2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20131124京都市交響楽団「和洋」

「和&洋」という京都らしくて意欲的なテーマ。
ソリストは東儀秀樹さんと藤原道山さん!豪華!
これで楽しめないはずがない!
お二人ともそれぞれの和楽器の魅力を存分に発揮して、観客を魅了していました。
ちなみに、東儀さんのトークのノリノリっぷりも期待通りでした(^^)



さて、京都は紅葉の見頃。
せっかくなので、観に行ってきました。
ものすごい人の数でしたけど…。

良かったのがココ。真如堂の真っ赤な紅葉!
真如堂



●メンバーと曲目
指揮:川瀬 賢太郎
演奏:京都市交響楽団

笙&篳篥:東儀 秀樹
尺八:藤原 道山

ナビゲーター:ロザン

コンマス:泉原 隆志


中山晋平(宮川彬良編曲) :砂山
宮城道雄(日下部進治編曲):春の海(尺八)
東儀秀樹(日下部進治編曲):越天楽幻想曲(笙&篳篥)
モーツァルト       :フルート協奏曲第1番より第1楽章 (尺八)
一ノ瀬響(日下部進治編曲):琥珀の道(尺八)

東儀秀樹(山下康介編曲) :蒼き海の道(篳篥)
プッチーニ(栗田信生編曲):歌劇「トゥーランドット」から「誰も寝てはならぬ」(篳篥)
外山雄三         :バレエ組曲「幽玄」から、「天人の踊り」

[※アンコール:(一青窈)ハナミズキ(尺八&篳篥)]


この公演は“一応”こども向けらしいので、プログラムに振り仮名がふってありました。
ただ、演奏中の客席を見ていると、子供は笙や尺八の心地よい音色で眠りに落ちてて、母親が熱心に聴いているという光景がアチラコチラで…。
まあ、そんなものでしょう。


さて、最初と最後の曲はオーケストラのみの曲。
「砂山」は波の音と太鼓のリズムが、「天人の踊り」は幻想と打楽器のリズムがそれぞれ“和”を感じさせる曲でした。
和楽器や特別な奏法を使わなくても、“和”を醸し出すことができることを実感できました。
川瀬さんのトークでは、ヨナ抜き音階まで解説してましたが、コンマスに音を出してもらえればもっと分かりやすかったような気が…。


まずは道山さんから。主に前半が尺八でした。
最初は紋付・袴で登場し、尺八でおそらく一番有名な「春の海」を。(正月になるとスーパーやらそこやらで流れてる曲)

その後、一転して洋装となり、まさかのモーツァルト!
元々ごまかしが効かない曲であるのに加え、尺八で出しにくい音や、慣れない速いパッセージという壁があるにも関わらず、ちゃんと協奏曲になっていたのがすごい!
吹いている時に、首を縦に振ることで微妙な音程を合わせているそうです。
これまで、やたら大げさな動作だなと思っていたので、1つ誤解が解けました。

3曲目のオリジナル曲では肩の荷が下り、ノビノビと気持ち良く吹いていたのが印象的でした。


そして、東儀さん。後半はほぼ独壇場。
篳篥や笙を一般に広めてきた第一人者だけあって、オケとの立ち振る舞いも余裕が感じられました。
今回の演奏会で、どこまでも広がりゆく篳篥の音を引き出すテクニックはもちろんのこと、その音色を最大限に活かすための作曲や編曲も堪能することができました。
「誰も寝てはならぬ」は大きく盛り上がっていました。

そして、予想はできていましたが、まあ話すこと話すこと(^^)
ロザンのお二人をもってしても、コントロールは大変そうで。
ビートルズにハマってた話も登場して、テーマが「和&洋」だし、これでエレキギターを弾き始めたら面白かったんですが、さすがにそれは無かったですね。
以前、ご本人のコンサートでは弾いてましたけど(^^)


最後のアンコールはJ-POPを選曲、一青窈のハナミズキでした。


気持ち良い演奏会でした。もっと京都が近ければ…。

スポンサーサイト

●メンバーと曲目
指揮:広上 淳一
演奏:京都市交響楽団

コンマス:渡邊 穣

ソプラノ:石橋 栄実
メゾソプラノ:清水 華澄
テノール:高橋 淳
バスバリトン:久保 和範

合唱:京響コーラス


ドヴォルザーク:スターバト・マーテル

syllable

Author:syllable
出身:横浜
在住:三重→兵庫→三重(現在)
クラシックを中心にジャズやJ-POPなどを聴いています。
神奈川フィルを応援してます!

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。