2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

「開国博Y150」に沸いているらしい横浜。
色々なところで、150年にちなんだイベントが行われています。
神奈川フィルも先日、「居留地に響く吹奏楽」ということで暑い中軍楽隊のコスプレをして演奏してました。

今日も暑い日でしたが、今回は幸いにも冷房が効いたホール。
プレトークの聖響さんと武智さんのお話もゆったり聞けました。

神奈川フィル定期第254回


●メンバーと曲目
指揮:金聖響
演奏:神奈川フィルハーモニー

武智由香/オーケストラのためのEaux Lumieres Temps(世界初演)
ハイドン/交響曲第100番「軍隊」
ワーグナー/「トリスタンとイゾルデ」より“前奏曲と愛の死”
ドビュッシー/「海」


「横浜開港150周年記念」にちなんだプログラム。

武智さんの曲とドビュッシー:横浜から連想する“海”つながり。
ハイドン:100っていう番号がキリが良かったからなのかな?
ワーグナー:船の場面もあるし、作曲年がちょうど150年前だそうで。

それにしても、ドイツ古典派・ドイツロマン派・フランスもの・現代曲と、バラバラな選曲という印象は拭えませんが、色々楽しめそうなプログラムとも言えます。


前半は200年以上の時を隔てた2曲。

“生きている作曲家”である武智さんの委嘱作品から。「水 光 時間」という意味だそうで。
かなりオケの人数も多く、ハープが2台あるし、真ん中にドーンとピアノとチェレスタが置いてあるという独特の編成。
さらに対向配置でしたが、これは配置換えの手間を省くための聖響さんの都合とのことでした。

第1部が海面のさざめき、第2部が海の中の動き、第3部が回帰、という構成。
案外静かな曲で、弦が海面のさざめきを表現し、ピアノとチェレスタの音がキラキラ光り、海の情景を奏でていく。
頭に??が浮かぶこともなく、分かりやすく安心して聴ける現代曲でした。


続いて、一気に1794年のドイツ古典派までさかのぼります。
聖響さんらしい軽快なハイドン、サラサラと音楽が進んでいきます。4月定期の「時計」の時もこんな感じ。
ティンパニがいない!? と思ったら、舞台の端にいつのまにかバロックティンパニが登場してました。そこはこだわりで外せないのですね。

印象に残るのは、題名「軍隊」の由来となった第2楽章。
Allegrettoでゆったりとメロディーが流れていたのに、最後の方でなんでいきなりトランペットが軍隊信号を吹き始めるの?
当時流行していた“トルコ風”を取り入れたらしいですが、個人的には「驚愕」のようなハイドンの眠気覚ましサービス、だと勝手に思ってます。
ちなみに、静まり返る中1人でのトランペットソロは、中島さんがいいところを持って行きました。


後半は、ドイツとフランスのロマン派の対極的な2曲。この2曲を並べるとは面白いプログラミングです。

時代は進んで1865年初演のトリスタン。
なんというか妙に爽やかな印象の演奏でした。
ワーグナーと言えば、ドロドロ・クネクネのイメージでしたが、色々やり方があるものですね。
それでも、次のドビュッシーとの対比を際立たせる効果は十分でしたが。

そして、ラストは1905年のフランス。色彩感が豊かな「海」の世界へ…。
これが今回の本命でしたが期待通り!
けっして力強いわけではない神奈川フィルの音色ですが、「海」の演奏のヴァリエーションの1つとしてはアリではないかと思いました。
奮闘する木管・金管に弱音の弦の響きが加わり、神奈川フィルの音を作っていきます。
山田さんのフルートが上手で美しい! さすが!

ハイドンでは違和感があった軽快な演奏も、ドビュッシーならありだなと思ってしまうのは先入観の差でしょうか。
ツッコミは色々あるんでしょうが、個人的には大満足の演奏でした。

昨年のベルリオーズの「幻想」も予想外に良かったし、フランスものをまたやってほしいものです。ドビュッシーなら「牧神」とか。
アンケートにでも書いておけばよかったか?

アンコールはドビュッシーの小組曲より小舟にて、という曲。
フルートの山田さんのオンステージでした!

最後には、聖響さんが石田さんに感激のあまり(かな?)抱きつくというシーンも。
色々な曲があったわけだし、オケも指揮者も大変なプログラムであったことは間違いないでしょう。
聖響さんも色々試して努力しているんだなと思った演奏会でした。
神奈川フィルと良い関係を築いていってほしいものです。


コンサートの後はいつもの通り、勝手に応援する会へ。
4時半にスタートし気づいたら9時半、アレ?外が暗い。 
ビール片手に楽しい時が流れるのは早いものです。

次は案外近くて2週間後。期待の指揮者だというサッシャ・ゲッツェル氏の登場です。
スポンサーサイト

【】
昨日もお世話様でした。
いろいろ満載の大盛りコンサートでしたね。
冷静に考えたら多様な作品を盛り込みかとも思ってますが、まぁ楽しかったからよしとしましょう。
金さんは、わたしにとっはまだまだですが、じっくり付き合いたいナイスな人物だと思います。
次回も楽しみですね。
【昨日はありがとうございました!】
昨日は時間の過ぎるのが本当に早かったですね。あっという間に5時間…でしたから…。
良い演奏会を聞くと、ビールの味も格別でありました。曲によっては不満もありましたが、これからの期待の方がずっと大きかった演奏会でした。
【】
土曜はお世話になりました。
4月とはうって変わって、素敵な演奏会であったと思います。今後の聖響さん体制の神奈フィルにも、期待の視線を送るしかないですね(笑)
しかし、若々しいというのは、ああも颯爽とするものなのですなぁ。

では次回は7月定期で。
【】
>yokochanさん
何しろ開港150周年、という楽しい演奏会でしたね。
聖響さん目当てに来た人が今後神奈川フィルに定着するためには、良い効果だったのではないかと思ってます。

>Schweizer_Musik先生
先日はおいしいビールと共に食も進んでしまい、後から考えれば食べ過ぎだったかなと(笑)
今後の展望への期待が見えてきた演奏会でした。

>スリーパーさん
若々しく颯爽としているところに惹かれる若者音楽ファンも多いわけですからね。
あのコンビで上手いとこ若年層も取り込んでほしいものです。
この記事へコメントする















昨日は神奈川フィルのコンサートに出かけ、色々と考え、色々と話し、たくさん飲んで、食べて…帰った。 以前に金 聖響氏が神奈川フィルに客演したのを聞いているが、常任となって私ははじめて聞く金 聖響と神奈川フィルの演奏会となった。 私の今回の関心事は、武智由香... ...

syllable

Author:syllable
出身:横浜
在住:三重→兵庫→三重(現在)
クラシックを中心にジャズやJ-POPなどを聴いています。
神奈川フィルを応援してます!

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -