のような音を出すかと思えば、力強い音を出すところも。

アンコールもモーツァルト。「ピアノソナタK.485」と「トルコ行進曲」と2曲やってくれました。


2曲目はブルックナー。今まで聴いたことがございません。
とにかく派手でドラマチックでうるさかったという印象。
特に金管。後方の席にいたら、さぞかし音が刺さった事でしょう。
第2楽章はキレイなメロディーで雄大な曲想でやや異質でしたが、長すぎ。眠くなってきた。

19世紀の作曲家は派手好みなんでしょうか。
解説に書いてあったように、「ワーグナー派」のレッテルを貼られるのも納得。
私の趣味では、積極的に聴きにいく作曲家ではないですね。


あえて、少し違う傾向の演奏会に行ってみましたがこんなものでしょう。
しかし、オケと指揮者の印象が薄い…。チョン・ミョンフンさんが予想外に動かなかったし。
そういうコンビなのか?

syllable

Author:syllable
出身:横浜
在住:三重→兵庫→三重(現在)
クラシックを中心にジャズやJ-POPなどを聴いています。
神奈川フィルを応援してます!

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -