2017 / 06
≪ 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 ≫

軽井沢国際音楽祭


8月もそろそろ終わりということで、旅行してきました。
JRの乗り放題きっぷでどこか行こうと色々考えていたんですが、せっかくだから何か音楽祭がやっていないかと調べたら、ちょうど軽井沢国際音楽祭がやっていたのでチケットを確保。
N響クラリネット首席の横川晴児さんが音楽監督をされていて、実力派のソリスト群が様々な曲目を演奏してます。

まず、新潟に行って寿司を食い、その後高崎まで戻ってから軽井沢に行くという、普通はやらないだろうなという動きをしていました。

軽井沢へは夕方に到着、涼しい!
閑散としている駅前から徒歩で今日の会場である大賀ホールへ。
公園に入ると独特なホールの姿が現れました。



木が基調となっているこじんまりとしたホールで良い雰囲気です。
来てる人は軽井沢にいそうな人ばかり。ブログなんて書きそうにない人々。
ジーンズなんて皆無。チノパンにしといて良かった。
でも自分がかなり浮いてたのは間違いない。


開演ベルと共に鳥の声が響いたり、英語のアナウンスがあったりするのはさすが軽井沢。
考えてみると英語のアナウンスがあるホールって初めてかも。もっとあってもいいと思うんですが。


●メンバーと曲目
ベートーヴェン/クラリネット三重奏曲 変ロ長調 op.11 「街の歌」
クラリネット:横川晴児 
チェロ:木越洋 
ピアノ:小森谷裕子

モーツァルト/ピアノと管楽のための五重奏曲 変ホ長調 K.452
フルート:宮崎由美香 
クラリネット:エマニュエル・ヌヴー
ファゴット:霧生吉秀 
ホルン:阿部麿 
ピアノ:野平一郎

メンデルスゾーン/弦楽八重奏曲 変ホ長調 op.20
ヴァイオリン: 漆原啓子、小林美恵、中島麻、森田昌弘
ヴィオラ:安藤裕子、飛澤浩人 
チェロ:ルドヴィート・カンタ、木越洋


そうそうたるメンバーが揃い踏みです。


まずは三重奏から。
横川さんと木越さんが舞台前面にドンと並ぶとすごい威圧感。
正直パッと見は怖いおじさんたち。でも、終演後はニコニコしてましたけど。
演奏はさすが! アイコンタクトでバチバチ火花を散らし、息もぴったりあってました。
クラリネットの伸びやかな音がホールによく響いていました。

題名の由来ともなっている第3楽章が面白かったです。
当時流行してた曲を雰囲気やリズムを変えながら色々と変奏していくベートーヴェン十八番の変奏曲。
初演が好評だったというのも納得です。


2曲目は五重奏、一転して木管が中心です。
メンバ-が1曲1曲全員変わって、それぞれの曲で全力入魂の演奏を聴けるというのも贅沢な話。
ピアノの野平さんが独特のオーラを放ちつつ、曲をリードしていました。

休憩はさんでラストは弦楽八重奏。
これだけ人数が多いと、ほとんどオケみたいなもの。
中心から左右対称にチェロ、ヴィオラ、ヴァイオリンと並んで行く独特の並び方、何かこだわりがあるのでしょうか。
1stVnトップは漆原さん。小柄な体からは想像できないパワーで終始メロディーを先導し、他の7人をグイグイ引っ張ってました。

大人数とはいえ室内楽だと思ったのが、ソロが1人1人しっかり回ること。
ヴィオラやチェロで1st,2ndの区別がないように聴こえました。弦楽四重奏×2ではないようです。
この人数でテクニックある人を集めるのは大変そう。


白眉は第4楽章、何でアンサンブルがピッタリ合うの?
チェロが激しい曲想を奏ではじめ、それが1人ずつヴィオラ・ヴァイオリンと伝わっていく出だし。
そして、息をつく暇もなく、メロディーが左へ右へと飛び交って目がキョロキョロしてしまいました。
メロディーが入り乱れて、一方踏み外すと瓦解してしまいそう。
プログラムノートで「隙のない筆致」「バッハの…研究を重ねたこの作曲家の真骨頂」という言葉が使われるのも納得。
しかし、このメンバーはカンペキに最後まで弾きとおしてました。

拍手は鳴りやまず、急遽アンコールということで第4楽章をもう1回演奏してくれました。ありがとうございます。


ホールを出て、もう暗い中を軽井沢駅へ。
車の人が多いのでしょう、歩いている人はほとんどいませんでした。
新幹線でピューっと帰宅、自宅までは2時間半ほどと案外早く着きました
スポンサーサイト

この記事へコメントする















syllable

Author:syllable
出身:横浜
在住:三重→兵庫→三重(現在)
クラシックを中心にジャズやJ-POPなどを聴いています。
神奈川フィルを応援してます!

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -