FC2ブログ
2021 / 05
≪ 2021 / 04 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2021 / 06 ≫

20151127 神奈川フィル、みなとみらい第314回定期「ゲッツェル氏のコルンゴルトとオピッツ氏のブラームス」

関西から横浜へ久々に遠征してきました!

予定が合わず、神奈川フィルは1月以来ご無沙汰でしたが、
この11月定期は何とか有休を取得しました。

何と言っても、

ゲッツェルさん登場!
コルンゴルト!
オピッツ氏のピアノでブラームスも聴ける!

となったら、神奈川ファンなら聴かねばならないラインナップでしょう。

ブラームスとコルンゴルトというウィーン子のゲッツェルさんの直球勝負曲。
ちなみに、ブラームスが亡くなった1897年は、コルンゴルトが生まれた年でもあります。
次世代へのバトンタッチというゲッツェルさんの意図的なプログラミングなのでしょうか。


●メンバーと曲目
指揮:サッシャ・ゲッツェル
演奏:神奈川フィル
ピアノ独奏:ゲルハルト・オピッツ

コンマス:崎谷直人

ブラームス:ピアノ協奏曲第2番
コルンゴルト:シンフォニエッタ


18:30からゲッツェルさんのプレトーク。副指揮者の阿部未来さん登場。
小さい頃オピッツさんの演奏を聴いて感銘を受けたそうです。
あとは、コルンゴルトについて解説。シンフォニエッタはマーラーへのリスペクトが随所にあるとのこと。

前半は、オピッツ氏のピアノ協奏曲。
オピッツ氏と神奈川フィルのコンビは、ちょうど3年前の2012年11月でベートーヴェンの「皇帝」を聴きました。
この時は、非常に柔らかなピアノとオケがマッチしていて、またこのコンビの演奏会があったらぜひ聴きたいと思っていました。

さて、今回はブラームスですが、その柔らかで包容力がある演奏は変わらず。期待通り!
曲をすべてを知り尽くした上で、肩の力を抜いてオケと一緒に演奏を作っていこうという余裕さを感じました。

そして、この曲の裏の主役はチェロ首席、山本裕康さん!!
第3楽章では、オピッツさんとのロマンティックな二重奏で大活躍。
お二人の魅力の相乗効果で天に昇るような極上のひと時を過ごさせていただきました。

オピッツさんは協奏曲ではなく、室内楽でまた聴きたい!
と3年前も書いてましたがいまだに行けてません・・・。
改めて演奏会を探さなくてはいけませんね。


後半は、いよいよコルンゴルト。
昨年度は、石田さんのヴァイオリン協奏曲、山本さんのチェロ協奏曲と、神奈川フィルが誇る名手2人の演奏を堪能させていただきましたが、
いよいよ今回はオーケストラ曲。

ワクワクする楽しい曲でした!
後の時代の映画音楽へとつながる源流を感じさせる断片がいっぱい!
12月にスターウォーズ新作が公開されますが、その中に紛れ込んでいても違和感が無いでしょう。
これがなんと15歳前後で作曲した曲だそうですが、言われなければ絶対に分かりません。

ゲッツェルさんは、全身全霊の熱意がこもった指揮でグイグイ引っ張ります。
このオケの魅力である、きらびやかさと、繊細な美しい弦が十二分に引き出されていました。
昨年度のコルンゴルトでも思いましたが、
神奈川フィルの力強さとは異なるこうした特長と、コルンゴルトって良い相性のようですね。

アンコールは、ヨハン・シュトラウスの雷鳴と稲妻。
ゲッツェルさんがとても楽しそうな指揮姿でした。
アンコールでノリノリなゲッツェルさんという光景はお馴染みになりつつあります(^^)

終演後は、久々に神奈川フィルを応援する仲間たちと中華料理へ。(写真忘れてた…)
金曜で開始が遅かったので、時間が短かったのが残念。

さて、来年度もゲッツェルさんが9月17日に登場。
ここは何としても予定を空けておかねば!
他にも魅力的なプログラムが定期や特別演奏会に目白押しなので、どれに来るか今から悩みどころです。

20150117 神奈川フィル ミューザ「コルンゴルトのチェロ協奏曲、英雄」

神奈川フィルを聴くために、関西から神奈川へ遠征してきました!

昨年の演奏会で大満足だったゲッツェルさんが登場!
そして、神奈川フィルが誇る山本裕康さんがチェロ協奏曲を弾く!
これは行かねば!

今回の会場は珍しく川崎のミューザでした。
20150117.jpg


●メンバーと曲目
指揮:サッシャ・ゲッツェル
演奏:神奈川フィル
チェロ独奏:山本裕康

コンマス:崎谷直人


ワーグナー:「パルジファル」より第1幕への前奏曲
コルンゴルト:チェロ協奏曲
ベートーヴェン:交響曲第3番「英雄」


①「パルジファル」より第1幕への前奏曲
荘厳な曲。
ワーグナーのオペラ作品では最も晩年の作曲。
いつもちっぽけなことで悩んでいるなー、と
じわじわと心に沁みこんできました。

こういうロマン派的な曲こそ、
神奈川フィルの弦の美しさや管の伸びやかさが引き出されて良いのです。


②コルンゴルト:チェロ協奏曲
真摯に曲へ向き合う裕康さんがかっこよかった!
渋みのある音色で語っていくチェロ奏者は、他にはいません。
この方の演奏を聴くために、遠征してきたようなものです。
たった12分とは思えないほどの内容の濃密さ。

ちなみに、元の映画の中では、主人公が恋に落ちるイケメンチェリストが弾く曲。
今日のホールでも、裕康さんにイチコロにされた人が数多くいたことでしょう(^^)

神奈川フィルのコルンゴルトシリーズでCDを出してほしい!
その時は、石田さんのヴァイオリン協奏曲や、これからのシュトラウシアーナやシンフォニエッタも一緒にぜひ。
アンケートに書いておけばよかった。

アンコールはバッハの無伴奏、第3番よりサラバンド。
無伴奏だと、裕康さんの魅力がさらに浮き出されます。

③ベートーヴェン:交響曲第3番「英雄」
ウィーンっ子ゲッツェルさん全開の演奏でした!
一般的な、肩を張って重厚だというイメージを塗り替える
優雅で楽しげ、色彩感あふれる英雄でした!
何より、指揮をするゲッツェルさんが楽しそうなので、
オケのみなさんも聴いている側も楽しくなってくる。

3拍子の第1楽章は、ウィーンの舞踏会かのよう。
なぜそう感じたのか。
ウインナーワルツは、リズムが均等ではなく2拍目が少し早いとか、アクセントが2拍目が強めになるとか、
そんな要素が自然に盛り込まれていたからかもしれません。

第2楽章の葬送行進曲は、期待通り。
神奈川フィルの弦の美音に酔いしれておりました。

第3楽章といえば、注目はトリオのホルン三重奏。
今まで私が聴いた生演奏では、毎回どこかで音を外していた難所です。
しかし、今日は安定感があり、ミスなく吹いてらっしゃいました。心の中で拍手。
3人ともすごいですが、特に目立つトップは気鋭のミカさん!
4月に音楽堂定期でコンチェルトを演奏するそうなので、こちらも期待。

現代の我々は「ベートーヴェン=重厚」と思っています。
でも、もしかしたらそれは思い込みで、約200年前の初演時はむしろ今日のような優雅な演奏だったのかも。
そんな空想をしてしまう演奏でした。


アンコールは、「A happy new year!」でヨハン・シュトラウスのポルカ「浮気心」でした。
昨年1月定期のアンコール時と同様、終始ノリノリで走り抜け、
気持ちが良い後味の演奏会となりました

ホールを出る時に出口に楽団員さんたちが見送り。
お疲れなのに、気配りに頭が下がります。
そして、ゲッツェルさんへの女性の群がり方がそれはもう凄かった。
まあ、私もどさくさにまぎれて握手と写真撮影をしてもらったんですけどね(^^)

20150118(2).jpg


アフターコンサートは、応援する会の皆様と話し続け、飲み続け。
すばらしい演奏を聴いた満足感と、次々と出てくる料理の数々に、身も心も満腹になり、
気づいたら5時間が経過しておりましたとさ。

20150117(3).jpg


さて、来年度シーズンの冊子が配られていました。
HPで内容は知っていましたが、やはり紙冊子だとワクワクします。

私の注目は↓
・4/11音楽堂 ミカさんのHr協奏曲。川瀬&神奈川フィルも1度聞いてみたい
・11/27定期 ゲッツェルさん登場!コルンゴルト!
・2/13定期 ベートーヴェンのトリプルコンチェルトで石田さんと裕康さん!
・2/20音楽堂 野平一郎さんと神奈川フィルが出会うとどうなるか?

ということで、次は4月の予定です(^^)

関西から遠征です!

石田さんがコルンゴルトを弾く!
これは聴かねば!

神奈川フィルの今シーズン最注目公演でしょう!
昨年、シーズンプログラムが発表された時から楽しみにしていた公演です。
これだけは何としても来なくてはいけないと固く決意してました。

⚫︎メンバーと曲目
指揮:湯浅卓雄
演奏:神奈川フィル
ヴァイオリンソロ:石田泰尚

エルガー/弦楽セレナーデ
コルンゴルト/ヴァイオリン協奏曲
エルガー(ペイン補筆)/交響曲第3番


ロビコンはエルガーの弦楽四重奏曲の第2楽章。
このジャンルを作曲してるとは知らなかった…。
メンバーは、崎谷さん、直江さん、高野さん、山本さん。
美しいメロディーでした。


続いて本編は、弦楽セレナーデ。
実は交響曲よりはこっちが楽しみだったのです。

まず第1楽章で日常のあくせくを忘れ、
次に第2楽章で心が穏やかになり、
最後の第3楽章で幸福な気分に包まれました。
日常で疲れたら聴きたくなりそう。

曲の良さに加えて、やはり神奈川フィルの美しい弦楽が素晴らしい。
期待通りの演奏でした。


そして石田さんのコルンゴルト!

冒頭の歌い上げるソロを聴いた時点で、もう既に来て良かったなと。
そう、この曲にこの繊細な音が欲しかったんですよ!
あっと会う間にオレ様のコルンゴルトに。
中間部で出てくる甘々なフアレスの旋律も石田さんの音色ならOKです。
カデンツァも魅せてくれました。

第2楽章では、幻想の世界へ。
石田さんとオケの柔らかな音色に包まれ、魂が抜けて飛んでいくような気分になってました。
この楽章でソリストがキンキン鳴らさない方が好みです。

躍動的な第3楽章は、技巧に圧巻。
実演で観ると、20世紀曲らしく高音の難しそうなパッセージの連発で本当に大変そう。
全身全霊モードで、あの大きいモーションでオケをグイグイ引っ張っていました。

オケのサポートも息がぴったり。
こうして石田さんが自由自在に飛び回れるのも、互いに日頃からの信頼があるからこそでしょう。

フィナーレまで駆け抜けて、高らかに弓を振り上げて最後の一音。
客席は大拍手。
さすがです。
ブラボー!


休憩挟んでの3番。
予習でも正直取っ付きにくかった曲。
作曲家の死後に補筆されたという経緯だし。
第1番は分かり易い曲なんですけど。

ということで、演奏の良し悪しはよく分かりません。
静謐な第3楽章が特に良かったなと。
あとは第2楽章のタンバリン!

アフターはいつもの皆様との楽しい飲みでした。

さて、エルガーは11/22に今度は尾高さん&読響で3番を聴く予定です。
はてさてどうサウンドが変わるのか。
期待しながら、この曲を聴き込むことにします、

次の神奈川フィルは1月のゲッツェルさん&山本裕康さんのコルンゴルトでございます。
コルンゴルトももっと深掘りせねば!

久々の神奈川フィル遠征でした!
メンバーの若返りが進んで勢いがあるオケを、鈴木秀美先生のタクトが導いて、 調和の中に熱さを感じる演奏でした。
これからの神奈川フィルが進んでいく姿を垣間見られた気がします。

⚫︎メンバーと曲目
指揮:鈴木秀美
演奏:神奈川フィル

C.P.Eバッハ/シンフォニアニ長調
ハイドン/交響曲第88番
ベートーヴェン/交響曲第5番


会場は久し振りの神奈川県立音楽堂。リニューアル後は初めて。
最後に来たのは、2010年10月の上り坂ラスト公演。4年弱のご無沙汰でした。
(道義さん早くお元気になってほしいです)

もうすっかり真夏の暑さで、汗をかきかき紅葉坂を登る。
ジュースを買うと寄付できるという噂のブルーダル自販機もあったので、まず水分補給。

音楽堂では珍しくほぼ満席。
メジャーなのは運命だけなのになぜでしょう?

オケの首席が少し見ないうちによく知らない若い人ばかりになってました。
コンマスは私と同世代の崎谷さんだし。
そのためか音がだいぶフレッシュになってる気がしました。


1曲目は大バッハの息子の曲。
全く知りませんでしたが、この演奏会一番の発見だったかも。
冒頭の鮮烈なメロディーからインパクトを与え、その後もこの時代の曲にしては予想外の展開が続き退屈しませんでした。
当時は大いに人気があった作曲家というのもうなずけます。
チェロ首席の山本さんの活躍する場面多し!終曲後に秀美さんが握手してました。


2曲目のハイドンは秀美さんお得意ということもあり手堅い演奏。
秀美さんの手腕で神奈川フィルがハイドンのオケになってまして。
楽章毎に色々な楽器が活躍。

メインの運命は、名曲すぎて特に期待してませんでしたが、意外にも楽しめました。
古楽的な運命とでも言いましょうか。
全体の調和が重視されていて、弦のメロディーの裏での木管や金管の音もよく聞こえました。
ロマン派的なメロディーがガンガン鳴る演奏が多い中、こういう方が好みです。

目立ってたのはティンパニーの神戸さん。バロックティンパニーなのに妙に音が届くのはいったい何が違うのか不思議。

終曲後に、秀美さんが運命の指揮は初めてだったというご発言。
ウソ!?とてもそうは見えない指揮姿と曲作りでした。

アンコールはハイドンの77番より第二楽章。
最初はシンプルなメロディが少しづつ変奏され、音色も豊かになっていくという隠れた良曲でした。
秀美さんの言葉通り、運命という厚ぼったいメインディッシュの後のデザートにピッタリ。

2014072712364459f.jpg


終演後は、勝手に応援する会の皆さんと野毛へ。
尽きぬ話に、17時半から始まって気付いたら22時過ぎになっていましたとさ。
皆様ありがとうございました。

さて、次の遠征は10月定期。
石田さんのコルンゴルトは何としても聴かねばなりません!
湯浅さんのエルガーも楽しみ。

20140125 神奈川フィル第295回定期


ゲッツェルさんがノリノリの演奏会でした♪
これだけ楽しそうに演奏する神奈川フィルを見たのは初めてかも。
輝く音でホールが満たされていました。
前半では石田さん&山本さんの両名手の演奏も堪能できたし、大満足の演奏会でした!

さて、神奈川フィルの演奏会は実に9ヶ月振り。
ご無沙汰しており申し訳ありません。

今回は、ゲッツェルさんの首席客演指揮者への就任公演。
よくぞ引っ張ってきた!と事務局に感謝です。
過去の共演で聴衆だけでなくオケからも大絶賛されており、今年度シーズンで最注目の演奏会でしょう。


●メンバーと曲目
指揮:サッシャ・ゲッツェル
演奏:神奈川フィル

ヴァイオリン&コンマス(バラの騎士):石田泰尚
チェロ:山本裕康

コンマス:崎谷直人


ブラームス/ヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲
(アンコール)ヘンデル(ハルヴォルセン)/パッサカリア

