2017 / 07
≪ 2017 / 06 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2017 / 08 ≫

神奈川フィル定期256回

8月は定期がなかったので久し振りの神奈川フィル公演。
今回は名誉指揮者の現田さんの登場です。

●メンバーと曲目
指揮:現田茂夫
演奏:神奈川フィル
コンマス:石田泰尚

ピアノ:アンナ・ヴィニツカヤ


チャイコフスキー/幻想序曲「ロミオとジュリエット」
ラフマニノフ/ピアノ協奏曲第2番
ショスタコーヴィチ/交響曲第1番

アンコール:ハチャトゥリアン/「仮面舞踏会」よりノクターン

現田さんの言葉を借りると、“ロマンチック・ロシア”プログラム。
ロシア~ソ連時代の音楽の系譜を、時間の経過と共に追っていくという素晴らしいセンスの選曲です。
それぞれ初演は1870年、1901年、1926年、そしてアンコールは1941年。考え抜かれてます。

名誉指揮者になっても現田さんのプレトークは健在でした!
「ソ連時代は分かりやすく聴きやすい音楽がもてはやされたため、西欧の無調への流れも入ってこず、ロマンが守られた。」
というお話。
ソ連は芸術活動を著しく制限して停滞させたという認識なんですが、こういう見方もできるんですね。
そして、“偉大な作曲家”としてそのロマンのお手本とされたのがチャイコフスキーということで、演奏会も彼の曲から幕を開けます。
ところで、現田さんがショスタコーヴィチをライフワークにしてるって初めて知ったんですが…。定期会員4年目にして初めて知る真実。


1曲目は序曲と言いつつ20分近くある「ロメオとジュリエット」
チャイコフスキーの作るロシアロマンの世界を作り上げていました。

2曲目は知名度が高いラフマニノフのピアノ協奏曲2番。個人的には3番より2番が好きです。
ピアノはロシア人のアンナ・ヴィニツカヤさん。
現田さんをして可愛らしいと言わしめてましたが、ピアノは予想外に力強く安定感ある音でした。
エネルギッシュでドライブ感あふれる序奏部の和音連打からロマンの世界へ。

うねるような第1楽章、感傷的な第2楽章を経て、圧巻は華麗な第3楽章。
ダイナミックな演奏を展開してました。ロシア的なラフマニノフってこんな感じなのかな?
演奏が終わるやいなやホールが拍手に包まれてました。

アンコールではラフマニノフの絵画的エチュードを演奏してくれました。


休憩挟んでいよいよショスタコ1番へ。
一見混沌としているようでよく聴くと構造的に考えられている曲。スコアを見たら面白そう。
こんな曲を19歳で作ってしまったらそりゃ天才扱いでしょう。

下手すると聴きづらそうなこの曲も現田さんが振るとドラマチックな演奏に。
弦のトゥッティが下から上へグワッと高揚していき、頂点で爆発!という現田イズムなキラキラ演奏を久し振りに聴くと、現田さん神奈川フィルにお帰りなさい、という気持ちになりました。
そして確かにショスタコは現田さんに合ってる。もっとやればいいのに何で最近演奏会でやってなかったんだろう?

生で観ながら聴いていると本当にソロの見せ場が多い曲だと思いました。
まず、木管首席カルテットが大活躍。
山田さんと鈴木さんが抒情的なメロディーを奏で、斉藤さんが軽快なステップを踏み、石井さんがどっしり低音を支えるという各自の持ち味を生かした素晴らしい役割分担。
金管は知らない方々が首席に入ってましたが上手かったです。
第3楽章の“トリスタン”的メロディーのチェロ独奏、山本さんの演奏で聴いてしまうとこれ以外にないと思ってしまいました。
そして、コンマス石田さんは言うまでもなく。。
神奈川フィルメンバーそれぞれの演奏を堪能してました。

プレトークで予告していたアンコールは、ハチャトゥリアン/「仮面舞踏会」よりノクターン、ちなみにアイススケートはワルツ。
ほとんどコンマス独奏・オケ伴奏、完全に石田さんタイムが発動してました。
アンコールでこれを持ってくるのはこのコンビならではでしょう。

昔日の神奈川フィルが蘇ったような演奏会でした。
終演後はいつものように勝手に応援する会へ。
良い演奏会の後のおいしいビールでした。

さて、神奈川フィルのシーズンもそろそろ後半戦へ。
11月のトゥルノフスキーと、初めて聴く人は困惑するという12月の聖響さんの第九はおさえておきましたが、さて?
スポンサーサイト

【ロシアン】
こんばんは。
先日もまた、お世話になりました。
ロシアを堪能した素敵なコンサートでありました。
そしてよく考えぬかれたプログラムに、現田さんの才覚を見て感心しました。
アンコールまでしっかりと伏線が張られていたわけでした。

私も、とりあえずの感じで、第九を押えました(笑)
【】
>yokochanさん
先日はお疲れ様でした。
現田さんのロシアンワールドは何度聴いてもいいですね!
アメリカものも面白かったですが、やはり本領はこちらでしょう。

第九は最近神奈川フィルで聴いてなかったなと思って購入したんですが、どんな斬新な演奏を聴かせてくれるのか楽しみです。
この記事へコメントする















9月27日までとなった開港博Y150。仕事に、演奏会に、飲みに、何度も行ってるけ ...

syllable

Author:syllable
出身:横浜
在住:三重→兵庫→三重(現在)
クラシックを中心にジャズやJ-POPなどを聴いています。
神奈川フィルを応援してます!

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -