FC2ブログ
2007 / 11
≪ 2007 / 10 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2007 / 12 ≫

近頃めっきり寒くなってきました。
みなとみらいにもイルミネーションが多くなってましたね。
18時半の開場の時に、ホール前のシンギングツリーで、ちょうど音楽が始まってました。
そんなのはどうでもよかったので、無視してさっさとロビコンへ直行しましたけど(笑)

今回は山本さん&米長さんの低音デュオでした。黒木さんは珍しく不在のようです。
山本さんの作った曲を演奏。「ラヴィンバロック」って何?
また、「今日のチェロの山崎さんは恩師なので…」という話もしてました。というか、話したのはほぼそれだけ。曲の解説はないの?
ブログにも書いていたし、今日は張り切っているんですね。


●メンバーと曲目
指揮:広上淳一
演奏:神奈川フィル

ピアノ:アブデル・ラハマン・エル=バシャ
ヴァイオリン:堀米ゆず子
チェロ:山崎伸子
オルガン:室住素子


ベートーヴェン/「コリオラン」序曲
ベートーヴェン/ピアノ、ヴァイオリンとチェロのための三重協奏曲ハ長調作品56
サン=サーンス/交響曲第3番ハ短調作品78「オルガン付」


思ったより席が埋まっているのは、やはり有名曲だからでしょうか。
前来たのが、9月の現田さんのだったのでよけい対比が目立つ。
チューニングが終わって、甲高い笑い声が聞こえたと思ったら広上さんの登場。声響きすぎ。


1曲目から神奈川フィルの音が妙なことに気付く。
みんなやたら必死じゃない? 特に弦セクション。特に小宮さん。
迫力ある音を出そうとする意思がひしひしと伝わってきました。
広上さんがそういう方針なのでしょう。

曲は、「間」の途切れがいい感じで、ドラマチックな曲でした。「序曲」っぽい。
残響が案外サッとひくのも意識的にやっているのでしょう。


2曲目はソリスト3人登場の変わった編成。
チェロ出だしの1音目で感じたこと、「たしかにこの人、山本さんの師匠だ…。」
どう言えばいいか分からないけど、目指す方向性が同じ気がする。
古川展生さんとかのポピュラー系チェリストとは違う方向という意味で。

特に第3楽章の掛け合いが面白かったです。
3人もいると、あっち行ったりこっち行ったりで忙しい感はありましたが。


そして、ラストはサン=サーンス。やたら有名な曲らしいですが、聴いたことはありませんでした。
第2部、パイプオルガンが通奏低音を出している上で、弦がメロディーを奏でるところなんか不思議な曲想で面白いと思いました。
「サン=サーンスならではの教会風の楽想」とのこと。
他の楽器もけっこうバトン回しが多くて、退屈しませんでした。
第4楽章の盛り上がりは凄かった。オルガンとシンバルがガンガン鳴らされる。
テンポアップしてどうなるかと思ったら、最後の1音をグイーッと引っ張って終了。

広上さんの指揮は見てて本当に分かりやすい。どこの音が欲しいかがよく伝わってくる。
名物のジャンプもちゃんと見れました(笑)
某漫画の指揮者のモデルになるのもうなずけます。


終演後の拍手で、広上さんがオケを立たせようとしたのに、石田さんが笑顔で座ったまま→オケ全員が広上さんに拍手という場面も。
本当に、今回の演奏会は、指揮者広上淳一あってのものでしょう。
この人の指揮はいつも外れなしですね。



さて、今年の神奈川フィルはこれでおしまい。次は1月。
3月のシュナイト音楽堂シリーズが発売になりましたが、今から楽しみですね。シュナイトさんが「田園」!
メンバーの何人かはもう1回見る機会はあるんですけどね(^^)
スポンサーサイト



syllable

Author:syllable
出身:横浜
在住:三重→兵庫→三重(現在)
クラシックを中心にジャズやJ-POPなどを聴いています。
神奈川フィルを応援してます!

10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -