2018 / 07
≪ 2018 / 06 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2018 / 08 ≫

33664132_1672816102839039_5099184649272295424_n.jpg

今回の帰省のメイン、横浜みなとみらいホールのクラシック演奏会へいってきました!
全部バーンスタインのプログラム。レアな曲がたくさん。
開演14:00、終演17:15と、演奏会1.5回分相当の盛り沢山の演奏を聴いて、ネタだらけで。お腹いっぱいです。

●メンバー
指揮:井上道義
演奏:神奈川フィル
コンマス:崎谷直人

フルート:工藤重典
ピアノ:福間洸太朗
ヴァイオリン:山根一仁

鷲尾麻衣(ソプラノ)
大山大輔(バリトン)
込山直樹(ボーイソプラノ)
小川里美(ソプラノ)
藤井玲南(ソプラノ)
森山京子(メゾ・ソプラノ)
古橋郷平(テノール)
宮里直樹(テノール)
又吉秀樹(テノール)
籔内俊弥(バリトン)
ヴィタリ・ユシュマノフ(バリトン)
ジョン・ハオ(バス)

合唱:東響コーラス

●曲目
「ハリル」(独奏フルート、弦楽オーケストラ、打楽器のためのノクターン)
(フルート:工藤重典)

「セレナード」(ヴァイオリンと弦楽合奏、打楽器とハープ)プラトン「饗宴」に基づく
(ヴァイオリン:山根一仁)

交響曲第2番「不安の時代」(ピアノと管弦楽のための)
(ピアノ:福間洸太朗)

ミュージカル「ウエスト・サイド・ストーリー」より
「シンフォニック・ダンス」
「トゥナイト」
(ソプラノ:鷲尾麻衣、テノール:古橋郷平)

シアターピース「ミサ」より
第1曲より「シンプル・ソング」
第9曲「神は言われた」
第16曲「すべて壊れる」より
第17曲「シークレット・ソング」


道義さんがやりたい放題。
楽しそうに踊りながら指揮してるし、トークはベラベラ喋るし、面白い♪

最初のフルート、ヴァイオリン、ピアノの協奏曲の3連発だけでも相当なもの。
重鎮工藤さんのフルートは流石の安定感。そして「ミサ」でまさかの再登場。
3Fバルコニーから降り注ぐ大ソロを決めてくれました。

ピアノの福間さんは初聴でしたが、高音がムチャクチャきれい。
6月にリサイタルへ行こうかと思ってるので期待値アップ。

映画「ウエストサイドストーリー」からの「シンフォニックダンス」は定番ですがやはり楽しい。マンボ!!
「トゥナイト」も続けて聴けて嬉しかったです。歌手が必要なのでなかなか聴けないんですよね。

ここからさらにオペラ作品もあるというすごさ。
ボーイソプラノの澄んだ歌声で光が差し込む様が印象的でした。
しかし、群像コーラスに歌手10人とか、数分のためだけに合唱団呼ぶとか、予算大丈夫だったんだろうか…。
「ミサ」は昨年の大阪での全曲演奏に行けなかったのが悔やまれます…。

33522910_1672816129505703_2559658697185820672_n.jpg

こんな盛り沢山の演奏会だったので聴く方もヘトヘト。
終演後の友人とのビールは美味しかったです!
名古屋から遠征したかいがありました。
スポンサーサイト

20171202 神奈川フィル定期


1年3ヶ月振りの神奈川フィル遠征へ!
前回は、2016年9月ゲッツェルさん退任の時でした。月日が経つのが早い・・・。

今日の公演は、2017年度のシーズンプログラムが発表され、コンマスが確定した瞬間から「絶対行く!」と決めていた公演です。

・「シェエラザード」が大好き!
・読書好きでファンタジーが好き
・何よりもコンマスの石田さんの大活躍が約束されている

これだけ理由があれば東海地方からでも行きますとも。


指揮:川瀬賢太郎
演奏:神奈川フィル

コンマス:石田泰尚!!!

ドヴォルザーク/序曲「オセロ」
スーク/組曲「おとぎ話」
リムスキー=コルサコフ/交響組曲「シェエラザード」

securedownload.jpg

securedownload (3)

もう12月ということで、みなとみらいホールにはクリスマスツリーが登場。

今回はカワケンさんと阿部さんのプレトークあり。「隠れテーマはコンマスです♡」など。
座席は上の方までかなり埋まっていました。曲の知名度と、コンマス効果?

1曲目はドヴォルザーク。シェイクスピアの悲劇。
出だしの弦が不安をあおる悲劇的な主題を奏で、その後の一転穏やかなメロディーを交えながらドラマが進みます。
原作『オセロ』の展開に比べると、後半がけっこう穏やかな曲だったような。
もっとも、ドヴォルザークはタイトルを「悲劇的」や「英雄」でも良いかも、と迷っていたらしいので、そこまで原作は気にしていないのかもしれません。

2曲目はスーク。東欧の民話。
知らない作曲者でしたがドヴォルザークのお弟子さんだそうです。
スロヴァキアの⺠話を元にした戯曲「ラドゥースとマフレナ」の劇音楽。
弦の音のキレイさはさすが神奈川フィル!
王⼥マフレナの主題をまずはコンマスソロで、次は弦楽合奏で。
合間は木管が活躍する賑やかなポルカも入ったり。ここも良かった。
こじんまりとまとまった佳曲なので、てっきりシェエラザードよりも前の作曲かと思ったら、意外にも10年後に初演された曲だそうです。
はたしてスークはシェエラザードを聴いたことがあったのでしょうか?

休憩を挟んで、いよいよメインの「シェエラザード」!!大好きな曲!
言うまでもなく『アラビアンナイト』を題材にした曲。
出だしで独奏ヴァイオリンが妖艶な娘シェエラザードの主題を奏でます。
バッチリと決めたのはさすが大看板コンマス石田さん。
細くてキレイな高音のメロディーにホールが包まれ、一気に物語の世界へ。
雰囲気あるメロディーでドリア旋法という古い時代の音階を使っているそうです。

コンマスだけではなく、各セクションの首席のソロが目白押しなのもこの曲の魅力。
フルートの山田さん、ファゴットの石井さん、クラリネットの斎藤さん、チェロの山本さん、ホルンのミカさん、etc…。
オーケストラの特色がはっきり出て、聴き比べが面白い曲です。

カワケンさんは思ったよりはじっくり志向の指揮という印象でした。
第1楽章は前倒しにならず抑えめのテンポ。
イケイケのところはグイグイと。
盛り上がる場面ではピョンピョン飛んで全身で指揮。これは師匠譲り?

オケをまとめてしっかり1つのアラビアンナイトの世界を創り出していたように思います。
ただ、首席ソロがキッチリしすぎの演奏だった気もするので、もっと自由に遊んでもよかったかも。
とはいえ、遠征で聴きに来た身としては十二分に満足の演奏でした(^^)
ブラボー!

securedownload (1)

DQBr6u6VQAEjsyw.jpg

終演後に定期会員向けの交流イベントがあったので参加させていただきました。
お酒が軽く入った楽団員の方々と話したり、弦楽四重奏を聴いたり。最後はワインをもらったり。

DQCvvuyVAAAk9XL.jpg

ホールを出た後は神奈川フィルのファン仲間の方々とのお酒を飲みに。
楽しい音楽談義の時間を過ごさせていただきました。
良い演奏の後はお酒もおいしい♪

securedownload (2)

さて、会場で来年度のシーズンプログラムの冊子が配られました。
何でも数日前にできあがったばかりということで。
読んでいると12月とか1月とか2月とか、アレもコレもと気になる公演がありますが、さて次はどの公演で遠征に来ましょうか。

14369973_1054331481354174_4582064410614486173_n.jpg


神奈川フィル鑑賞のため横浜へ遠征してきました!
6月に名古屋で、名古屋フィルとの合同演奏会は聴きましたが、横浜遠征は約10ヶ月振り。

今回のトピックスは何と言っても「ゲッツェルさんが首席客演指揮者を退任!?」
この9/17と9/22の演奏会が最後になる、と。
発表を聞いた時はショックでした…。

毎回名演のゲッツェルさんと神奈川フィルのコンビ。
遠方に住んでいながら、毎年聴きに来ていました。

これまで聴いたラインナップはこちら。
2009年7月:マーラー/交響曲第1番
2014年1月:ブラームス/ヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲、R.シュトラウス/「バラの騎士」組曲(&狂乱のポルカ!!)
2015年1月:コルンゴルト/チェロ協奏曲、ベートーヴェン/交響曲第3番「英雄」
2015年11月:ブラームス/ピアノ協奏曲第2番、コルンゴルト/シンフォニエッタ

毎回ウィーンの風を神奈川フィルに吹かせてくれました。
今日の演目もそんな曲。

14264895_1054331431354179_2119611179685747786_n.jpg

●メンバーと曲目
指揮:サッシャ・ゲッツェル(首席客演指揮者)
演奏:神奈川フィル

ヴァイオリン:ライナー・キュッヒル[ウィーン・フィルコンサートマスター]

コンマス:石田泰尚


ゴルトマルク/ヴァイオリン協奏曲第1番
マーラー/交響曲第5番


開演前に、ゲッツェルさんの簡単なプレトーク。
「神奈川フィル定期、初登場でマーラーを振った。最後もマーラーに。」
「キュッヒルさんとはゲッツェルさんが子供の時からの知り合い(結婚式に出席したそう)」
「Auf wiedersehen!(また会いましょう!)」

また、ロビーに音楽の友でのキュッヒルさんとゲッツェルさんの対談の記事が展示されていました。
図書館の雑誌棚を探さないと!


さて、前半は、キュッヒルさんのゴルトマルク。
遥かなる高みの演奏でした!
曲は派手では無いもののとにかく難しそうなのですが、高音も細かい音もスラスラと弾いていました。
さすが世界最高峰ウィーンフィルのコンマスです。

ドラマチックさや派手さはないけど小粋で美しい佳曲でした。
まあ、演奏での華が少ない割に難しすぎるから、めったに演奏されないのでしょうけど。

キュッヒルさんの音は落ち着きがあるタイプで、神奈川フィルの柔らかな音とマッチしていました。
ゲッツェルさんの神奈川フィルとの引き合わせ、グッジョブです!

アンコールは、バッハの無伴奏パルティ―タ。安定の演奏でした。


後半はマーラー5番。
マーラーの交響曲で1番多く実演を聴いている曲ですが、その中で1番イキイキした演奏でした!
ウィーン子のゲッツェルさんならではの強弱、息継ぎ、アクセント、テンポなどの集積の賜物なのでしょう。
やりたい放題で、これがいわゆる"正統派の"演奏なのかは分かりませんが、演奏者と聴いてる側が楽しければ良し!
その分、オケの皆さんは合わせるのが大変そうでした。
何でもいつもより練習回数が多かったとか。
終演後の楽団員さんはいつになくお疲れのようでした。

神奈川フィルでの前回の演奏は、2011年2月の金聖響さん。
サラサラした"草食系マーラー"でこれはこれで面白かったですが、同じオケでもだいぶ変わるものですね。

第3楽章
ホルンがとにかく大変な楽章ですが、首席のミカさんが全ての旋律を見事に吹いてブラボー!
終演後真っ先に拍手が贈られました!

第4楽章は有名な「マーラーのアダージェット」
たっぷりと間をとって、会場が物音1つしない静謐さに包まれてから演奏開始。
30秒ぐらい待ってた?ここまで待つのは珍しい。
ただ、非常に残念だったのは、近くで時計のアラーム鳴らした輩がいたこと。よりによってこのタイミングで!
もちろん、その後の神奈川フィルの弦楽の美しさは言うまでもなく。

第5楽章
第4楽章の最後の音が虚空に消えた後、そのまま続けてホルンや木管が入ってくる最初の部分が大好きです。
そして、フィナーレの高らかな金管のコラール!超高速で突っ込むラスト!
聴いた充実感がある演奏でした。

14317407_1054331538020835_2412820399518390454_n.jpg

打ち上げは、神奈川フィルファンの方々と横浜ビールの店「驛の食卓」へ。
「お帰りなさい」と言ってもらえる仲間がいるのはありがたい限りです。
おいしいビールと食事、突然始まる歌と演奏など楽しい時間を過ごしました(^^)


さて、そろそろ来シーズンのプログラム発表の時期です。
昨年は10月発表だったので、今頃はいろいろと調整中なのでしょう。
ファンとしては心待ちにしていますが、ゲッツェルさん来年度以降も神奈川フィルへ来てください!

20151127 神奈川フィル、みなとみらい第314回定期「ゲッツェル氏のコルンゴルトとオピッツ氏のブラームス」

関西から横浜へ久々に遠征してきました!