ワーグナー/歌劇「タンホイザー」序曲
R.シュトラウス/「バラの騎士」組曲
(アンコール)J.シュトラウス/狂乱のポルカ


みなとみらいホールに着いたらちょうどロビコンが始まったところでした。
金管五重奏で、マウラーの12の小品という曲。
チューバの岩渕さんが積極的に喋っていました。

しばらく見ない間に、オケの首席が若返っていたのでビックリ。
チェロ、オーボエ、ファゴット、ホルン。しかも4月からは常任指揮者も。
“シュナイト-現田”の時代が終わった時以来の大きな変革点に差し掛かっているんだなと感じました。


1曲目は神奈川フィルの顔のお二人による協奏曲。石田さんが白メガネ!
冒頭すぐの山本さんの心に沁み入るソロ。
ツカミはバッチリ!
続いて、天上から光が差し込んでくるかのような石田さんの優美なソロ。
そして、2人の掛け合いからオケのきらびやかな全合奏へ…。

正直、もうこの時点で今日聴きに来て良かったと思ってしまいました!

もちろんこの後も素晴らしい演奏が続いたのですが、敢えて1か所挙げるのならば第2楽章冒頭のユニゾン!
ヴァイオリンとチェロがシンプルだけど印象に残る旋律を弾き、オーケストラがそれを優しく包み込む。
心が温かくなりました。

アンコールは、ヘンデルのパッサカリア。
アンコールピースにしてはガッツリした難曲。
疲れを見せない見事な演奏で会場が全員呑まれてました。


さて、後半はゲッツェルさんの世界。

何と言っても「バラの騎士」!
オペラ自体は観たことが無いのに、それぞれの場面が目の前に観えるかのような素晴らしい演奏でした!
この曲に対して、ゲッツェルさんのやる気が明らかに違いました。
指揮姿がとにかく楽しそうで「この曲大好き!」というオーラが立ち昇っていていました(^^)
ジャンプ何回してたかな?(笑)
それにつられてオケもニコニコ。気持ちよく弾ける雰囲気が作られ、オケの全力が引き出されていたと思います。

特に印象的だったのはオックス男爵のワルツ。
情熱的で華やか、しかし耳うるさいわけではなく優雅さが漂っていました。
ウィーンのワルツは単純な3拍子ではないらしいですが、今回の演奏は見事に本場のリズムのように聴こえました。
特に、弦の強弱やリズムが合っていてこだわっていたのかなと。
何しろゲッツェルさんはウィーン子でしかも元ヴァイオリン奏者ですからね。

派手な終曲で幕が降りた後はホール内はもう大喝采!
その余韻が冷めないうちのアンコールがまたすごいことに!
音が大爆発!
ゲッツェルさんはノリノリで踊ってるし、オケも弾きたい放題、吹きたい放題。
これが音楽の楽しさ!

20140125 うまやの食卓


終演後は、We love 神奈フィルのメンバーで驛の食卓へ。
情熱的な演奏で渇いた喉を美味しい横濱ビールで潤す。
至福の時です!
会話も大いに弾み、楽しい時を過ごさせて頂きました。


さて、2014-2015シーズンのパンフをもらったので行きたい公演をメモしておきます。
金曜日だと有休を取らないと来れないのが難点です。

①10/24(金) みなとみらい
石田さんのコルンゴルトは必聴でしょう!
湯浅さんが導くエルガーの世界を堪能させて頂きます。

②1/17(土)ミューザ
ゲッツェルさんは聴かねば!曲は英雄。
山本さんのコルンゴルトも聴ける!

③7/26(土)音楽堂
鈴木秀美さんと神奈川フィルでハイドンとベートーヴェン。
さてどんな音が生まれるか。

syllable

Author:syllable
出身:横浜
在住:三重→兵庫→三重(現在)
クラシックを中心にジャズやJ-POPなどを聴いています。
神奈川フィルを応援してます!

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -