FC2ブログ
2018 / 10
≪ 2018 / 09 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - 2018 / 11 ≫

20181027 チック・コリアソロピアノ (1)

豊田市コンサートホールへ、大好きなジャズピアニストであるチック・コリアの演奏会に行ってきました。
今年度のラインナップが発表された時に、チック・コリアの名前を見た時から楽しみに楽しみにしていた演奏会でした。

20181027 チック・コリアソロピアノ (2)

20181027 チック・コリアソロピアノ (3)


●メンバーと曲目
ピアノ:チック・コリア

第1部
モーツァルト/ピアノ・ソナタ第12番より第2楽章
ガーシュウィン/サムワン・トゥ・ウォッチ・オーヴァー・ミー
ショパン/24の前奏曲 op.28より第4番
ジョビン/ヂザフィナード
スクリャービン/24の前奏曲 op.11より第2番
スペンサー・ウィリアムズ/ベイズン・ストリート・ブルース

第2部
コリア/イエロー・ニンバス
ミュージック・ポートレート「マリさん」
ミュージック・ポートレート「ケンさん」
即興ゲーム:デュオ「カナコさん」
即興ゲーム:デュオ「ヤスアキさん」
コリア/チルドレンズ・ソング 1,2,3,4,9,10,12

アンコール
ロドリーゴ/アランフェス協奏曲 第2楽章より
コリア/スペイン


いやー、楽しいライブでした❗️
クラシックのアレンジもオリジナル曲もとにかく弾く音がキレイだし、アレンジも凝ってるし、さすが巨匠。
ソロだからダレるかもという一抹の心配も、実演では全く問題無かったです。
ちなみに靴はNIKEでした。

前半は、クラシックと別ジャンルの曲の"パッケージ"を3セット。
モーツァルトとガーシュウィン、ショパンとジョビン、スクリャービンとブルース。
曲の変わり目で、ジャンルが変わるに伴って演奏の"色"が変わる感覚が面白い。
お気に入りはジョビンのお洒落なアレンジ。

後半は自由気ままな感じでした。
「後半はお気に入りの作曲家の曲を演奏します。それは私です。(観客笑い)」
「チルドレンズ・ソング」はほっとする曲もあれば、ピアノの弦を弾きだす曲もあったり。

観客を楽しませる趣向もたくさん。
まず何よりトークがたくさん。
「お祖父さんの子供が多くて、みんな集まるとすごい人数になって、そこでやってたゲームをこの会場でやってみます」
ということで、その場で観客に挙手を募って飛び込みでの即興デュオ。
女性と男性の方が演奏されてましたが、度胸も演奏力もチックコリアとの息の合わせ方もすごかったです。

そして、アンコールは「スペイン」、大大大好きな曲で嬉しい❗️
カッコよくて鍵盤弾きには憧れの曲ですよね。
その前に弾いてくれた「アランフェス協奏曲」もすごく良かったです。

70才超とは思えないバイタリティ溢れる演奏会でした。
今後もお元気に演奏を続けて欲しいものです。
スポンサーサイト

20181021 パンフ表紙

近鉄四日市駅前で行われた四日市ジャズフェスティバルに行ってきました。
結構なメンツも出演するのに、なんとすべて観覧無料!

20181021 両手に花

20181021 Vee-jay


●1組目「両手に花」
ボーカル:金子マリ
ボーカル:小川見潮
ピアノ:渋谷毅

大人のムードむんむんの御三方で恋の歌などを堪能。
英語の歌だけでなく、あえて日本語に訳した歌もあったり。
最後はお2人で名曲"What a wonderful world"でした。

会場は雰囲気の良いジャズライブハウス VEE JAY。
観客が多過ぎて満席であわや入れないところでしたが、まさかのカウンターに入れて頂いての立ち見に。
これもレアな体験ですね。
入るのは今日が初めてでしたが、次はちゃんとライブチャージを払って席に座って聴きに来たいと思います。

20181021 fox_capture_plan

20181021 fox capture plan 2
(下の写真は公式twitterより)

●2組目「fox capture plan」
ピアノ:Ryo Kishimoto
ベース:Hidehiro Kawai
ドラムス:Tsukasa Inoue

今日の本命。
カッコいいロックなジャズ。
テンポや拍子が揺れながら、止めどなく流れるピアノの奔流。
ベースとドラムスもピッタリ合わせてきてすごい!
生演奏だとyoutubeと違ってベースの音もちゃんと聴こえるのが良いですね。これ大事。
ディレイとかイコライザー(?)のようなエフェクトもガンガン使って、ピアノトリオとは思えない音色の豊かさだったのも面白かったです。

2017年にサマソニに出たそうですが、さぞかし盛り上がったことでしょう。
屋外のGarden Stageだったとのこと。ノリノリのスタンディングでも聴いてみたいですねー。

↓特に演奏がすさまじくて印象にのこっているのがこの曲。
https://www.youtube.com/watch?v=gT1-Mi-PsdA


(fox capture plan 公式twitterより)
1.Greatest Blue
2.We are Confidence Man
3.Theme from Quartet
4.衝動の粒子
5.Liberation
6.Butterfly Effect
7.LIFE
8.Because of you
9.Capturism
10.エイジアン・ダンサー

20181021 市原ひかり

20181021市原ひかり2


●3組目:「市原ひかりカルテットfeat.土岐英史」
トランペット:市原ひかり
ピアノ:宮川純
ベース:清水昭好
ドラムス:横山和明
アルトサックス:土岐英史

金管2人とも聴いてて落ち着く暖かい音色で、全体のバランスが良い演奏でした。
土岐さんは初めて聴く方でしたが、このタイプなら市原さんと組むのも納得。
そして、市原さんはピンク髪!最後にお姿を見たのは5年も前の2013年だし、見た目のインパクトがかなりありました。
ピアノの宮川純さん作曲の「Waltz for Ms.Baker」はお気に入りで繰り返し演奏しているそう。

20181021 MHJO


最後のアンコールでは、ベテラン勢と若手勢の特別編成でそれぞれ1曲ずつ。
ベテラン勢は、金子マリさん、渋谷毅さん、土岐英史さんを中心としたメンバー。
若手勢は、「市原ひかりカルテット」と「Miki Hirose Jazz Orchestra」を中心としたメンバー。
それぞれ、フェスらしいごちゃまぜぶりで大団円となりました。

終わったのは20時半過ぎ。
会場が屋外でどんどん冷えてきて、演奏を聴いてるうちは良かったんですが、終わると急に肌寒さを感じました。

20181013 名古屋フィル第461回定期~ゲーテ『ファウスト』~

●メンバーと曲目
指揮:小泉和裕
演奏:名古屋フィル
共演:中部フィル

第1ソプラノ:並河寿美
第2ソプラノ:大隅智佳子
第3ソプラノ:三宅理恵
第1アルト:加納悦子
第2アルト:福原寿美枝
テノール:望月哲也
バリトン:宮本益光
バス:久保和範

合唱:グリーン・エコー
合唱:名古屋市民コーラス
合唱:名古屋混声合唱団
合唱:一宮第九をうたう会
合唱:名古屋シティーハーモニー
合唱:クール・ジョワイエ
児童合唱:名古屋少年少女合唱団

コンマス:後藤龍伸


マーラー:交響曲第8番『千人の交響曲』


土曜公演は完売!
名フィル定期では初めて取り上げる曲だそうですが、よくもまあ聴きやすいとはいえない長い曲でチケットが売れるものですね。
物好きと合唱団の関係者が多いのかも。自分も物好きの1人ですが(笑)

20181014 舞台写真

↑写真は名古屋フィルTwitterより

『千人』と言えばまずは演奏者の人数。
総勢500人弱がステージ上にビッシリ並ぶ様相は圧巻でした。(一覧表によると497人、Twitterによると499人参加していたとのこと)
冒頭で、「Veni, creator spiritus~♪」と合唱団から一斉に放たれる歌声の音圧のすごさといったら!
前の方の席をどけてステージを増設しているようで、確かに愛知芸劇コンサートホールではこの大人数をステージには載せられないでしょうね。


曲は休憩なしの約80分。
4F席で全体を見渡しながらじっくり鑑賞できました。
ただ、周りで居眠り続出…。
聴く方も体力使うのは分かっていたので、しっかり家で昼寝をしてから臨んで正解でした。

大人数による迫力があってドラマチックな箇所も魅力ですが、個人的に好きなのは第2部冒頭の物静かで室内楽的な箇所。
ここがあるからこそ、第2部でソリストと合唱が歌い継いでいく場面が引き立つわけで。
私は『ファウスト』でファウストが「とまれ、お前はいかにも美しい」と叫んで倒れてから人生の走馬灯が流れている音楽だと感じたんですが、実際どうなんでしょう?


オケは特に金管が大活躍。安土さん率いるホルン隊はさすが♪
弦楽も長丁場で大変そう。チェロ首席の太田さんがいつもに増してグイグイ弾いていらっしゃいました。
金管バンダは、第1部と第2部のフィナーレで登場でしたが、4Fだとステレオ効果がよく分かりませんでした…。

ソリストや合唱団の奮闘は言うまでもないですが、オーケストラの音にかき消される場面が多かったのが非常に残念。
歌声が思ったよりも4Fまで飛んでこなかったし…。
音のバランスが悪いのか、はたまたホールの響きが悪いのか。
また、生演奏で聴く機会があったら比べてみたいものです。

syllable

Author:syllable
出身:横浜
在住:三重→兵庫→三重(現在)
クラシックを中心にジャズやJ-POPなどを聴いています。
神奈川フィルを応援してます!

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -