2016 / 06
≪ 2016 / 05 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - 2016 / 07 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20160627 神奈川フィル+名古屋フィルジョイントコンサート

まさに夢の共演でした!
出身地オケの神奈川フィルと、現住地オケの名古屋フィルが、ジョイントするなんて!
どちらのオケもたくさん聴いている身としては、ずーっと楽しみにしていた演奏会でした。

20160627 編成表 (1)

↑この編成表の顔ぶれを見て、演奏前からもうワクワク!
気配りがありがたい資料です。
ほぼすべての楽器で、2つのオケのトップ奏者が勢ぞろいして、この演奏会への双方の本気度が伺えます。

この"かなごやフィル"をまとめるのは川瀬さん。出光音楽賞も受賞して、今イケイケの指揮者です。
共演は、カワケン兄さんが両方のオケのポジションを担っていることがきっかけということでしたが、今日を迎えるにはなんと2年も準備期間が必要だったとか!
事務局の方々のご苦労も相当なものだったとのことで、本当にありがとうございます。


●メンバーと曲目
指揮:川瀬賢太郎
演奏:神奈川フィル+名古屋フィル (かなごやフィル 命名by山本裕康さん )

ピアノ:菊池洋子

コンマス:日比浩一(前半)、石田泰尚(後半)


モーツァルト:ピアノ協奏曲第21番
ショスタコーヴィチ:交響曲第7番「レニングラード」

(アンコール)チャイコフスキー:バレエ「白鳥の湖」よりフィナーレ、大人数ver.



<ピアノ協奏曲>
・菊池さんの軽やかなピアノの美しさ!
・ただ協奏曲よりは室内楽タイプ? カデンツァのソロ演奏が美しい。
・フルート山田さんの音色に耳を傾けてしまいました。


<レニングラード>
・舞台に130人!あふれんばかりの光景が圧巻!
20160627 公演風景
↑(名古屋フィルさんのtwitterより)

・押し寄せる音の大波にただ溺れていました。
・大人数にも関わらず2つのオケが一体に! 派手なところで破綻しないだけでなく、静かなメロディーの箇所でも音のウネリや表現の方向性が揃っていました。
・特に弱音の弦楽演奏がキレイ! 特に、チェロとコントラバスの低弦がしっかり曲を支えていました。
・ティンパニーの神戸さんが乱舞!それでいて1音1音がクリアに届くのはさすが!やはりこの人は日本トップのティンパニストです。終演後のロビー評ではかなりの人数の名古屋人が射抜かれていたようです。
・コンマス石田さん、第1楽章のソロ!短かい箇所ですが、針に糸を通すような高音の美音でオケを一気に引き締めていました。
・フルート富久田さんが魅せます。特に、第1楽章の派手な「戦争の主題」が収まるフッと静かになった箇所で1本立ち上るメロディーが極上でした。
・ピッコロ寉岡さん、第1楽章の大ソロがお見事!
・金管、正面を固めるだけでなく、バンダにも森さん・井上さん・府川さんという首席揃い踏みという豪華さ。音が厚い!


<アンコール>
・ど派手!爆音!130人が全力で白鳥の湖という聴いたことが無い体験でした。カワケン兄さんらしいセレクション。


非常に楽しい演奏会でした!
また共演してくれないかな。

スポンサーサイト

syllable

Author:syllable
出身:横浜
在住:三重→兵庫→三重(現在)
クラシックを中心にジャズやJ-POPなどを聴いています。
神奈川フィルを応援してます!

05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。