2011 / 01
≪ 2010 / 12 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2011 / 02 ≫

20110123ヤングプラハin東京ガラコンサート

全曲チェコばかり!しかも3時間たっぷり!
すごくマニアックでチェコ漬けになったコンサートでした。
作曲家の名前こそ知っていてもほとんど聴いたことがない曲ばかりでしたが、チェコ独特の民族性を感じられて面白かったです。

会場は昨年11/21にオープンしたばかりの渋谷区文化総合センター内のさくらホール。
セルリアンタワーの裏にいつの間にか建物がそびえ立ってました。
最上階にはプラネタリウムもあるそうです。


●曲目とメンバー
マーハ/無伴奏合唱曲集「ラシェスコ地方のヨーデル」
ヤナーチェク/女声二部合唱曲集「民俗夜曲」
マルチヌー/クラリネット、ホルン、チェロ、小太鼓のための四重奏曲
[ペトル・ヴァシェーク(クラリネット)、カテジーナ・ヤヴールコヴァー(ホルン)、寺田達郎(チェロ)、山本晶子(パーカッション)]

ドヴォジャーク/ピアノ三重奏曲第4番「ドゥムキ」より、第1楽章、第6楽章
ドヴォジャーク/マズレック
ドヴォジャーク/ユモレスク
スーク/ヴァイオリンとピアノの為の「4つの小品」より、第4曲「ブルレスケ」
スメタナ/ポルカ「ピルゼンの思い出」
ドヴォジャーク/「バラード」

ヤナーチェク/弦楽四重奏曲第1番「クロイツェル・ソナタ」
[ロマン・フラニチカ(ヴァイオリン)、黒川侑(ヴァイオリン)、中村洋乃理(ヴィオラ)、トマーシュ・ヤムニーク(チェロ)]
ヤナーチェク/コンチェルティーノ
[松本和将(ピアノ)、ペトル・ヴァシェーク(クラリネット)、カテジーナ・ヤヴールコヴァー(ホルン)、吉村涼(ファゴット)、ロマン・フラニチカ(ヴァイオリン)、黒川侑(ヴァイオリン)、中村洋乃理(ヴィオラ)]

・アンコール
スメタナ/モルダウ


ドヴォルザークって“ドヴォジャーク”が正確なチェコ読みなんですね。綴りはDvo?akですし。
なぜドヴォルザークになったのでしょうか?英語読みとか?

さて、合唱からヴァイオリンソナタ、三重奏、四重奏、七重奏と多種多様。
全部取り上げるのも大変なので、特に印象に残ってるところを。

・マルチヌーの四重奏曲。
ピアノもヴァイオリンもいなくて、小太鼓がいるという珍しい構成。面白い。
小太鼓がタカタカ鳴ってると、ストラヴィンスキーの兵士の物語を連想させる。
無調っぽいだし、さすが20世紀音楽。

・ヤナーチェク/弦楽四重奏曲第1番「クロイツェル・ソナタ」
まさかの今月2度目となった疾風怒濤の弦楽四重奏曲。
今回はソリスト寄せ集めカルテットのためか、みんなてんで勝手に自由でノビノビした演奏でした。
弦楽四重奏曲なのに調和が重んじられていない感じの曲なので、この方が合ってる様な気がします。

・ヤナーチェク/コンチェルティーノ
要するにピアノ協奏曲なんですね。この曲は。
松本和将さんが全てを持っていきました。
ホルンとのデュオ、クラリネットとのデュオで始まって、どんどん音が増えていくのも面白い。
スポンサーサイト

20110122神奈川フィル第268・269回定期

2010年度聖響マーラーチクルスも折り返し地点。
聖響マーラーを聴くのは4月の第3番以来なので、9ヶ月振りですか。
この人のマーラーは良い!と思ってるので期待のシリーズです。

ちなみに座席は完売だったらしい。
モーツァルト効果?マーラーではないでしょう。


●メンバーと曲目
指揮:金聖響
演奏:神奈川フィル

コンマス:石田泰尚

ピアノ:菊池洋子
ソプラノ:大岩千穂


モーツァルト/ピアノ協奏曲第27番
マーラー/交響曲第4番


前半は、菊池洋子さんをお迎えして、モーツァルト最後のピアノ協奏曲。
有名な曲ですが、意外にも演奏会で聴くのは初めてでした。20番、21番、23番は聴いてたんですが。

ピアノがとにかくコロコロ音が転がります。
軽やか軽やか。音がサーっと流れていきます。
モーツァルト弾きのピアニストの演奏ってこんな感じなんですね。
ラフマニノフとかをガンガン弾いてる人とは全然違う。


後半は、マーラー。
CDだと、鈴のシャンシャンシャンシャン♪と独奏ヴァイオリンがやたら印象に残る第4番。
実際に見てると、他の楽器も色々やっててかなり大変そうなんですけど。
特に、ホルンの森さんとクラリネットの斉藤さんが見せ所が多かったですね~。

コンマスはもちろん石田泰尚さん。
この曲でコンマスが違う人だったら前半で帰ってたかもしれません。

縦横無尽の活躍でした!

特に、音をずらしているヴァイオリンに持ち替えての第2楽章のハインの独奏は絶品。
これほど心揺さぶられる演奏が出来る人はなかなかいないでしょう。
そして、他の楽章でもかなりソロがあったんですね。
終演後はもちろん圧倒的な拍手が贈られました。しかも2回!

聖響さんは体を大きく動かし、指揮台の手すりにつかまりながら全身全霊の指揮。
えらく力が入ってました。落ちないかヒヤヒヤ。
最後はコントラバスで静かに終わって数秒の沈黙に。
聖響さんも言ってましたが、雰囲気ぶち壊しの拍手がなくてホント良かった(^^)



終演後は、新年初めの演奏会ということでロビーで乾杯式。
酒を飲みながら、話を聴いたりCDを見たりブラブラ。
昨年5月の聖響「復活」のCDも売ってましたが、スタンプ集めりゃ貰えるので放置。
ということで、シュナイト音楽堂シリーズの名演である「四季」を購入。
石田さんが出てくればサインを貰おうと思ったのに、来なかった…。お疲れだったのでしょうか、残念。
シュナイト四季


ホールを出て勝手に応援する会の新年会へ。
美味しい横浜ビールをたらふく飲んできました(^^)
横浜ビール綱島桃エール


20110116東京フィル「新世紀への序章」

今年で東京フィルが100周年!
1世紀も続くとはすごいことです。その1番手を飾る記念すべき演奏会。

「東京フィル100年寿ぐ」というテーマで大野和士さんが企画し、委嘱作品やプロコフィエフなど近現代の意欲的な曲目を並べました。
しかし、その大野さんが突然の降板となり、急遽渡邊一正さんが代振りすることに。
その告知が出たのが11日なので、演奏会初日の13日まではほとんど時間がない!
これだけ厳しい状況で、しかも大野さん降板で絶対に叩かれる展開になると分かってるのに、渡邊さんも良く引き受けたと思います。
エライ!それだけは言っておきましょう。

さて、全国的に雪が降っていた日曜日。なんでセンター試験の時ってこうなるんでしょう?
東京は雪こそ降らなかったものの最高気温6℃だったそうで、朝寒くて起きてしまいました。
こんな日にコンサートはピッタリだと思います。


●メンバーと曲目
指揮:渡邊一正
演奏:東京フィル

ヴァイオリン:竹澤恭子

コンマス:荒井英治


望月京/むすび
バーンスタイン/セレナード
プロコフィエフ/交響曲第5番op.100


席は3階の最前列でした。

1曲目は望月京さんの“東京フィル100周年記念委嘱作品”
雅楽の響きを基に様々な音楽が提示され結ばれていく、というような作品らしい。
双調の調子(音階で表すとソ・ラ・シ・ド・レ・ミ・ファ・ソ)という、長調でも短調でもない音階がベースになってるせいか、無調音楽っぽい。
最初は空虚5度っぽい2音がずっと響いてたし。どこへ行くか分からず音がフワフワ漂い、ずっと落ち着かない。
その中に、ピッコロが篳篥みたいな吹き方をしたり、お囃子の旋律が出たりと、西洋の音で日本のメロディーを異化し続ける。
そんなところに、西洋の音楽を極東の日本で演奏し続けてきた東京フィルの紆余曲折の100年間を表現したというところでしょうか?
現代音楽にしてはやりたいことが分かりやすい作品ではないかと思います。
もっともイビキも聴こえてましたけど。

2曲目はヴァイオリンの竹澤恭子さんを迎えてバーンスタイン。管楽器がいない珍しい形式のヴァイオリン協奏曲。
竹澤さんは以前神奈川フィルの定期演奏会で聴いて好印象だったお方。
今回も堂々かつソフトな演奏を聴かせていただきました。
管楽器がいないせいか良く調和していたように思います。


そしてメインのプロコフィエフ。
無難に無難に平板に安全運転という演奏でした。
ソ連の音楽なんだから色々ヒネリを入れたら面白そうなんですが、まあ仕方がないでしょう。

さて、何といってもオケの皆さんがとにかく奮闘。
記念の演奏会ということでオケがフルメンバーだったのでしょう。
難しいソロパートがたくさんあったのに、皆さん見事に演奏していました。
私の記憶に残るほどのミスがほとんどなかったのはかなり凄いのではないかと。
最後にチェロの皆さんへ拍手が贈られましたが、他の木管・金管の首席それぞれにも拍手をしたかったです。

ちなみにブラボーはなかったです。この平板な演奏ではさすがにねぇ…。

20110114ピアノジャック20110114風神雷神

このブログにしては、かなりテイストの違うライブへ行ってきました。
ピアノとカホンの2人組バンド、→Pia-no-jaC←
ジャンル的にはロックになるのでしょうか?
オリジナルに加え、クラシックやゲーム音楽のアレンジもあるなどかなり守備範囲は広い。

雑貨屋のヴィレッジヴァンガードへ行ったことがある人は必ず聴いたことがあるでしょう。
逆に言うと、行かない人はまず知らないみたいですが…。

会場は渋谷のライブハウスMt.RAINIER HALL。ユニクロの上にライブハウスがあったとは知りませんでした。
ワンドリンクでスパークリングワインを飲んで、ライブハウスとは思えないほどゆったりしたイスでゴロゴロ開演を待ってました

5日間連続公演の3日目。毎日コンセプトが変わり、今日の公演は3rdアルバムの「風神雷神」とのこと。
→Pia-no-jaC←を最初に聴いたのがこのアルバムだったので楽しみでした!

このアルバムの代表曲「台風」はこんな曲です↓




●メンバー
→Pia-no-jaC←
ピアノ:HAYATO
カホン:HIRO


楽しかった!凄かった!暑かった!
ぶっ通しの2時間半があっという間!
2人だけとは思えないスケールの大きな演奏でした!

ピアノのHAYATO、なんであんなに指が動くの?
しかも、それを客席を見ながらやってのけるもんだから摩訶不思議ワンダーランド。ただすごいとしか言えません。
汗をダラダラ流しながらのパワフルな演奏でした。

カホンのHIRO、あんなに音のバラエティがあるとは!
カホンだけでも叩き方や叩く場所で表情が全然変わる。長めのソロパートでもとめどない音の洪水で全然飽きることがなかったです。
色々なアイテムも出てくるし。波の音を出したり、ホイッスルやパフ♪とか。

演奏中は客席をすごく意識していて、一体感を作ろうとしてました。
手拍子をうながすのはもちろん、演奏中に饅頭を食い始めるとかの遊び心も(^^)
ストリート出身だからこそのきめ細かい気配りですね。
あと、演奏はもちろんですが、トークの掛け合いも面白かったです。さすが関西人。


曲目は、セットリストの順番を正確に覚えてないので思いつくままに感想を書いていきます。

最初の曲は「花火 〜HANABI〜」でした! 暗闇の中を紋付袴の2人が登場して、バラードからの立ち上がり。
じゃあ「台風」は最後か?と思ったら2曲目でもう登場。
やっぱりこの曲はカッコイイ!
続いてアルバムと同じく「Time limit」へ。このつなぎは固定なんですね。

この後は、他のアルバムからもたくさん曲を!


・クロノトリガーの超超名曲「風の憧憬」
えっ、FFじゃなかったの? と思ってたら「love SQ」の第2弾に収録されるとのこと。
クロノ曲の中で1番好きな曲なのでうれしい予想外でした。
CDが発売されたら要チェックですね。

・うさぎDASH
うさぎ年ですからね。自然とウキウキしてくる曲です。

・それでも猫は追いかける
→シャカシャカ大作戦袋なんて物が売ってたのね。気づかなかった…。

・CROSSBEAT(s)
→たしかアンコールでした。ピアノパートの右手がどう動いてるのか見てても良く分からない。


あっという間の2時間半でした。
これぞライブ!来たかいがありました(^^)

東京フィルのホームページを見てビックリ!

↓以下引用

【急告】指揮者変更のお知らせ
当公演に出演を予定しておりました指揮者・大野和士は、体調不良のため出演が不可能となりました。代わりまして、渡邊一正が指揮することを謹んでご案内申し上げます。曲目の変更はございません。
 大野和士は、昨年から今年にかけ新国立劇場「トリスタンとイゾルデ」に出演しておりましたが、最終日(1月10日)の公演終了直後、医師より2月いっぱいの加療と安静が必要と診断されました。
 なお、指揮者変更によるチケットの払い戻しはございません。
 何卒ご了承賜りますようお願い申し上げます。

↑引用ここまで

行った人は皆が絶賛していると言っても過言ではない「トリスタンとイゾルデ」
私も行きたかったんですが結局チケットが取れず…。
でも、ぜひ一度演奏を聴いてみたいと思い、東京フィルで振る公演があるということでチケットを確保したわけです。
それがこんな事態になってしまうとは…。
公演終演後に倒れたということはさぞかし無理をされていたのでしょう。
じっくり休んでください!

あぁ~、せっかく大野さんを見れるチャンスだったんだけどな~。
さて、代振りの渡辺さんってどんな人なんだろう?

20110108クァルテットエクセルシオ


新年最初のコンサートは弦楽四重奏。
演奏は、あちこちで名前を見るのに演奏に接する機会に恵まれなかった弦楽四重奏団クァルテット・エクセルシオです。

「音楽と文学の対決」というテーマでヤナーチェクのクロイツェル・ソナタがテーマ。
慶應大学の課題授業の集大成として行われるコンサートだそうです。
太っ腹にも無料!さすが慶應!!
14時開始、休憩を挟んで16時過ぎに終了と、有料でも問題ないほどのクオリティのコンサートでした。

会場は日吉駅からすぐの協生館にある藤原洋記念ホール。
こんなところにタリーズコーヒーやパブがあったんですね。日吉は結構行くのに知りませんでした。穴場です。
ぶらあぼ1月号にも告知があったので定員オーバーになるかもと早めに行きましたが、そこまでではなく見やすい席が取れました。
事前予約の列もありましたが、当日の列ですんなり入れました。

●メンバーと曲目
「クァルテット・エクセルシオ」
第1ヴァイオリン:西野ゆか
第2ヴァイオリン:山田百子
ヴィオラ:吉田有紀子
チェロ:大友肇

モーツァルト/弦楽四重奏曲第7番
ヤナーチェク/弦楽四重奏曲第1番「クロイツェル・ソナタ」
シューベルト/弦楽四重奏曲第14番「死と乙女」


プレトークでは、学生とクァルテットの皆さんによる解説や授業の感想など。
クァルテットも4人も授業に参加して議論したそうで、深い見方が得られたとか。
ただ、結局授業を通して具体的に弾き方が変わったのかは良く分からず。
主人公の男の名を呼んでいるように聴こえる旋律、など興味深い話があったので、そこを踏み込んで実演があれば尚良かった。


さて、1曲目はモーツァルト。
1772年作曲の初期弦楽四重奏曲ということで、シンプルで聴きやすい曲。
弾く方も聴く方もまずはウォーミングアップというところ。
いきなりヤナーチェクは大変なことになりますからね。

2曲目がメインのヤナーチェク。
出だしから悲壮感がムンムンで何が始まるんだとソワソワさせられます。
安定がなく不協和音だらけでずっと不安定。20世紀音楽ですね~。
激情的な素早いパッセージがあったり、キーキー音があったり、微妙にメロディーをずらしながら演奏したり。
1人1人がバラバラに弾く場面ばかりで、これはムズそうです。
アイコンタクトがバチバチ交わされてましたが、良く音が合うものです。
こういう曲をキチンと弾けることこそが上手いクァルテットの証なのでしょう。


休憩を挟んでシューベルトへ。演奏時間40分以上の大作です。
ロマン派なのにやけにキッチリしたソナタ形式の曲だなと思って聴いてたら、「死と乙女」は1824年作曲なので実はベートーヴェンがまだ存命。
弦楽四重奏曲では第12番を作曲した頃なので、13~16番でソナタ形式を解体していくより前なんですね。
「クロイツェル・ソナタ」に続きこちらも死の匂いがプンプンしています。
ただ、こちらは古典派的な形式の中での悲壮感なので、聴いてる方も楽でした。
最近CDも出された曲ということで、完璧な演奏でした。

これだけたくさん演奏したのに、なんとアンコールも!
ボロディンの弦楽四重奏曲第2番より第3楽章(ノクターン)を。
心が洗われるキレイなハーモニーに包み込まれました。

後から気付いたんですが、コンサート全体を通して18世紀後半、19世紀前半、19世紀後半、20世紀前半と見事に全時代を網羅してました。
なんと教育的なプログラムでしょうか!
普及活動にも積極的だというクァルテット・エクセルシオの姿勢がこんなところにも見られますね。
これからも精力的に活動してもらいたいものです。

明けましておめでとうございます。


今年は、大学を卒業し、4月から横浜を離れて名古屋の方へ引っ越すことになるので、環境がかなり変わります。
音楽を聴ける環境もかなり変わりますね。首都圏の演奏会密度に改めて驚かされるばかり。
悔いが残らないようにアチコチ聴きに行っておきたいと思ってます。

あとは、過去の名演をCDで聴くということを全然していなかったので、少しは知識を入れておかないとな、と。
山のようにCDが発売されていてどこから攻めるか途方にくれています。

ちなみに、新年の初聴きはコチラ。

アルバンベルク四重奏団全集

福袋で買ったワインを飲みつつ、1番好きなベートーヴェン/弦楽四重奏曲第15番などをゴロゴロ聴いておりました。

2011ワイン福袋


2011年もよろしくお願いいたします。

syllable

Author:syllable
出身:横浜
在住:三重→兵庫→三重(現在)
クラシックを中心にジャズやJ-POPなどを聴いています。
神奈川フィルを応援してます!

12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -