FC2ブログ
2020 / 09
≪ 2020 / 08 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - 2020 / 10 ≫

20200912 名古屋フィル第482回定期

オーケストラの生演奏は実に8ヶ月振り。
それまで月1ペースで演奏会へ行っていた身としては長い空白期間でした。
名古屋フィルは7月から再開し始めましたが仕事でタイミングが合わず、ようやくの演奏会でした。

ホール入口に検温の関所ができてて、消毒はキッチリさせるし、チケットは自分でもぎるなど、コロナ対策に苦心している様が伺えました。
そして、座席が全て1席おきなのは事前に知っていても、実際に目の当たりにするとスカスカで異様な光景でした。

今日の座席は3階真正面でこんな感じの見え方。(写真はホールHPより)
座席より


●メンバーと曲目
指揮:小泉和裕(名古屋フィル音楽監督)
演奏:名古屋フィル
コンマス:荒井英治

ベートーヴェン:交響曲第2番
ブラームス:交響曲第2番


元々の曲目はマーラーの交響曲第2番「復活」でしたが、コロナで合唱ができなくなったため曲目変更。
ベートーヴェンとブラームスという有名作曲家の交響曲ながらもマイナーな曲を代替に持ってきたのが面白い。

前半はベートーヴェンの交響曲第2番。
正直、9つの交響曲の中で1番印象が薄い曲です。(※個人的見解)
有名なのは3番「英雄」、5番「運命」、6番「田園」、9番「合唱付き」あたり。
のだめカンタービレで7番も有名になりましたね。個人的にはリズミックで1番好き。

そんな2番ですが、厚みのある弦の音をはじめ、堂々とまとめ上げた演奏でした。
もっと若々しい曲のイメージでしたが、今回はベートーヴェンぽくなっていました。
さすがオーソドックスで安定した演奏に定評がある小泉さんらしい演奏ですね。
好きな部分は、第4楽章のチョコマカ動く弦の主題。


後半はブラームスの交響曲第2番。
ブラームスの「田園」とも呼ばれたりもする穏やかで明るい曲。
コロナ禍の今この曲を選んだのはセンスが良いですね。
第1番は有名で傑作だとは思いますが、今聞くには重々しい気がするので。

管楽器の見せ場が多い曲。
客演のオーボエの広田さん(都響首席)が上手かったですねー。
そして、特にホルン首席の安土さんが大活躍!
第1楽章の長いソロを始めとして、要所要所の目立つ箇所を見事に吹き切り、終曲後は最初に単独で拍手が送られました。


安定感があるオーソドックスな演奏の音色に包まれて満足です。
最近はオンラインで演奏会を聴いてばかりでしたが、
・音に立体的に包み込まれる感覚
・残響が消える瞬間のあの沈黙
・観客みんなで拍手する一体感
などはオフラインじゃないと味わえないなと改めて思いました。
スポンサーサイト



syllable

Author:syllable
出身:横浜
在住:三重→兵庫→三重(現在)
クラシックを中心にジャズやJ-POPなどを聴いています。
神奈川フィルを応援してます!

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -