2017 / 07
≪ 2017 / 06 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2017 / 08 ≫

20170701ハーゲンクァルテット

前々から楽しみにしていた公演です!

知らない弦楽四重奏団だけど何か良さそうだなと思って、とりあえずチケットを購入。
その後、実はCDを持っていたことが判明しました。

230053567.jpg


今から27年前の1990年録音、ベートーヴェン16番とシューベルトの「死と乙女」のカップリング。
BOX56枚セットの中の1枚だったので、演奏者を全く意識していませんでした…。

それほどの格の弦楽四重奏団ということで、twitterを見る限り東海地方のクラシック好きがかなり集まっていそうでした。
残念ながらどなたも面識が無いので顔は分かりませんが、ロビーでの会話を聞く限りオーケストラの公演よりもコアな聴き手が多そうでした。


●メンバーと曲目
演奏:ハーゲン・クァルテット
 1stヴァイオリン:ルーカス・ハーゲン
 2stヴァイオリン:ライナー・シュミット
 ヴィオラ:ヴェロニカ・ハーゲン
 チェロ:クレメンス・ハーゲン

ハイドン/弦楽四重奏曲第78番「日の出」
ベートーヴェン/弦楽四重奏曲第16番
ショスタコーヴィチ/弦楽四重奏曲 第3番


豊田市コンサートホールは初。
というか豊田市駅を降りるのが初めて。
IMG_4443.jpg


11Fという立地で眺めが良いのがイイですね。帰りのエレベーターは詰まっていたけど…。
ホールも程よい大きさで、これなら弦楽四重奏もアリ。


プログラムは弦楽四重奏の大家3人を時代順に演奏していくという直球な内容。

前半はハイドンとベートーヴェン。安心して聴けるお二方。
意外と柔らかい音の四重奏団でした。
ストラディヴァリウス×4台だからなのか、奏法だからなのかはよく分かりませんが、キンキンやられるよりは好み。
そして、4人の音が文字通り溶け合っている息のピッタリさがすごい!
1人1人の音の印象がそれほど残っておらず、そこにあるのは4人の音楽のみ。
それほどに4人共演奏水準が高いのでしょう。


後半はショスタコ。前半とはガラッと雰囲気が変わります。
相当な難曲のようなのに苦もなく弾いていくこの4人。
肌がヒリヒリするほどの不協和音だらけ、しかも好き勝手弾いてるのかと思うほどにパート毎に全然違う動きをし始める。
それでも要点では4人がビッシリと合わせるのは驚嘆するのみです。

カッコいい第3楽章も、内省的な哀しみの第4,5楽章も、感情過多ではなくクールな演奏。
こういう演奏でこそ、作曲者が音符にこめた想いが伝わってくるような気がしました。

アンコールは、シューベルト/弦楽四重奏曲 第14番 「死と乙女」の第3楽章でした。
7/2に神奈川の県立音楽堂で演奏するんですね。


弦楽四重奏は“調和”の音楽ということを、堂々と実演で納得させられたすごい演奏会でした。
個性が出るので好きな弦楽四重奏ですが、世界トップクラスもチャンスがあれば聴いていきたいです。
チラシを見てると、豊田市はコンサートホールも能楽堂も面白そうな公演がたくさんありますね。
ホールがもっと自宅に近ければ…、と思うばかりです。
スポンサーサイト

syllable

Author:syllable
出身:横浜
在住:三重→兵庫→三重(現在)
クラシックを中心にジャズやJ-POPなどを聴いています。
神奈川フィルを応援してます!

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -