FC2ブログ
2008 / 05
≪ 2008 / 04 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 2008 / 06 ≫

3連続の最後は弦楽四重奏。


「驚くべき完璧さ」と評され、「間違いなく室内楽の最高のアンサンブルのひとつ」と称えられるアルバンベルク四重奏団。
今年の7月に解散してしまうらしく、今日の公演はラストツアーの一貫。

名前を知ったきっかけは、CD店でベートーヴェンの弦楽四重奏全集を探してたら、POPのオススメ文があって値段も手ごろなのがあったのでつい買ってしまったこと。
買った後で調べてみたら、実はものすごい人たちだと判明。良い買い物でした。
ついでに今日のコンサートのことも知り、さっそくチケットを購入して楽しみにしてました。

ちなみに2月には既に学生席が満席。
一般席も、音楽堂という不便な場所にも関わらず早い段階で売り切れになってしまったというおそろしい公演。


●メンバーと曲目
ギュンター・ピヒラー(第1ヴァイオリン)
ゲルハルト・シュルツ(第2ヴァイオリン)
イザベル・カリシウス(ヴィオラ)
ヴァレンティン・エルベン(チェロ)


ハイドン/弦楽四重奏曲ト長調 op.77-1
ベルク/弦楽四重奏曲 op.3
ベートーヴェン/弦楽四重奏曲第15番イ短調 op.132


あらかじめ満席とは分かっていたものの、音楽堂が隙間なく満杯になってる情景は異常事態としか思えない。
拍手の大きさに改めて驚く。

ゲルハルト・シュルツ氏がメガネを忘れて取りに行くというトラブルもありましたが、すぐにスタート。

最初のハイドンは肩慣らしといったところでしょうか。
正統的な古典派の曲で安心して聴けました。


次は一気に20世紀に飛んで、ぜんぜん違う雰囲気に。
荒波の中を進んでいくような、不安定な曲。
何しろ無調。聴いてる方は面白いですが、作る側はさぞかし大変でしょう。
調性が音楽の基盤としてどれだけ重要か再認識できます。

楽器で互いに語り合っているかのように曲をつないでいく。
時々特殊奏法なのかキーキー音も使用。

音はすごく大変そうなのに、あっさり弾いているように見えるのが謎です。


古典を重視しつつ、20世紀の曲も積極的にこなすという姿勢がよく分かる前半でした。


後半は、十八番のベートーヴェン後期四重奏曲から第15番。
もちろんCDを何回も聴きこんでおきました。


演奏に関しては素晴らしいとしか言えません。


とりわけ第3楽章。ここは特に生で聴いてよかった!
15分近く静かな曲想が続くので寝るかと思ってましたが、心配ご無用。
出だしの「感謝の歌」から一気にホールの空気を支配。
力強い「新しき力」と共に、とてものんきに寝てられるような場面ではありませんでした。
「最も深い情緒を持って」の演奏ってこういうものなんだと思いました。


アンコールは同じくベートーヴェンから弦楽四重奏曲第13番の第5楽章。
なるほどという選曲。
最後は静かにでした。

演奏後の拍手の嵐+スタンディングがすごいことに。
外に出ると、サイン会の列もすごいことに。
ロビーが一杯! 演奏は終わったのに大変な一仕事がまだ残ってたんですね。
鞄に家からCDを忍ばせておいたので、紛れ込もうと画策してたんですが、電車の時間が迫っているので後ろの方は無理だろうというアナウンス。
席がはるか後方だったので仕方がないことです。
まあ別にいいかと雨の中を帰ってきました。
スポンサーサイト



syllable

Author:syllable
出身:横浜
在住:三重→兵庫→三重(現在)
クラシックを中心にジャズやJ-POPなどを聴いています。
神奈川フィルを応援してます!

04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31