予定が合わず、神奈川フィルは1月以来ご無沙汰でしたが、
この11月定期は何とか有休を取得しました。

何と言っても、

ゲッツェルさん登場!
コルンゴルト!
オピッツ氏のピアノでブラームスも聴ける!

となったら、神奈川ファンなら聴かねばならないラインナップでしょう。

ブラームスとコルンゴルトというウィーン子のゲッツェルさんの直球勝負曲。
ちなみに、ブラームスが亡くなった1897年は、コルンゴルトが生まれた年でもあります。
次世代へのバトンタッチというゲッツェルさんの意図的なプログラミングなのでしょうか。


●メンバーと曲目
指揮:サッシャ・ゲッツェル
演奏:神奈川フィル
ピアノ独奏:ゲルハルト・オピッツ

コンマス:崎谷直人

ブラームス:ピアノ協奏曲第2番
コルンゴルト:シンフォニエッタ


18:30からゲッツェルさんのプレトーク。副指揮者の阿部未来さん登場。
小さい頃オピッツさんの演奏を聴いて感銘を受けたそうです。
あとは、コルンゴルトについて解説。シンフォニエッタはマーラーへのリスペクトが随所にあるとのこと。

前半は、オピッツ氏のピアノ協奏曲。
オピッツ氏と神奈川フィルのコンビは、ちょうど3年前の2012年11月でベートーヴェンの「皇帝」を聴きました。
この時は、非常に柔らかなピアノとオケがマッチしていて、またこのコンビの演奏会があったらぜひ聴きたいと思っていました。

さて、今回はブラームスですが、その柔らかで包容力がある演奏は変わらず。期待通り!
曲をすべてを知り尽くした上で、肩の力を抜いてオケと一緒に演奏を作っていこうという余裕さを感じました。

そして、この曲の裏の主役はチェロ首席、山本裕康さん!!
第3楽章では、オピッツさんとのロマンティックな二重奏で大活躍。
お二人の魅力の相乗効果で天に昇るような極上のひと時を過ごさせていただきました。

オピッツさんは協奏曲ではなく、室内楽でまた聴きたい!
と3年前も書いてましたがいまだに行けてません・・・。
改めて演奏会を探さなくてはいけませんね。


後半は、いよいよコルンゴルト。
昨年度は、石田さんのヴァイオリン協奏曲、山本さんのチェロ協奏曲と、神奈川フィルが誇る名手2人の演奏を堪能させていただきましたが、
いよいよ今回はオーケストラ曲。

ワクワクする楽しい曲でした!
後の時代の映画音楽へとつながる源流を感じさせる断片がいっぱい!
12月にスターウォーズ新作が公開されますが、その中に紛れ込んでいても違和感が無いでしょう。
これがなんと15歳前後で作曲した曲だそうですが、言われなければ絶対に分かりません。

ゲッツェルさんは、全身全霊の熱意がこもった指揮でグイグイ引っ張ります。
このオケの魅力である、きらびやかさと、繊細な美しい弦が十二分に引き出されていました。
昨年度のコルンゴルトでも思いましたが、
神奈川フィルの力強さとは異なるこうした特長と、コルンゴルトって良い相性のようですね。

アンコールは、ヨハン・シュトラウスの雷鳴と稲妻。
ゲッツェルさんがとても楽しそうな指揮姿でした。
アンコールでノリノリなゲッツェルさんという光景はお馴染みになりつつあります(^^)

終演後は、久々に神奈川フィルを応援する仲間たちと中華料理へ。(写真忘れてた…)
金曜で開始が遅かったので、時間が短かったのが残念。

さて、来年度もゲッツェルさんが9月17日に登場。
ここは何としても予定を空けておかねば!
他にも魅力的なプログラムが定期や特別演奏会に目白押しなので、どれに来るか今から悩みどころです。

20150117 神奈川フィル ミューザ「コルンゴルトのチェロ協奏曲、英雄」

神奈川フィルを聴くために、関西から神奈川へ遠征してきました!

昨年の演奏会で大満足だったゲッツェルさんが登場!
そして、神奈川フィルが誇る山本裕康さんがチェロ協奏曲を弾く!
これは行かねば!

今回の会場は珍しく川崎のミューザでした。
20150117.jpg


●メンバーと曲目
指揮:サッシャ・ゲッツェル
演奏:神奈川フィル
チェロ独奏:山本裕康

コンマス:崎谷直人


ワーグナー:「パルジファル」より第1幕への前奏曲
コルンゴルト:チェロ協奏曲
ベートーヴェン:交響曲第3番「英雄」


①「パルジファル」より第1幕への前奏曲
荘厳な曲。
ワーグナーのオペラ作品では最も晩年の作曲。
いつもちっぽけなことで悩んでいるなー、と
じわじわと心に沁みこんできました。

こういうロマン派的な曲こそ、
神奈川フィルの弦の美しさや管の伸びやかさが引き出されて良いのです。


②コルンゴルト:チェロ協奏曲
真摯に曲へ向き合う裕康さんがかっこよかった!
渋みのある音色で語っていくチェロ奏者は、他にはいません。
この方の演奏を聴くために、遠征してきたようなものです。
たった12分とは思えないほどの内容の濃密さ。

ちなみに、元の映画の中では、主人公が恋に落ちるイケメンチェリストが弾く曲。
今日のホールでも、裕康さんにイチコロにされた人が数多くいたことでしょう(^^)

神奈川フィルのコルンゴルトシリーズでCDを出してほしい!
その時は、石田さんのヴァイオリン協奏曲や、これからのシュトラウシアーナやシンフォニエッタも一緒にぜひ。
アンケートに書いておけばよかった。

アンコールはバッハの無伴奏、第3番よりサラバンド。
無伴奏だと、裕康さんの魅力がさらに浮き出されます。

③ベートーヴェン:交響曲第3番「英雄」
ウィーンっ子ゲッツェルさん全開の演奏でした!
一般的な、肩を張って重厚だというイメージを塗り替える
優雅で楽しげ、色彩感あふれる英雄でした!
何より、指揮をするゲッツェルさんが楽しそうなので、
オケのみなさんも聴いている側も楽しくなってくる。

3拍子の第1楽章は、ウィーンの舞踏会かのよう。
なぜそう感じたのか。
ウインナーワルツは、リズムが均等ではなく2拍目が少し早いとか、アクセントが2拍目が強めになるとか、
そんな要素が自然に盛り込まれていたからかもしれません。

第2楽章の葬送行進曲は、期待通り。
神奈川フィルの弦の美音に酔いしれておりました。

第3楽章といえば、注目はトリオのホルン三重奏。
今まで私が聴いた生演奏では、毎回どこかで音を外していた難所です。
しかし、今日は安定感があり、ミスなく吹いてらっしゃいました。心の中で拍手。
3人ともすごいですが、特に目立つトップは気鋭のミカさん!
4月に音楽堂定期でコンチェルトを演奏するそうなので、こちらも期待。

現代の我々は「ベートーヴェン=重厚」と思っています。
でも、もしかしたらそれは思い込みで、約200年前の初演時はむしろ今日のような優雅な演奏だったのかも。
そんな空想をしてしまう演奏でした。


アンコールは、「A happy new year!」でヨハン・シュトラウスのポルカ「浮気心」でした。
昨年1月定期のアンコール時と同様、終始ノリノリで走り抜け、
気持ちが良い後味の演奏会となりました

ホールを出る時に出口に楽団員さんたちが見送り。
お疲れなのに、気配りに頭が下がります。
そして、ゲッツェルさんへの女性の群がり方がそれはもう凄かった。
まあ、私もどさくさにまぎれて握手と写真撮影をしてもらったんですけどね(^^)

20150118(2).jpg


アフターコンサートは、応援する会の皆様と話し続け、飲み続け。
すばらしい演奏を聴いた満足感と、次々と出てくる料理の数々に、身も心も満腹になり、
気づいたら5時間が経過しておりましたとさ。

20150117(3).jpg


さて、来年度シーズンの冊子が配られていました。
HPで内容は知っていましたが、やはり紙冊子だとワクワクします。

私の注目は↓
・4/11音楽堂 ミカさんのHr協奏曲。川瀬&神奈川フィルも1度聞いてみたい
・11/27定期 ゲッツェルさん登場!コルンゴルト!
・2/13定期 ベートーヴェンのトリプルコンチェルトで石田さんと裕康さん!
・2/20音楽堂 野平一郎さんと神奈川フィルが出会うとどうなるか?

ということで、次は4月の予定です(^^)

syllable

Author:syllable
出身:横浜
在住:三重→兵庫→三重(現在)
クラシックを中心にジャズやJ-POPなどを聴いています。
神奈川フィルを応援してます!

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -