2012 / 02
≪ 2012 / 01 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 - - - 2012 / 03 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このブログでは演奏会の感想ばかり書いてますが、喫茶店巡りも大好きなのです。
しかも名古屋は喫茶店天国!モーニングもある!
ということで、演奏会に限らず名古屋へ出かける時は、モーニングを中心に精力的に巡っていました。

引っ越してきてから10か月も経つので、行った店をリストアップしてみました。

↓コチラ。(☆オススメ)

コンパル 栄
シャポーブラン 名駅
メトロカフェ 金山
☆ブラジルコーヒー 金山
ぶらうん 金山
むらやま 名駅
静 金山
ゴーヤの花 金山
☆jazz YURI 栄
☆CAZAN珈琲店 御器所
☆☆白壁カフェ花ごよみ 白壁
純喫茶 ライオン 栄
☆加藤珈琲店 久屋大通
☆コメダ本店 名古屋近郊
ガロンコーヒー NHK店 栄
☆支留比亜中野橋店 名古屋近郊
☆☆囲碁カフェkosumi 新栄町
☆猫のまほう 伏見
カフェボンジュール 伏見
☆☆KAKO 花車本店 名駅
☆なみこし茶家 中日ビル店 栄


10ヶ月で計21店。けっこう行ってますね~(^^)
これだけ行ってれば評価も付けられるだろうということで、勝手に点数付けしてみました。
結果、満点になったのが次の2店。

①「白壁カフェ花ごよみ」(白壁)
参考(http://nagoya.xtone.jp/archives/hanagoyomi.html
盛りだくさんの和風モーニング。冷やし茶漬けが美味!

白壁カフェ花ごよみ


②「KAKO 花車本店」(名駅)
店HP(http://www.coffeekako.com/shop.html)
名古屋で行った中で一番珈琲がおいしかった!手作りジャムも美味です。

KAKO珈琲 花車本店

この2店は特に再訪したいですね~。

今後もどんどん喫茶店を巡るつもりなので、ブログ記事に書いてくかもしれません。

[番外編]「囲碁カフェ kosumi」(新栄町)
http://kosumi.web.fc2.com/
囲碁が好きなら1度行ってみてください(^^)
スポンサーサイト

20120204名古屋フィルJAF演奏会


3週連続名古屋フィルも3週目。
シューベルト、マーラーと来てワーグナーでラストでございます。

●メンバーと曲目
指揮:飯守泰次郎
演奏:名古屋フィル

ピアノ:田部京子

コンマス:日比浩一


ワーグナー:歌劇『ローエングリン』第1幕、第3幕前奏曲
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第4番
ワーグナー:歌劇『リエンツィ』序曲
ワーグナー:楽劇『トリスタンとイゾルデ』前奏曲と愛の死
ワーグナー:楽劇『ニュルンベルクのマイスタージンガー』第1幕前奏曲

(アンコール)エルガー:威風堂々


JAF会員向けの演奏会。無料ではありませんが、チケットが通常の半額で買えるというのは非常に大きい!
しかもメンバーと曲目が魅力的!

「飯守さんのワーグナー」

↑これだけでチケットを申し込む理由には十分。奮発してS席を購入です。
また、ピアノ協奏曲が超ポピュラーでうんざりしている第5番『皇帝』じゃなくて、第4番というのもプラスポイント。
企業主催のコンサートと言えば、たいてい名曲路線で面白みのないプログラムですが、JAFは違いました。評価アップ!

席はビッシリ満員!普段クラシックを聴いてない方も多いようでした。
そう考えると、演奏の充実度の割に拍手のノリが少々悪かったのは致し方ないでしょう。
今日の公演で、クラシック音楽が好きな人が増えるといいですね。


さて、日本におけるワーグナー重鎮の飯守氏。
期待に違わず骨太で重厚な演奏で、ワーグナーの音楽の雄大さを存分に堪能することができました!
もちろん、指揮者の要求に応えられるオケの面々の力量は言うまでもありません!
特に、チェロとコントラバスが活躍!
低弦群がフルパワーでドッシリと曲を支えていたことが、今日の名演に大きく貢献していると思いました。
飯守氏が以前(93~98年)名古屋フィルの常任だったのは初めて知りました。オケの勝手が分かっているというのは大きなメリットでしょう。

飯守氏の重厚さが1番分かりやすかったのが、ベートーヴェンのピアノ協奏曲。
序奏のピアノソロの後にオケが登場しますが、ドッシリ重量級!
割合軽やかなイメージしかない曲だったんですが、こんな演奏があるとは!
一方、ピアノの田部京子さんは緑のドレスで登場し、軽やかで華やかな演奏を聴かせていただきました。
大ホールより室内楽の方が似合いそう。
実際、弦楽四重奏との共演も意欲的に行っているそうです。
重厚オケvs軽やかピアノの対照が面白かった演奏でした。

ワーグナーの曲はどれも素晴らしかったですが、1つ選ぶなら『トリスタンとイゾルデ』でしょう。
どこへ行こうとしているのか分からない独特の不安定感。
そして、溜まったストレスが解放されてパーッと景色が開ける様。
完全に演奏に引き込まれてしまいました。
経験の裏付けが桁違いです。

アンコールはまさかの威風堂々。
あれ?テーマは“ドイツ音楽の神髄”じゃなかったっけ?
私の予想は「ワルキューレの騎行」だったんですが、主催者からの要望でしょうかね?
(→帰ってネットで調べたら、JAF演奏会では定番のアンコール曲のようです。)


大満足の演奏会でした!
3週間連続の名古屋フィルが終わってしまいましたが、次の名古屋フィルは未定…。
2月定期は行く気なしなので、3月定期が候補です。
ちなみに、来年度定期シーズンは5月、6月、7月、10月、1月、2月、3月を購入予定。4月は考え中。
これだけ行く気なら定期会員も検討すべきなのかもしれませんね。

syllable

Author:syllable
出身:横浜
在住:三重→兵庫→三重(現在)
クラシックを中心にジャズやJ-POPなどを聴いています。
神奈川フィルを応援してます!

01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。