2017 / 11
≪ 2017 / 10 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - 2017 / 12 ≫

20120729NHK交響楽団at四日市


“天下のN響”が四日市で公演!
イメージに違わずクールで理知的なドヴォ8でした。


さて、N響と言えば、日曜夜の「N響アワー」
3月に(なぜか)終了してしまいましたが、32年間も続いただけあって、N響の名前を広めることには多大な貢献をしたことは間違いないでしょう。
最近は、あのパーヴォ・ヤルヴィの首席指揮者就任で話題になってましたね。
ただし2015年からとかなり先の話ですが。

今回の演奏会は、四日市文化会館30周年事業の1つだそうです。
N響を皮切りに色々な企画が組まれています。
個人的には10月の四日市JAZZフェスティバルが楽しみ♪

しかし、98,99,2000年には四日市でN響の演奏会があったそうですが、なぜ最近来ていなかったのでしょう?


●メンバーと曲目
指揮:パブロ・ゴンザレス
演奏:NHK交響楽団

ヴァイオリン:バイバ・スクリデ

コンマス:堀正文


ブラームス:ヴァイオリン協奏曲
ドヴォルザーク:交響曲第8番



座席は上までビッシリ!さすが“天下のN響”です。


前半はブラームスのVn協奏曲。
スクリデさんのヴァイオリンは優美で、細かい部分もキレイ。
緩徐楽章はお手の物。
ソリストの音が小さめで、私がこの曲に持つ“ヴァイオリンvsオケ”のイメージとは少し違う演奏でしたが、これはこれでありでしょう。

Vn協奏曲なら、一般的にはチャイコフスキーの方が合いそうな人だと思いました。
もっとも、ご本人はブラームスの協奏曲が大好きだそうで、最近出したCDのライナーノートでは、
「…ブラームスの緩徐楽章すべては、ブラームスのいちばんすてきな瞬間だとおもいません? ああ、これほど美しいものは何もありません!」
とコメントしているそうです。

アンコールはバッハの無伴奏第2番。こういう曲が得意そう。


後半はドヴォルザークの8番。
なぜか、超有名な「新世界」よりもたくさん生演奏を聴いてます。
一番印象に残ってるのは読響。強靭な弦による力強く威勢のよい演奏でした。

今回のN響はというと、それとは真逆。
クールで、理知的で、余裕を持った、演奏でした。
好き嫌いは別として、こういう演奏ならN響は最も適任なオケでしょう。
弦が統率されてるし、管楽器のテクはあるし、色んな指揮者と共演してるし。

指揮のゴンザレス氏は暗譜。
ドッシリと構えて、1音1音丁寧に出す方針のようでした。
特に、第4楽章のファンファーレの後の弦のメロディーは止まりそうなぐらい遅かったです。
この曲で、じわじわ聴かせて、カタルシスとはほぼ無縁な演奏というのはかなり新鮮。

予想外にアンコールがあり、モーツァルト「フィガロの結婚」序曲を演奏してくれました。


何だかんだで、自分の住んでいる地域に在京オケが来てくれると嬉しい、と実感した演奏会でした。
スポンサーサイト

日曜日は個人的にチェックしている音楽番組が多い曜日です。

9時~「題名のない音楽会」(テレビ朝日)
20時~「名曲探偵アマデウス」(NHK-BS)
21時~「N響アワー」(NHK)
22時~「セッション2009」(NHK-FM)

この内、題名とセッションは何度も公開収録に行っているんですが、N響アワーは初めて。
というか、N響アワーが始まってから30年来もの間、公開収録は1度もなかったとのこと。意外。
今回は30年目を記念しての初めての試みだそうです。

天下のN響様だし、まず当選しないだろうとハガキを出したら、予想外に当選。
応募倍率は3倍と思ったほどではありませんでした。
もっとも、NHKホールがビッシリで、かなりの人数がいましたが。

座席は1F席17列目のど真ん中という望外の素晴らしい場所でした。


●メンバーと曲目
演奏:NHK交響楽団
指揮:秋山和慶

司会:西村朗、岩槻里子アナウンサー
ゲスト:池辺晋一郎


芥川也寸志/「赤穂浪士」
湯浅譲二/「元禄忠臣蔵」
林光/「花神」
一柳慧/「翔ぶが如く」
池辺晋一郎/「独眼竜政宗」(※オンド・マルトノ:原田節)
渡邊俊幸/「利家とまつ」
吉俣良/「篤姫」
大島ミチル/「天地人」

シューマン/交響曲第3番「ライン」
ヨハン・シュトラウス/「美しく青きドナウ」


前半は“大河特集”
NHK交響楽団の特徴を最大限に活かしており面白い趣向でした。
時代ごとに日本を代表する作曲家が名を連ねているので、比較も面白い。
打楽器が珍しいものも色々使われていて(鞭の音とか)、奏者の人はあっちこっち動いてたのが印象的。
ただ、懐かしの名曲と言われても、大学生には知らない曲ばかりなんですが…。


個人的にはオンド・マルトノを生で聴けたのが良かったです。
メシアンでも聴かない限り登場しない超マニアック電子楽器ですが、まさか大河ドラマにつかわれているとは思いませんでした。
池辺晋一郎さんがが登場してベラベラと(もちろんダジャレを交え)「独眼竜政宗」を作った経緯を語ってくれました。
それによると、ドラマのOP映像ができる前に作曲する必要ができ、好き勝手できたとのこと。
そして、伊達政宗のイメージを表すためにどうしてもオンド・マルトノの音を使いたかったとのことです。

オケの音を3次元の広がりとするなら、オンド・マルトノ独特の「ピュ~!」という音が4次元目の軸を作り、不思議な広がりを持った曲となっていました。


後半は一転してクラシック。
番組の冒頭テーマとなっているシューマンの「ライン」を全曲通しで演奏。
さすが日本トップ奏者を集めたオケであり、難しいところもキッチリ真面目に演奏しており、さすがN響。その分印象に残りにくかったですけど。
「美しく青きドナウ」もキッチリ演奏でした。



珍しく「ちゃんと」チケット代を払って行って来ました、NHKホールへ。
プレコンがあったらしいですが、着いた時には既に遅く。

曲目のせいか東京のせいか、客層が老若男女勢ぞろいでした。
若者が案外多いのは「のだめ」効果でしょうか。昨日がアニメ最終回でしたけど。
座席も3階席でさえほぼ満員。
発売日当日に押さえて真ん中の席を取っておきましたが、どうやら早々に売れたようです。
席が狭くて、蒸し蒸し…、そして暑苦しい。


●メンバーと曲目
指揮:ウラディーミル・アシュケナージ
演奏:NHK交響楽団

ベートーヴェン/交響曲第6番「田園」
ベートーヴェン/交響曲第7番


N響&アシュケナージでベートーヴェンの交響曲という非常に「正しい」プログラム。
アシュケナージさんの音楽監督としての最後の公演だったらしいです。
演奏はというと、まあ「模範演奏」
隙がなくて安心して聴けるとも言えるし、「正しく」て面白みがないとも言える。
コンマス含め首席の音だけが聴こえてくるということもなく、バランスがいい。
どんな曲にでも器用に対応できそうなオケですね。

天下のNHKだし、奇をてらわなくても人が来るんでしょう。
どうせ定期会員も多いんだろうし、スポンサーも多いみたいだし。
一応、日本のトップオケらしいからね。



さて、演奏について特に書くことがありません。
困った(笑)

「田園」はまあこういう感じだよね~。
「正しい」演奏でした。。


「第7番」は今年3回目ですが、総合点では今回が一番ですね。それは認めましょう。
第2楽章の静かなメロディーも、第4楽章の派手なメロディーもそつなくこなしていました。
特に印象に残ってるのは第3楽章。
音量のアップダウンが激しい楽章ですが、「正しく」起伏のある演奏でした。


どっちの曲も普通に弾くだけでも難しそうな曲なので、ちゃんと弾けることはすごいことなのでしょう。


N響&音楽監督アシュケナージのコンビが今まで目指していた方向が分かっただけでも良しとしましょう。
指揮者が変わると演奏も変わるのかな?
まあ、どうせテレビでも見れるし。

syllable

Author:syllable
出身:横浜
在住:三重→兵庫→三重(現在)
クラシックを中心にジャズやJ-POPなどを聴いています。
神奈川フィルを応援してます!

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -