2012 / 06
≪ 2012 / 05 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2012 / 07 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20120617ロイヤル・フランダース・フィル


これだけ内容が充実したマーラー5番は初めて!
派手な演奏ではなくじっくりしたアプローチ。
終演後の満足感はトップクラスでした。
指揮のワールト氏の構想、そしてそれを支えるオケの実力あってのことでしょう。


2日連続でコンサートという至福の週末を過ごしていました♪
今日は桑名へ。
主催は岡田文化財団という「三重県における芸術・文化の発展と振興」に携わっている団体で、一言でいうとイオンの財団。
無料招待チケットの抽選に申し込んだら見事当選!
何しろ日頃からイオンに貢献してますから!
今日も、感謝の意を込めて桑名イオンで買い物してからコンサートへ向かいましたとさ。

桑名市民会館は予想外に新しい建物でした。2007年にリニューアルしたそうです。

●メンバーと曲目
指揮:エド・デ・ワールト
演奏:ロイヤル・フランダース・フィルハーモニー

ヴァイオリン:森彩香

メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲
マーラー:交響曲第5番

前半はいわゆる“メンコン”
四日市出身の森彩香さんがピンクのドレスで登場。
落ち着いたワールト氏のタクトに導かれ、若々しいまっすぐな演奏を聴かせてくれました!
四日市から世界に羽ばたいてください!

前半も悪くはなかったんですが、何しろ後半のマーラーが圧倒的だったので印象が薄くなってしまったのは否めません。申し訳ないです。


後半は舞台が楽団員ですし詰めになって、いよいよマーラーへ。
さて、この名演をどう文章に表現しましょうか?

私のメモ書きには、「遅め」「音は抑えめ、バランス気配り」「テンポそんなに揺らさない」「丁寧に全部の音を出している」というワードが。

要するに地味でした。
マーラー5番というとドラマティックな演奏が多いですが、それとは対照的。

しかし、ただの地味でつまらない演奏で終わらないのがワールト氏のすごいところ。
興奮させない分、ギッチリと濃縮した演奏。
何となく聴き逃していた箇所でも、裏で別の楽器がこんなフレーズ弾いてたんだと気付くこと多し。
おなじみの第4楽章もBGM的な演奏ではなく、深い音楽になっていました。
最初は物足りないかなと思っていたのに、いつの間にか演奏に引き込まれて、フィナーレに向けてジワジワと高まってきます。
最後に抑える必要が無くなって全合奏となった時に解き放たれるパワーがものすごいことに!
客席は大興奮。1F客席に至っては全身を使って拍手をしていました!


これも、演奏を支えるオケの実力が合ってのことでしょう。
まず弦のアンサンブル。
早い箇所でも合ってて、複数のメロディーが進行する箇所でもそれぞれの旋律がくっきり聴こえました。
練習ではかなり力を入れたことでしょう。

管楽器も安定感抜群。
第1楽章冒頭のトランペットは見事に決まり、木管群もソロをキッチリ吹いてくる。
でも今日のMVPは何といってもホルン首席の女性でしょう!
ソロで活躍する場面がすごく多いこの曲で、ほぼミスなしで吹ききっていました。
楽団HP見る限り、おそらくMichaela Buzkovaさん。
終演後は指揮者と同じかそれ以上の拍手をもらっていました。


終演後の演奏を聴いた感がたまらない!気持ちよく帰途へつきました♪
さあ、明日からまた仕事頑張ろう!


・おまけ
youtubeにオケのプロモーション動画がありました。
Promofilmpje tournee Japan
スポンサーサイト

20120616名古屋フィル第392回定期「ある東欧の物語」


やはり下野さんの演奏会は当たりしかない!
チェコ関係の曲で歴史を辿る意欲的なプログラム。
悲劇的な出来事から触発された作品を聴いて、戦争と平和について深く考えさせられました。
アンコールはバッハのコラールで、こう来るとはさすがです。

梅雨という1年で最も嫌な時期になってしまいました。今日は雨でドンヨリとした天気。
演奏会も今日の天気のようにスカッとする曲目ではなく、戦争と平和について深く考えさせられる内容でした。
もちろん下野さん&名古屋フィルの充実した演奏だったからこそですよ!

テーマはチェコ。
周辺の大国に翻弄されてきた歴史を音楽で辿って行く、というコンセプト。
チェコというとドヴォルザーク&スメタナの国民楽派のイメージが強いですが、そこには留まらず珍しい曲目が並んでいます。
何しろ、指揮が下野竜也さんですからね。
そして、知らない曲が並んでいても、必ず楽しめるプログラミングとなっていることは、これまで聴いた演奏会で立証されています。
今回も、メイン曲のフスという作曲者は全く知りませんでしたが(吹奏楽ではすごく有名らしい)、とりあえずチケットは即買いしておきました(^^)

●メンバーと曲目
指揮:下野竜也
演奏:名古屋フィル

スメタナ:交響詩『ブラニーク』
モーツァルト:交響曲第38番『プラハ』
マルティヌー:リディツェ追悼
フス:プラハ1968年のための音楽

・アンコール
バッハ:おお人よ、汝の大いなる罪を嘆け


これだけマニアックな曲目なのに、席はボチボチ埋まっていました。

1曲目は『わが祖国』のラストを飾る『ブラニーク』から幕開け。
出だしでいきなりトランペットがコラールのメロディー「♪タタタータ」を高らかに演奏。
今日の演奏会のテーマメロディーです。
ブラボーおじさんもいて、まだ1曲目とは思えない盛り上がりでした!

2曲目はモーツァルトへ。
一応「プラハ」という標題はついているものの今回の曲目からは浮いている気がする1曲。
ヤナーチェクなら自然な流れだと思うんですけど。
深い意味があるのか、名曲による客寄せのためなのか。私にはわかりません。

演奏は私のイメージよりジックリした演奏。
特に第3楽章は軽やかにサラサラ流れていくイメージが強かったのですが、今回の演奏では音を1つ1つ丁寧に出しているという印象でした。
演奏会のコンセプトに合わせたアプローチだったのでしょうか。
それとも下野さんのモーツァルトってこんな感じなのでしょうか。

ここで休憩。前半までは割合明るめの方向性。後半からは暗くなってきます。

まずはマルティヌーのリディツェ追悼。
ひたすら重かったです。
何しろ村を丸ごと虐殺した事件がテーマですから…。
底が見えない絶望がひたすら迫ってくる曲でした。
家で1人で聴いたらどんどん気が沈んでいくことでしょう。

そして、ラストの「プラハ1968年のための音楽」
圧倒的!特に第4楽章。
第3楽章までで溜まりに溜まったエネルギーが最後で爆発!
レジスタンスのメロディーとそれを弾圧する軍隊のメロディーのぶつかり合いのすさまじさといったら!
フサが曲に込めた怒りがこれでもかと伝わってきました!

印象深かったのは打楽器だけの第3楽章。
鐘やマリンバなどが街の様子を描写する中で、スネアドラムのロールが近づいてくる軍隊を描写する…。
よくもまあ打楽器だけでこれだけ不安な描写をしようと思いついたなと。

下野さんには万雷の拍手!オケからも拍手!
そんな中、下野さんから一言。

「帰っちゃダメ!」

おいおい、これだけ圧倒的な演奏の後に何を持ってくるんだ?
と思ってたら、バッハ! 
コラールによる救済と来ましたか。
絶望に打ちひしがれていた心に一筋の希望を見出して締めるという粋な演出でした。

5月、6月と名古屋フィルは注目公演が続いていますが、7月も聴き逃せません。
何しろ次期常任のブラビンス氏の登場ですから!
田野倉さんのコンチェルトも楽しみです!

久々のスケジュール更新です。

行きたい演奏会が多すぎて、7月は毎週末予定が入ってしまいました(^^)
夏はアチコチで音楽祭をやってるので、どこかへ遠征も検討中。
次号の「ぶらあぼ」をくまなくチェックしますか。

(2012/6/9更新)

・6月
◎6/16(土)名古屋フィル 第392回定期「ある東欧の物語」(愛知県芸術劇場)
[New!]◎6/17(日)ロイヤル・フランダース・フィルハーモニー(桑名市民会館)
→チケット当選。岡田文化財団さまさまです。
[New!]△6/21(木)川久保賜紀&上原彩子デュオ(四日市市文化会館)
→行けるかは残業次第ですね。

・7月
◎7/7(土) 名古屋フィル第393回定期「アーサー王の城」(愛知県芸術劇場)
△7/14(土)エルデーディ弦楽四重奏団(宗次ホール)
◎7/15(日)名古屋マーラー音楽祭 第2部演奏会「千人の交響曲」(愛知県芸術劇場)
◎7/21(土)山本裕康チェロリサイタル(宗次ホール)
→CD「情景」も買いたい♪
◎7/29(日)NHK交響楽団演奏会(四日市市文化会館)
→わざわざ四日市まで来てくれるからには聴きに行きましょう。

・8月以降
△9/1(土)名古屋フィル四日市公演 with 森麻紀(四日市市文化会館)
○10/13(土)名古屋フィル第395回定期「おとぎの国の風景」(愛知県芸術劇場)
○10/23(火)ポルノグラフィティ 12th ライヴサーキット(四日市市文化会館)
△10/27(金)四日市JAZZフェスティバル前夜祭
△11/3(土・祝)ラデュ・ルプー(しらかわホール)
△11/23(金・祝)神奈川フィル第285回定期演奏会(みなとみらいホール)
△2013/1/27(日)樫本大進&コンスタンチン・リフシッツ(しらかわホール)
○2013/2/16(土)名古屋フィル第399回定期「マザー・グースの国から」(愛知県芸術劇場)
○2013/3/30(土)名古屋フィル第400回定期「名フィル定期400回の物語」(愛知県芸術劇場)

syllable

Author:syllable
出身:横浜
在住:三重→兵庫→三重(現在)
クラシックを中心にジャズやJ-POPなどを聴いています。
神奈川フィルを応援してます!

05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。