FC2ブログ
2019 / 08
≪ 2019 / 07 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 2019 / 09 ≫

64523130_2237944652992845_2968284522837180416_n.jpg

62540006_2237944579659519_7772840475802730496_n.jpg

62517295_2237944599659517_4308009556899790848_n.jpg

●セットリスト
1.セプテンバー(弾き語りver.)

2.アルクアラウンド
→好きな曲が冒頭からいきなり!

3.夜の踊り子
→一気に盛り上がります。

4.陽炎
5.モス
→新曲

6.Aoi
→♪あおーい、あおーい、あおーい

7.さよならはエモーション
→ここからしばらく落ち着いた雰囲気に。

8.ユリイカ
9.years
10.ナイロンの糸
11.蓮の花
12.忘れられないの
→新曲

13.マッチとピーナッツ
→新曲

14.ワンダーランド
15.INORI
16.moon

17.ミュージック
→さあ、ノッてきました!

18.新宝島
→チアガール登場!

19.アイデンティティ
→大合唱! ♪ラーラララーラ、ッララララーラ

20.多分、風。

21.セプテンバー
→本編ラストは原点に戻るということで。

※アンコール
22.『バッハの旋律を夜に聴いたせいです』
23.夜の東側
24.グッドバイ
スポンサーサイト

20190518 ローザス「至上の愛」

20190518 ローザス「至上の愛」2


コンテンポラリーダンスを観るのは2回目。
1回目は、2018年1月に愛知県芸術劇場で行われた「DOPE」、音楽がライヒの『ドラミング』で面白そうだったので。
それ以来、全然観ていませんでしたが、5/6に猫町倶楽部でシニアプロデューサーの唐津絵理さんのコンテンポラリーダンスのレクチャーがあり、良いきっかけだったのでRosasのチケットを購入。
音楽好きとしては、コルトレーンの『至上の愛』でダンスというのはすごく気になりましたし。


●メンバー
振付:サルヴァ・サンチス、アンヌ・テレサ・ドゥ・ケースマイケル
出演:ローザス
(ダンサー:Robin Haghi、Jose Paulo dos Santos、Jason Respilieux、Thomas Vantuycom)

使用音楽はコチラ↓


男性ダンサーが4人登場。
それぞれが、サックス、ピアノ、ベース、ドラムスの役割を担っているそうです。

最初はしばらく無音の中でダンス。
緊張感の中、ゆらゆらしたり、人を持ち上げたりで、??に。
神秘主義に影響を受けて作った曲なので、何かの儀式を表現している印象。
しかし、音は無いまま、人が減っていく。
どうなるの?と思っていたら、突如コルトレーンの高らかなサックスのメロディーから音楽開始。

サックスが高揚して吹きまくると、サックス役のダンサーも踊り狂うなど、音楽と連動しつつも支配はされずに自律して動いている印象。
4人同じ動きをする箇所もあったり、バラバラに動いたりと、秩序と即興を交互に繰り返すエキサイティングなジャズセッションをしているようなダンスで、あっという間の50分でした!
最後の「賛美」は、最初の無音部分と似たような動き。
ただし、今度は音楽を手に入れているので、最後まで儀式を完遂してハッピーエンド?なんでしょうかね。無理してストーリーづけるのが正しいとは限りませんが。

振付が決まっている箇所と、ダンサーの裁量に任される部分があるそうなので、この演目ではどこまでが振付が決まっている箇所だったのか気になります。
真実は2回観ないと分かりませんね。
また、床に描かれた幾何学模様もフィボナッチの軌跡とかの数学的な意味付けがあって振付と関係しているらしいんですが、よく分かりませんでした。


さて、コンテンポラリーダンスは気にし始めると結構公演があるようなので、今後も継続してチェックしていきたいと思います。

58613034_2158778057576172_7770937706506354688_n.jpg

58383686_2158778087576169_7259869244328771584_n.jpg

1904haiyaku_ura.jpg

せっかく大阪に来たので国立文楽劇場へ行ってきました。

演目は歌舞伎でも有名な仮名手本忠臣蔵、今回は大序〜四段目。
切場の塩谷判官切腹の段、無音の張り詰めた中を切腹に赴く緊張感といったら!
終演後はしばし放心していました。こんな演目もあるんですね。
生きているような人形の動きや、絶妙な合いの手の三味線、非日常の空間で繰り広げられる名人芸にただ感服していました。

20190224 雅楽 東京楽所@東海市芸術劇場

kangen-ono0640.jpg

●メンバーと曲目
演奏:東京楽所

[第1部:管絃]
平調音取
越天楽
陪臚

[第2部:舞楽]
蘭陵王[左舞・面舞]
仁和楽[右舞・四人舞]


今回が初めての雅楽鑑賞でした。
雅楽は、音楽の授業での越天楽と、神社で通りがかりに聴いたぐらいです。
今日の曲目は詳しい方によると定番曲ばかりとのこと。

今年度のテーマ読書で源氏物語を読み進めているんですが、雅楽が登場する場面が多いので、これは生演奏を聴く良い機会だと思ったのが動機です。
1/20の東京小金井公演は、まさに源氏物語プログラムだったそうですね。


演奏に先立ち、プロデューサーの野原さんの解説。
予習本を一冊読んだとはいえ、こういう丁寧な解説があると初心者にはありがたいです。
その後には、東京楽所代表の多さんによる楽器紹介(音出し有)。奏者いじりの場面も(笑)


第1部は楽器のみの管絃(×弦)から。
昼下がりなので、どうせ途中で寝てしまうだろうと覚悟していましたが、全然退屈せず。
意外とスッと身体に入ってくる音色で心地よい演奏でした。
「越天楽」は聴き馴染みがある篳篥がたゆたう旋律。
今日は平調でしたが、黄鐘調、盤渉調という別バージョンもあるらしいので気になります。

↓youtubeより「越天楽」


「陪臚」はまた違う雰囲気に。
音色は同じでも、変拍子なのでドライブ感(?)がありました。


実演だと笙の存在感が思っていたよりもあったのが印象的でした。
吹き続け&吸い続けをすることで本当に音が途切れない!
強弱を付けたり、音替え(手移り)をしながら、全体のムードを支えているのが良く分かりました。
そして、昨年9月に聴いた宮田まゆみさんの現代曲はかなり変わった吹き方だったのが改めて分かりました。

全然違う分野ですが、スティーヴ・ライヒの「18人の音楽家のための音楽」冒頭の"パルス"の宇宙的な響きと共通するものを感じました。
偶然ですがどちらも和音が11種類だし。
ライヒが雅楽を聴いたなんていう情報は何もありませんけどね。


第2部は舞楽。
再び丁寧な解説から。相撲と雅楽の関係なども。

「蘭陵王」は平安時代から現代に至るまで1番人気の曲だとか。
東南アジアンテイストな衣装で舞台を動き回って見栄えがある曲でした。跳ねるし。
雅楽の中でも派手な曲らしいです。
同じ日本の舞でも能楽とは全然違うのが面白い。
一方、「仁和楽」は4人で同じ型を踊る曲で、厳かな感じでした。

管絃の皆さんも衣装替えして華やかに!
あぁ、単眼鏡を持ってこなかったのが悔やまれる…。
後から調べたら、源氏物語の「御法」で病床の紫の上と対比させるようにチラッと出てきていた曲らしいです。

違う団体ですが「蘭陵王」はこんな曲。



日本の音楽でありながら全然知らなかった世界でした。
今後は、熱田神宮の雅楽などを意識してチェックしてみるとしますか。

※予習本メモ
『図説 雅楽入門事典』:詳しくて分かりやすかったです
b.jpg


20180102 新春歌舞伎

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

2019年の観賞始めは新春らしく歌舞伎から。
ここ数年で文楽や能楽は観てたのに、そういえば歌舞伎は久しく観ていなかったので、勢いで初日公演のチケットを購入してしまいました。

IMG_6779.jpg

IMG_6800.jpg IMG_6798.jpg

演目紹介の絵も雰囲気が出てます。

IMG_6792.jpg

中に入ると正月らしい凧と飾りがお出迎え。
客層には華やかな着物のご婦人方とダンディな着物のおじさま方も多く、アチコチで挨拶が交わされていました。
このおじさま方は普段どこに生息しているんでしょう?

IMG_6795.jpg

そして、ロビーに並ぶ錚々たる面々の日本画。
ここ数年で日本絵画に興味を持つようになったのでじっくり鑑賞してました。
東山魁夷、小林古径、鏑木清方、速水御舟、上村松園、川合玉堂など、展覧会ができるレベルが勢ぞろい。
実際、2011年に山種で美術展もあったそうです。

IMG_6788.jpg

席は3Fで↑こんな感じ。
ちゃんと花道で役者が止まってミエを切る場所が見えるという配慮がありがたいです。

そして、3F席で良かったのが、近くの席から「成駒屋!」「高麗屋!」と屋号が飛び出すこと。
これぞ歌舞伎座!
初日だから特に賑やかだったかも。10人ぐらいはいたんじゃないか?
もちろん、華やかな役者の方々、三味線や唄などの演奏でも気分が盛り上がり、
非日常な和の空間を堪能してきた1日でした。

この日の夜はNHKで特番もやっていました。
さっきまで自分がいたところがTV中継されるというのも面白かったです。

●演目と主な配役
・再春菘種蒔「舌出三番叟」
三番叟:中村芝翫(成駒屋)
千歳(女形):中村魁春(加賀屋)

華やか!華やか!
楽器がズラリと並ぶ光景はめでたい新年という感じがしますねー。


・「吉例寿曽我」 鴫立澤対面の場
工藤奥方梛の葉(女形):中村福助(成駒屋)
曽我一万:中村七之助(中村屋)
曽我箱王:中村芝翫(中村屋)

七之助さん、体が細い!
次の演目では一転、女形で美女になるし、夜公演でも大活躍の役なので、対応力がありすぎです!


・「廓文章」吉田屋
藤屋伊左衛門:松本幸四郎(高麗屋)
扇屋夕霧(女形):中村七之助(中村屋)

幸四郎さん(元:市川染五郎)のナヨナヨお坊ちゃんの優男っぷりがハマっていました。
笑い声多し。
「幸四郎襲名直後初めての新春公演、めでたい~」のような追加台詞もあって、幸四郎さんがデレデレに(^^)
これは初日だけだったのでしょうか?


・「一條大蔵譚」檜垣・奥殿
一條大蔵長成:松本白鸚(高麗屋)
常盤御前(女形):中村魁春(加賀屋)
吉岡鬼次郎:中村梅玉(高砂屋)

白鸚さんの阿呆&威厳の2面役がさすがヴェテラン芸。
長めの演目なので一部ウトウトしてましたが…。

syllable

Author:syllable
出身:横浜
在住:三重→兵庫→三重(現在)
クラシックを中心にジャズやJ-POPなどを聴いています。
神奈川フィルを応援してます!

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31