2007 / 05
≪ 2007 / 04 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2007 / 06 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雷がガンガン落ち、豪雨の中今日の会場、蒲田アプリコホールへ。
ここでの公演を聴くのは初めて。
学生席でしたが、思ったよりは近い。
いつもの神奈川フィルに比べると客層が若かったです。

●メンバーと曲目
指揮:下野竜也
演奏:読売日本交響楽団

ベートーヴェン:交響曲第1番 ハ長調 Op.21
マーラー:交響曲第1番 ニ長調「巨人」


今回はベートーヴェンとマーラー両者の交響曲1番を並べるという趣向でした。
私は[ベト1]が目的でしたが、明らかにメインはマーラー。


まずは[ベト1]でしたが、まあ聴きやすいこと。
約30分という交響曲にしてはコンパクトな演奏時間ということもあるのでしょうが、
余計な部分が少なく「ソナタ形式」がどんな形式なのかが分かりやすい。
「苦悩から歓喜へ」というドラマティックな展開もないし。
下野さんの指揮だから非常に聴きやすかったのかもしれませんけど。
緩徐楽章である第2楽章が眠くさせる前にあっさり終了。
神奈川フィルのシュナイトさんがやるとだいぶ変わりそうです。(6/2の[ベト1]公演行きたかった!)


そして、楽団員の人数が一気に増え、後半戦へ。ホルン8人なんて編成があるんですね。
同じ交響曲でも全然曲調が違いますね。もちろん意図しているのでしょうが。
下野さんも俄然力が入った指揮でガンガンいく。テンポもかなり緩急つけてた。
これに比べると前半は力を抜いてた感じですね。
明らかにベートーヴェンよりマーラーの方が好きそうな方ですから。
音楽で情景が浮かんでくるのは「ロマン派」だから? 
プログラムによると元々標題がついてたらしいですし。

さて、マーラーでは読響も全力でした。
私のチェックはティンパニーの菅原さん。日本を代表するティンパニ奏者とのことですが、今回かなり活躍の場が多く目立ってました。
特に、第3楽章冒頭のコントラバス&ティンパニの独奏の部分が好きです。
その後どんどんメロディーが受け渡されていくという展開で、私はイケイケドンドンな第4楽章よりもこっちの方が好きです。
オーボエやヴィオラも頑張ってましたね。ヴィオラってあんな音も出るんですね。
最後はトランペットが後ろの席まで突き刺さり、ホルンも全員立ち上がって(←いつ立ったか見てなかった)、フィナーレの「歓喜の終末」へ。
すさまじい迫力の演奏と気持ちいい幕切れで、万雷の拍手が沸き起こりました。


下野竜也さんは要チェックな指揮者だと認識した公演でした。もちろん大満足。
次のベトベンは6/4、つい先日当選通知が来たTV公開収録。
再びの読響と炎のコバケンがおくる[ベト7]とあって、前聴いたのとはまた違う演奏が聴けそうなので楽しみです。
スポンサーサイト

ポカポカ陽気の日でした。
最高気温28℃、そろそろ大学にも冷房を入れて欲しい季節になってきました。


●今回のメンバー
鈴木良雄(ベース)、海野雅威(ピアノ)、セシル・モンロー(ドラムス)

「正しい」ジャズ。これぞジャズ。
ピアノトリオならではのしっとりと聴かせる演奏が「大人な」感じ。

リーダーの鈴木良雄さんがまた渋いおじさまでした。
いるだけで圧倒的な存在感。
演奏も派手にガンガンかき鳴らすというよりは、音数は少ないながらも一音一音魂を込めて弾いている。
その気持ちを込めた音が観客席に届きます。
まさに「ベテランベーシスト」という言葉が当てはまるお方ですね。
同じベーシストといっても井上陽介さんとは全然違う演奏でした。

御歳61歳でジャズ界のリーダー的存在らしい。
ネットで調べていたら、タモリさん等と新レーベルを立ち上げていたらしい。実は1学年違いなのね。
そのアルバム第一号が鈴木良雄トリオの物とのこと。

そして、脇を固める2人も実力派。

ピアノの海野さんはキレイな音でした。
こちらも派手ではなく「聴かせる」演奏。
左手のバッキング・右手の速い時の動き方・別の曲からのメロディーの借用など、アドリブのお手本みたいな音の動き。
特にベース・ピアノデュオでの「for you」の演奏は素晴らしかったですね。

ドラムのセシル・モンローさんは音のキレがいい!
先週の「Kids meet jazz!」でも本当は彼がドラムスだったとのこと。なるほどナットク。
トリオの雰囲気に合わせて大人しくしていたように見えました。
アドリブでは全開にしているところもありましたが。

曲はスタンダート・オリジナル混ぜこぜ。
軽快でノリノリな「マイルストーン」が特に印象に残ってます。


ジャズバーで彼らの演奏を聴いたらさぞかし良いんだろうな、と思わせるトリオでした。
ベースがリーダーだとバランスがいいですね。

たまには、コンサートについてではなく私自身のことを書きましょう。


6月にエレクトーンの大会(発表会?)「エレクトーンステージ」に出ます!!

エレクトーンは小学生の時からダラダラ続けてるんで、私の数多い趣味の中でも年数だけは一番長いでしょう。

今でも週一でレッスンを受けています。

もっとも、ピアノに比べるとかなりマイナーな鍵盤楽器なので存在を知らない人も多いかも知れません。


弾く曲は「My favorite things」

映画「サウンド・オブ・ミュージック」で超有名な曲ですが、TV番組や「そうだ京都へ行こう」のCMなど色々なところで使われていますね。

ただし、原曲のイメージとはかなりかけ離れたアレンジ。


ノリノリのビッグバンド・ラテンジャズです。

“熱帯JAZZ楽団”のスコアを買って、CDアルバムの音に近くなるように作っていきました。

実際に熱帯ジャズのCDを聴いてもらえればよく分かりますが、

非常に明るくて、ノリノリで、うるさいアレンジです。まさに熱帯。

私のキャラに合わないと言われそうですが、実はアップテンポな曲の方が好きだったりします。


これまでの1つの集大成として、かなり力を入れていて、一から曲のアレンジをしています。

具体的には、

曲決め→エレクトーン用に編曲・譜起こし→リズムを打ち込む→音を作る→ひたすら弾きこむ

といったことを全部自分でコツコツとやってました。

曲探しは1月に始めたので、かれこれもう半年になります。

市販の楽譜を買えばこんなことはしなくていいんですが、弾きたい曲の楽譜がなかったので。




人がたくさん見ている舞台で弾くのは4年振り。

久し振りなので今からかなり心配です…。

今回はかなり期待していたグループ。
というのも、「ヴィレッジヴァンガード」にCDが平積みされていたから。「アニジャズ」の横あたりにPOP付きで。
この店の本・CDを選ぶセンスはかなり良いのでよく参考にしています。
そして、今回もそれは裏切られなかったわけで。


●メンバー
ゴンザレス鈴木(パーカッション・プロデューサー)、CHAKA(ボーカル)、宇川彩子(タップ・ダンス)、原朋直(トランペット)、スティーブ・サックス(サックス・クラリネット・フルート)、ユキアリマサ(ピアノ)、佐藤慎一(ベース)、加納樹麻(ドラムス)


「おなじみの曲をおしゃれなジャズで。子供も大人も同時に感動できるライブを。」
というコンセプトの通り、自然にノレて、楽しめたライブでした♪

↓ちなみに曲目はこんな感じ
・聖者の行進
・ラブ
・星に願いを 
・ABCの歌~きらきら星
・ドレミの歌
他数曲

ここまで有名曲ばかりだと、どうアレンジするか聴くのが面白い。
アドリブが短めだったのが少々物足りなかったですが、「聴きやすさ」を求めるなら致し方ないのでしょう。
一番良かったのは、「星に願いを」のトランペット&ピアノですね。
ホールに響き渡る音色がイイ♪


途中「L-O-V-E発音練習」や「観客全員起立→タップで演奏参加」などの趣向も。
NHKだからノリはイマイチでしたが、子供が多い時のライブならさぞかし盛り上がるでしょう。

演奏のレベルも高かったですね~。楽しそう。
間近で見てると相当な余裕がうかがえました。
特に原朋直さんのトランペット。上手いね~。
大概トランペットのキンキンした音を聴くとものすごく不快になるんですが、原さんの場合そういうことはなかったです。

ボーカルのCHAKAさんもなかなか。
アンコールの「It don't mean a thing」では、ノリノリで「デュワデュワ」やってました。

あと、ジャズライブにタップというのが斬新で面白かったですね。
パーカッションの一種と言えばそれまでですが、何しろライブだと目の前で踊っているので迫力が違います。
ピアノとの掛け合いのところなんか目が離せませんでした。


ジャズをあまり聴いたことがない人でも楽しめるライブでした。
来週のライブは一転正統派です。

前回の神奈川フィル定期からはや2週間。
GWがあっという間に終わり、やる気が出ず気だるい日々を過ごしています。


「さすがシュナイトさん!」
この一言に収斂される、期待に違わない演奏会でした。


さて、今回は演奏会に先立ちロビコンがありました。
誰が来るのかと待ってたら、コンマス石田さん登場♪
挨拶もソコソコに、ピアソラ「タンゴ・エチュード4番・5番」
なんか聴いたことがあるな、と思っていたら、4番の方は2月にアートホールの“石田泰尚の一人舞台”で聴いてました。
最初はざわついていましたが、5番に入った頃には雑音がなくなってました。
その後に母の日が近いということで「我が母に教えたまわれし歌」を。
これも前聴いたし。好きなのかな?


●メンバーと曲目
指揮:ハンス=マルティン・シュナイト
演奏:神奈川フィルハーモニー
ヴァイオリン:米元響子

ブラームス/ヴァイオリン協奏曲二長調作品77
ブラームス/交響曲第2番二長調作品73


ブラームス。2曲とも有名な曲らしい。
過去に私がオケで聴いたことがあるのは、読響の「ハンガリー舞曲」(全曲) だけなので、楽しみにしてました。


まずは「ヴァイオリン協奏曲」
米元さんがキラキラした服で登場。
演奏はかなりしっかりした音で、ロビコンでの石田さんの細くて渋い音とだいぶ違う。
この曲に限って言えば米元さんの音の方が合ってる気がしました。

第1楽章は、大空を鳥が飛んでいく情景みたいな感じ。
弦が張り詰めた音を出し、のびのび、雄大なメロディー。協奏曲っぽくなかった。
米元さんの弓が切れてて、キラキラ光ってるのが気になってました。
第2楽章は遅くて、眠くなっていましたが、第3楽章で一気にテンポが上がり眠気が吹っ飛ぶ。
というか一気に早くなりすぎじゃないの? ヴァイオリンが何とかついて行っている感じ。
やっと協奏曲っぽくなったとも言えるけど。
この勢いで一気にフィナーレへ。


そして、「交響曲第2番」 
シュナイト&神奈川フィルコンビの現時点での集大成。よくまとまってました。
弦楽器の音の洪水の素晴らしさはもちろんですが、管楽器の音が昨年より安定している気がしました。
オーボエ・フルート・クラリネット・ホルン首席のソロがけっこう多いし。
主題のメロディーが楽器から楽器にどんどん引き継がれていくところが多いんですが、これは逆にどこかでヘマをしたらすぐにばれるということ。
本番ではスムーズに受け渡ししてましたが、練習はさぞかし大変だったんだろうなー、と思います。
2・3・4月の「音楽堂シリーズ」の“パート特訓”で、シュナイトさんにしごかれた成果が出ているのでしょう。
いや、むしろシュナイトさんがこれまで楽団員を鍛えてきたのは、この曲に向けてだったのか?

ハイライトは第4楽章、迫力があって思わず身を乗り出してしまいました。
“強”と“弱”の対比が極めて大きく、瞬時に切り替える。
全員の息があってないとうまくはいかないでしょうね。
シュナイトさんは“静”、現田さんは“動”なのでどっちにも対応できるのは実証済みでしたが、1曲の中でこんなに表情をコロコロ切り替える神奈川フィルは初めて。
シュナイトさんもあちこちで「もっと音を出せ」の指示を出してました。指示が見えるのがRA席の面白いところ。
フィナーレなんか弦が切れるんじゃないかっていうぐらい、これでもかこれでもかとガンガン音を出していました。
あの迫力には身動きすらできませんでしたね。

演奏終了後は満場の拍手、「ブラボー」「ヒュー」の嵐!
観客が本当に心からの拍手をしてました。
3回目に出てきた時(かな?) シュナイトさんがオケに立つように指示しても、オケが座ったままで、さらに拍手が大きくなる場面も(^^)
シュナイトさんあってこその今回の名演奏です。


演奏会のあとに定期会員の交流会がありました。
私は誰とも喋ってませんが…。
シュナイトさんの長めのスピーチ(もちろんドイツ語) 肉声を聴く機会がほとんどないんですよね。
一応ドイツ語を少々やってのでリスニングに挑戦しましたが、ほとんど分かりませんでした。
小泉元首相にも来てほしいという話もしてましたね。



さて、しばらく神奈川フィルを聴く予定なし…。
6/2・3も8/11・24も無理そうなので…。
でも、今年神奈川フィルの演奏を聴いた回数を数えてみたら、今回が7回目でした。
けっこう聴いてるな…(コンマスソロをいれれば8回目)
今後は、読響・N響・新日本フィル・東京シティフィルと色々なオケを聴いていくつもりです。

ゴールデンウィークは完全に音楽から離れていました。
けっこう忙しかったですし。
国際フォーラムで色々やってたらしいですが、いくら手軽に見れるコンサートといっても、私にとってはチケットが割高だったので行きませんでした。
そのかわり、7月のサマーフェスタミューザはちゃっかり発売日に押さえておきました! 今年は学生券があったので。(1000円!)
東京の北側を拠点にしている楽団の演奏はなかなか聴けないので、楽しみです。
もっとも、川崎という微妙な場所の悲しさから、まだまだ空きがあるようですが…。

そういや、今日神奈川フィル定期会員へのハガキが来てました。
今度の金曜の定期演奏会後に、交流会をするらしいです。
場所がどういうところなのかよく分からないんですが、無料だし突っ込んでみましょう。
当日、1人でうろうろしている学生がいたら、たぶん私です。

syllable

Author:syllable
出身:横浜
在住:三重→兵庫→三重(現在)
クラシックを中心にジャズやJ-POPなどを聴いています。
神奈川フィルを応援してます!

04 | 2007/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。