2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久し振りのジャズライブ。NHKふれあいホールもだいぶご無沙汰してました。
今回はT-SQUAREにいたこともある久米大作さんが率いるグループでした。
「いとしのうなじ」の作曲してたんだ、へぇ~。というところで反応してしまう珍しい大学生です。
元々フュージョンの人ですが、最近は作編曲も手掛け様々な分野で活躍しているとのことです。


●メンバーと曲目
久米大作(ピアノ・キーボード)
和田アキラ(ギター)バカボン鈴木(ベース)則竹裕之(ドラムス)スティーブ・サックス(サックス・フルート)
高良久美子(パーカッション・ヴァイヴ)水谷真季(トランペット)川上鉄平(トランペット)東條あずさ(トロンボーン)佐藤桃(チューバ)会田智穂(ユーフォニウム)


さすがに総勢11人ともなると、ステージの光景が壮観。
今まで見た中で一番多いかもしれない。
これだけ多いと、演奏中どこ見てればいいか迷います。
観客席もびっしりでした。

曲は久米さんのオリジナルを始めとして、ジミヘン、ガーシュウィン、ビートルズと多彩な選曲。
「An American in Paris」みたいなポピュラーな曲でも、久米さんの手が加わると面白いアレンジに。
元々クラシックオーケストラの曲なのに、エレキギター・エレキベースの音+ヴァイヴの不思議な音で独自の世界を作り出していました。
他の曲もかなりアレンジは凝っていて、フルート&トロンボーンの二重奏とか掛け合いとか息の合った演奏でした。

メンバーではギターの和田さんとサックス&フルートのサックスさんがメロディーを引っ張ってました。
この2人がいいところをもっていくんですが、忘れてはいけないのが裏方のリズムセクション。
ベースのバカボン鈴木さんとドラムスの則竹さんの音がこの大人数のグループの屋台骨を支えてました。
後ろに引っ込んでいるので、よく見えなかったのが残念。

終わったと思ったら録音トラブルがあったそうで再収録という場面も。静電気が原因とのこと。


アレンジの面白さを味わえたライブでした。
トリオとかで個人同士のぶつかり合いも面白いですが、ビッグバンドのようなアンサンブルもまた良し。
スポンサーサイト

この記事へコメントする















syllable

Author:syllable
出身:横浜
在住:三重→兵庫→三重(現在)
クラシックを中心にジャズやJ-POPなどを聴いています。
神奈川フィルを応援してます!

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。