FC2ブログ
2020 / 11
≪ 2020 / 10 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - 2020 / 12 ≫

20201123 アルマゲドンの夢

新国立劇場で藤倉大さんの世界初演のオペラ『アルマゲドンの夢』を観てきました。現代オペラの生公演へ行くのは初でしたが、不安で満ちていて大きな声に煽動されやすくなっている今の社会に響く作品でした。歌と音楽にカタルシスは無いものの、不協和音でヒリヒリする緊張感が堪りませんでした。

↓オペラ概要はこちら

https://www.nntt.jac.go.jp/opera/armageddon/
アルマゲドンの夢[新制作 創作委嘱作品・世界初演]


新国立劇場へ来るのは10年半ぶりでした。前回はワーグナーの『神々の黄昏』。

藤倉大さんは(少なくともクラシック業界では)大注目されている作曲家。今年はDOMMUNEの湯山玲子さん爆クラ回で出演していたので見た人もいるのでは?
現代の作曲家の割にはクラシックコンサートで取り上げられることが多く、聴いた中で好きな曲は「ソラリス」、あの有名なSF小説を題材にした曲です。オペラ版が本家ですが日本未演なのでどこか取り上げてくれないかな…。
そんな藤倉さんがオペラ新作を日本初演、題材はウェルズの小説、そして何よりオペラを生で観たい!ということでチケットを買ってしまいました。

上演時間は1時間40分の一本勝負とオペラにしては短め。

内容はかなり社会派。主人公が日和見主義で気付いたら何もかも失ってしまい、その恋人ベラは自由を求める闘いに身を投じるが銃弾で命を落としてしまい、若者たちは煽動されて画一的な兵士になってしまう。
どういう解釈をすればよいのか悩むセリフも多く、観客を喜ばせてスッキリさせるのではなく考えさせる作品。演劇に近い印象でした。

演出で印象に残ったのが色。
ダンスホールでの若者たちは色とりどりの服を着ているのに、煽動されて兵士になるとみんな同じ白一色。舞台上に大きな鏡も出てきて姿が増幅されるのが不気味。
一方で自由のために闘うベラはずっと赤系の衣装。目立つ。ベラが死んだらモノクロの色褪せた世界になってしまうんですね…。


音楽面は不安を煽って解決に至らない不協和音だらけ。弦のヒリヒリする音や金管がぶつかり合う音などで登場人物の心理をダイレクトに表現していました。聴いてる方も疲れてきました。
それだけに協和音が出てきた場面が目立ちました。特に、主人公と恋人が不安を一瞬忘れて将来の愛を歌うシーンが印象的。曲想は違いますが、ミュージカル『ウエストサイドストーリー』の「Somewhere」のシーンを連想しました。その後に悲劇が待っているという共通点もあるし。

これまで観てきた"古典的な"オペラだけがオペラじゃないと体感できた公演でした。
もちろん楽しいオペラは大好きですが、たまにはこういう考えさせられる作品も観ていきたいです。
スポンサーサイト



20201121 神奈川フィルハーモニー管弦楽団 創立50周年特別演奏会

15年来聴いている神奈川フィル、50周年で曲目も面白いので聴いてきました。何と言ってもヴィヴァルディが楽しい曲。個性的な4人が全員ソリストという夢の光景。旋律の受け渡しだらけで目が離せない。ハイドンもキレイな曲だったし、チャイ5も聴け、神奈フィルの魅力である柔らかな弦を堪能できた演奏会でした。

●メンバーと曲目
指揮:川瀬賢太郎(常任指揮者)
オケ:神奈川フィルハーモニー管弦楽団

ヴァイオリン:石田泰尚(首席ソロ・コンサートマスター)
ヴァイオリン:﨑谷直人(ソロ・コンサートマスター)
ヴァイオリン:小宮直(第2ヴァイオリン首席奏者)
ヴァイオリン:直江智沙子(第2ヴァイオリン首席奏者)

コープランド:市民のためのファンファーレ
ハイドン:交響曲第50番ハ長調Hob.I-50
ヴィヴァルディ:4本のヴァイオリンのための協奏曲ロ短調 RV.580
チャイコフスキー:交響曲第5番ホ短調Op.64


神奈フィルは1年半振り。以前は定期会員にも入っていましたが就職して引っ越してからは年1回程度に。
この演奏会、元々は5月にマーラーの「千人の交響曲」でしたが、コロナ禍で延期からの曲目変更となってこの内容に。ただ、結果的にすごく神奈フィルらしさにあふれる魅力的なプログラムになったんじゃないかと思います。


コープランドの定番アゲアゲソングから開幕。

金管楽器が横一列に並んで高らかにファンファーレを鳴らす様は、50周年のお祝いという感じがします。

ハイドンの交響曲第50番は50周年のセレクトなんでしょうが隠れた良曲でした。また聴きたい曲としてブックマーク。
そもそも神奈フィルの柔らかなで繊細な弦の音ってハイドンにすごく合っていると思います。
首席による弦楽五重奏の場面もあって、石田さんと小宮さんが2番手席に座っていたのはそういう狙いだったのかと。


気分が盛り上がってきたところで本命のヴィヴァルディ。
神奈フィルの4者4様のヴァイオリン四天王がソリストとして揃い踏みとなるなんて滅多に無い機会。特に小宮さんがソリストとしてお立ちになるなんて! 皆様を間近で見るためにバルコニー席の最前列を取って、かぶりついておりました。
4人で旋律をスムーズに受け渡していく様がお見事、そしてチェロ首席の門脇さんがそれぞれに合わせて伴奏を付けていくという陰のMVP。
「4つのヴァイオリンとチェロのための協奏曲」と呼ばれることもあるそうで、門脇さんもソリストとしてクレジットしても良かったんじゃないかな。
そして、この緊張感が伝わってくるのは生演奏だからこそだと思いました。



前半だけで十分来たかいがあるという満足感だったんですが、なぜか後半にチャイ5まで付いてくるという豪華っぷり。
「鬱々とした状態から明るい勝利へ」という曲だけに、コロナ禍の鬱憤も相まってか熱演に。管楽器もティンパニーも大活躍。

次の神奈川フィルは来年以降になると思いますが、2022年3月の「千人の交響曲」のリベンジ公演は実施してほしいものです。川瀬さんの常任ラスト公演ですし。

logo.jpg
EmyBFzNVkAAKhLz.jpg

名古屋フィルのNHK主催〈オーケストラでつなぐ希望のシンフォニー〉の公開収録(無料!)へ。
指揮者のカワケンさんこだわりのダンスプログラムがすごく好みに合致して、ノリノリで楽しいコンサートでした。

●メンバーと曲目
指揮:川瀬賢太郎
オケ:名古屋フィル
外山雄三:管弦楽のためのラプソディ―
マルケス:ダンソン第2番
ベートーヴェン:交響曲第7番
※アンコール
ベートーヴェン:交響曲第3番より第3楽章スケルツォ


全国各地のオーケストラがベートーヴェンの交響曲を演奏するという企画で、名古屋フィルが第7番の担当に。
来週11/22(日)のEテレ「クラシック音楽館」で放送とのこと。早い!
https://www.nhk.jp/p/ongakukan/ts/69WR9WJKM4/

3曲とも推し曲です。こういう曲が好きだから、クラブミュージックも意外と聴いてみたら好きになったんだなという気がします。

1曲目の「管弦楽のためのラプソディー」がまず好きな曲。
「あんたがたどこさ」「ソーラン節」「炭坑節」「串本節」「信濃追分」「八木節」と民謡のメロディーが次々に出てきます。
https://youtu.be/0V_C3NQIbN4

そして、まさか「ダンソン第2番」を生演奏で聴けるとは!
ドゥダメル&シモン・ボリバル・ユースオケのCDで知った曲ですが、哀愁漂うメロディーとノリノリのラテンリズムが魅力的で特に印象に残った曲です。
打楽器(+ピアノ)の音が刺さってくるのは生演奏だからこそ。

↓youtubeに動画ありました。10分未満の曲です。
https://www.youtube.com/watch?v=gpsHUUHZb9w

メインのベト7ことベートーヴェンの交響曲第7番は第1楽章が『のだめカンタービレ』でおなじみですね。
↓この辺りからのメロディーが有名。
https://youtu.be/HyoWuSWT2tw?t=252

個人的に9曲あるベートーヴェンの交響曲の中で1番好きな曲です。他のジャンルを含めても2番手か3番手にはなります。
演奏者によって雰囲気が変わるので聴き比べが楽しい曲。
特に第2楽章が好きなので、今回はどう料理するかが楽しみでした。
第1楽章からアタッカで繋ぐのが珍しく、その空気を残しながら快走の第2楽章へという明るい演奏。
個人的には、第1楽章と対比的になる荘厳な演奏の方が好みですが、この演奏は演奏でカワケンさんらしさが出ていてアリだなと思いました。

72C603A0-7DE9-4508-ABB4-D1369298E369.jpeg
DEB0AB12-73CA-43D9-A609-12274B011601.jpeg
(※演奏写真はホールtwitterより)

●メンバーと曲目
ピアノ:アンドレイ・ガヴリーロフ

ショパン:夜想曲変ロ短調Op.9-1、変二長調Op.27-2、ヘ長調Op.15-1、嬰ハ短調(遺作)
リスト:ピアノソナタ
プロコフィエフ:ピアノソナタ第8番
※アンコール
プロコフィエフ:悪魔的暗示(4つの小品 Op.4 より)

2019年に来日した時の演奏が凄かったとオススメ頂いて、名古屋の宗次ホールのガヴリーロフのピアノコンサートへ。

何かに憑かれたように高速で強打される怒涛の音の波!
あまりの指力で、前回の演奏会ではグランドピアノが動いたとか!
特にリストのピアノソナタがロックライブかのような音圧ですごかったです。
リストが自演で初演した時は、実はこういう演奏で聴衆を熱狂させたのかも?と妄想。

普段は派手な奏者の演奏はあまり聴かないですが、ここまで極端に吹っ切れていると新鮮で面白かったです。
たまに生演奏で聴くのはアリですね。

syllable

Author:syllable
出身:横浜
在住:三重→兵庫→三重(現在)
クラシックを中心にジャズやJ-POPなどを聴いています。
神奈川フィルを応援してます!

10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -