FC2ブログ
2019 / 07
≪ 2019 / 06 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - 2019 / 08 ≫

20190721 佐渡裕プロデュース「オン・ザ・タウン」

●メンバーと曲目
指揮:佐渡裕
演出/装置・衣裳デザイン:アントニー・マクドナルド
演奏:兵庫芸術文化センター管弦楽団

ゲイビー:チャールズ・ライス
チップ:アレックス・オッターバーン
オジー:ダン・シェルヴィ
アイヴィ:ケイティ・ディーコン
ヒルディ:ジェシカ・ウォーカー
クレア:イーファ・ミスケリー
他多数


少し足を伸ばして兵庫でバーンスタインのミュージカル「オン・ザ・タウン」を観て来ました。
ドタバタ劇あり、ジャジーでカッコいい場面あり、歌い上げる聴きどころあり。
佐渡裕さんの指揮&プロデュースで演奏陣もシッカリ。
佐渡さんのキャラにハマっていてノリノリの楽しい公演でした。
映画化していたり、宝塚歌劇でやってたりするものの、意外にも原語歌唱でフルオケによる本格的な舞台上演は日本初だったとのこと。

西宮北口のホールへ来るのは約4年ぶりですが、改めて良いホールですね。
もう少し自宅から近ければ・・・。



スポンサーサイト



20190706名古屋フィル

●メンバーと曲目
指揮:マーティン・ブラビンズ
演奏:名古屋フィル

ピアノ:ジャン・チャクムル(第10回浜松国際ピアノコンクール第1位)

コンマス:田野倉雅秋[※今回がコンマスとして名古屋フィル定期ラスト!]


藤倉大: オーケストラのための『グローリアス・クラウズ』
メンデルスゾーン: ピアノ協奏曲第2番
(アンコール、ファジル・サイ:Black Earth)
エルガー: 交響曲第1番


今日は名古屋フィルの定期演奏会へ。
久しぶりのブラビンズさん登場。
しかも楽しみにしていた藤倉大さんの現代曲もエルガーも聴けたので、大満足でお腹いっぱいです(^^)


1曲目は藤倉大さんの『グローリアス・クラウズ』
微生物を音楽で表現しようという発想がまず斬新。
楽器それぞれの"うごめき"が集積し、聴いているこちらの耳がモゾモゾしてくる面白い響きの曲でした!



2曲目はチャクムルさんのメンデルスゾーン。
鍵盤を手が駆け巡っていてかなり難しそうな曲ですが、フレッシュで若い演奏でした。

アンコールのファジルサイの曲もまた違った魅力で面白かったです。
内部の弦を押さえての特殊奏法もあったり。


メインはエルガーの交響曲第1番。ブラビンズさんでこの曲を聴けて良かった!
余韻でモットーがまだ頭の中をグルグルしてます。
アダージョのメロディー美しかった…。
ホルンを始め管楽器が大活躍!
予習で気になっていた弦の最後列だけでの演奏もちゃんと観れました。

syllable

Author:syllable
出身:横浜
在住:三重→兵庫→三重(現在)
クラシックを中心にジャズやJ-POPなどを聴いています。
神奈川フィルを応援してます!

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -