2014 / 02
≪ 2014 / 01 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 - 2014 / 03 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20140223兵庫芸文オケ第67回定期「ピカソと音楽」

井上道義さんの演奏会はいつも聴くだけでなく観るのも楽しい!
今回はピカソというテーマでバラエティ豊かな曲を聴かせて頂きました。
チェロの大御所である堤剛さんの入魂の演奏も存分に堪能。

●メンバーと曲目
指揮:井上道義
管弦楽:兵庫芸術文化センター管弦楽団

チェロ:堤剛
ヴィオラ:ダニール・グリシン

コンマス:豊嶋泰嗣


サティ : パラード
R.シュトラウス : 交響詩「ドン・キホーテ」
ビゼー : アルルの女 第1・第2組曲
(アンコール/エスパーニャ・カーニ)

ステージ上で目を引いたのがワインボトル。
何だこりゃ!?と思ったら、楽器編成には「ガラスビン14音」。棒で叩いてました。
他にも福引きのガラガラやタイプライターやピストルや…。
これが全部1曲目パラードの楽器。
おもちゃ箱を単にひっくり返すだけに留まらず、みんながそれで遊び始めてしまったようなドンチャン騒ぎの曲でした。

美術と衣装はピカソ、台本はジャン・コクトー、そしてバレエは「春の祭典」で有名なバレエ・リュス。
しかし、音楽は現代人の耳には案外聴きやすく、「春の祭典」ほどの前衛っぷりは感じませんでした。
アクション映画に使われていても違和感無いですが、何せ作曲は97年前の1917年。
相当ヘンな曲なのは間違いない。
これがバレエ音楽だというから驚きです。
解説を読んでもどんな振り付けかだったのか良く分からなかったので、道義さんに踊ってほしかった(笑)


2曲目はドン・キホーテ。
日本クラシック界の大御所である堤剛さんと、OEKのグリシンさんのご登場。
そして、裏ソリストのコンマスは豊嶋さん。

堤剛さんが予想外に熱い方でした!
顔を真っ赤にして全身揺らしながらグイグイ引っ張る入魂の演奏。
温厚なイメージだったので演奏時のギャップにびっくり。
ドン・キホーテになりきって、1人でオーケストラ相手に戦っているようでした。
本来はオケに1人で無謀な戦いを挑むという構図なのですが、この人なら勝ってしまいそうです。

特に、圧巻だったのはフィナーレの死の床での回想。
長年技術を磨き続けたヴェテランならではの、万感の思いを込めた説得力ある演奏を堪能させて頂きました。
演奏者のみならず教育者としても日本のクラシック界を牽引している方ですので、若手オケであるPACにも良い刺激を与えた演奏会となったことでしょう。


休憩を挟んで「アルルの女」。
メヌエットやファランドールは超有名ですが、意外に全曲聴くのは初めて。
個人的には、第1組曲の「アダージェット」が美しい旋律でお気に入りに。
アルトサックスの出番も結構多いんですね。

注目のメヌエットのフルートソロを演奏したのはゲスト首席の寺本さん(都響主席)でした。
思ったより長いソロでしたが華麗に吹き切ってました!
終演後真っ先に拍手が送られたのも当然でしょう。


アンコールはフラメンコのリズムでエスパーニャ・カーニ!
手拍子も湧きおこり、道義さんらしいフィナーレでした。
スポンサーサイト

20140211 フライブルク・バロック・オーケストラ

バッハって楽しいんだ!
そう思わせてくれた楽しい演奏会でした。
各人の妙技はもちろん、アンサンブルもピッタリ!
300年前の宮廷での演奏が再現され、現代でも聴けるというのも良く考えてみれば凄い話です。


一般的に、バッハというと宗教音楽で眠くなる曲ばかりというイメージがあります。
しかし、ブランデンブルク協奏曲は貴族献呈用に作曲されたので聴いてて楽しくなる曲ばかり。
しかも、6曲それぞれが個性的で色々な楽器にスポットが当たるので飽きません。

曲の雰囲気はドラゴンクエストの「城」の音楽みたいな感じ。好きな人にはオススメします。
また、ほぼ全ての楽器にソロが回るという点では、ジャズのビッグバンドにも似てる気がします。

さて、演奏はフライブルク・バロック・オーケストラ。
HPによると、フライブルク音楽大学の学生が集まったのが始まりらしいです。
フライブルクというと環境首都や路面電車というイメージが強いんですが、こんなオケもあったんですねー。


●メンバーと曲目
演奏:フライブルク・バロック・オーケストラ

バッハ:「ブランデンブルク協奏曲」全曲
(第1番、第6番、第2番、第3番、第5番、第4番)
[アンコール/テレマン:ヴァイオリン、オーボエ、ホルンのための協奏曲より"ジーグ"]

場所:兵庫芸術文化センター 大ホール

意外にも大ホールの席がほとんど埋まっていました。
古典派やロマン派と比べてマニアックな曲だと思うんですが、愛好家っているところにはいるものですね。
ただ、年齢層はいつになくお高めでしたが…。

さて、演奏はというと非常にスッキリ。
余計な飾りをせずにストレートにバッハの音楽を表現しているようで好感が持てました。
もっとも、言い換えればごまかしが効かないということで、技量に自信があるからこそできることでしょう。
ただ、音が小さくて良く聴こえない箇所がチラホラ。
そもそも大ホールで演奏するような曲ではないのでしょう。


6曲それぞれ良かったのですが、特に印象に残ったのは3番と5番です。

3番は弦楽合奏&チェンバロという編成。
メロディーの淀みない受け渡しがすごかった!
9人の弦楽奏者間で、メロディーが目まぐるしくあっちへ行ったりこっちへ行ったり。
同じヴァイオリン内でも1人1人違う楽譜を見ている始末。
バッハもまあ難しい曲を作ったものです。

でも、指揮者がいないのに、何でこんなにアンサンブルがピッタリ合うの?
このオケの職人芸にお見事!でした。


5番は第1楽章のチェンバロの大活躍が有名な曲。
鍵盤楽器なのに音数が多すぎて、メロディーが波打っていたほど。
ちなみに、3番と5番はチェンバロ奏者が交替してました。
そのぐらいエネルギーを使うのでしょう。

第2楽章はヴァイオリン、フルート、チェンバロの心落ち着く美しいトリオ。
そして春が来てピョンピョンしたくなるような第3楽章。
魅力たっぷりで、5番が6曲中人気No.1というのも納得でした。

アンコールは、ホルンやオーボエも合流してテレマンの曲でした。
大人数で賑やかに幕が下りました。


古楽という普段聴かないジャンルを敢えて聴きに行ってみましたが、なかなか面白いジャンルだと思いました。
これからはアンテナを張ることにします。

syllable

Author:syllable
出身:横浜
在住:三重→兵庫→三重(現在)
クラシックを中心にジャズやJ-POPなどを聴いています。
神奈川フィルを応援してます!

01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。