2009 / 02
≪ 2009 / 01 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 2009 / 03 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近忙しいので、コンサートから遠ざかってました。
自宅でCDを聴くだけではモヤモヤ。
今日は予定が空いたので、当日券狙いで川崎へ。


●メンバーと曲目
指揮:飯森範親
演奏:東京交響楽団

ピアノ独奏:岡田博美


シューベルト/イタリア風序曲第2番
リスト/死の舞踏
マーラー/交響曲第7番「夜の歌」


マニアックな曲ばかり。その割には意外との客の入りは良かったような。
マーラーはド派手だから好きだって人が多いんですかね?

ラストが重い重い曲なので前半は短め。

そういえばシューベルトチクルスだったね、の序曲でウォーミングアップ。
1st2ndヴァイオリンが指揮者を挟んで向かい合わせ、コントラバスは最後列にズラッと並ぶ現代的な配置。
ヴァイオリンの横幅が広がるので、普通よりもステレオ的に音に包み込まれる感じでした。
コンマスはニキティンさん。高木さんはその横でした。

2曲目は+ピアノ、出だしから低音連打、そして鍵盤上を駆け巡る。
岡田博美さんの演奏を今日初めて聴きましたが、見た目地味かと思いきやなかなかすごいお方でした。
独奏部が多く超絶技巧ばかりでやってることはすごい一方、大変さを感じさせないで余裕でサラッと弾いている。
静かなところも丁寧に弾いているし。
なぜあまり名前を聴かないのでしょう?
短めの曲ながら、密度は非常に濃い曲でした。


休憩挟んでいよいよマーラーへ。
予定演奏時間80分…。この長さはさすがマーラー。
やはり長かったです。

飯森さんは思う存分振っているようでした。
構成が変で不安定な印象を受ける曲なので、指揮するだけでも大変そうです。

印象深いのは第2楽章、2つの緩徐楽章「夜曲」のうちの1つ。
メロディアスなマーチにのせて、夢の世界へご招待。
カウベルがカラコロ鳴るのも面白い。
そして、あまりにも聴きやすい第5楽章は確かに違和感がありました。
解説で色々書いてありましたが、私はショスタコーヴィチの「革命」的なものを感じました。

この曲はMVPはホルン首席の方でしょう。
目立つソロが非常に多かったですが、そつなく吹いてました。
終演後、拍手がとりわけ大きくなったのは当然ですね。


自分では普段聴かないような曲を聴けたという意義のあるコンサートでした。
スポンサーサイト

神奈川フィル第2ヴァイオリン首席であられる小宮直さん。
他の弦首席に比べ影が薄いパートですが、オケの大黒柱でしょう。
そして、この人がコンサートでオケにいないところを見たことがありません。

そんな小宮さんがなんとソリストとして演奏する!!
これは行くしかないでしょう。
ということで、かながわアートホールへ行ってきました。
今回企画した人の素晴らしき慧眼に感謝です。

●メンバーと曲目
ヴァイオリン:小宮直
ギター:坪川真理子

パガニーニ/チェントーネ・ディ・ソナタ第4番
シューベルト/ピアノとヴァイオリンのためのソナタ
ジュリアーニ/協奏風大二重奏曲

バッハ/無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第2番よりアルマンド(Vnソロ)
作者不詳/禁じられた遊び(Gtソロ)
タレガ/アルハンブラの思い出(Gtソロ)
クライスラー/愛の悲しみ・美しきロスマリン
ピアソラ/「タンゴの歴史」より、娼窟1900・ナイトクラブ1960
サラサーテ/チゴイナルワイゼン


ヴァイオリン&ギターのデュオという珍しい編成。

前半は真面目なクラシックっぽい曲目、
後半はわりあいポピュラーな曲目という構成。

小宮さんがすらっと立ちメロディーを弾いている姿は、見るだけでも貴重な光景! ロビコンで少し演奏するぐらいですから。
スタイルいいですね~。

前半は小宮さんの低音を堪能させていただきました。
ヴァイオリンというとキンキンする高音こそが華というイメージがありましたが、こういう渋めの低音の魅力もまた良し。

休憩後のバッハ無伴奏がかなり弾きこんでいる印象で、おおっ!と思いました。
得意曲なのでしょう。
ごまかしがきかない曲であるがゆえにきっちり弾いてるのがよく分かりました。

ここから坪川さん・小宮さんともに衣装を変えて後半戦。
小宮さんのトークも舌が回ってきました。
クライスラー・ピアソラ・サラサーテも小宮さんの手にかかるとこれまでとは違った印象で迫ってきました。
雰囲気に流されず丁寧に弾いているのがなかなかいないタイプですね。

アンコールはファリャ「はかなき人生」よりスペイン舞曲
全曲終って肩の力が抜けたのかノリノリで演奏してました。


こういう神奈川フィルファン好みのコンサート、今後も期待してます。

syllable

Author:syllable
出身:横浜
在住:三重→兵庫→三重(現在)
クラシックを中心にジャズやJ-POPなどを聴いています。
神奈川フィルを応援してます!

01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。