2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20100626札幌交響楽団
記事がアップされていなかったので、遅ればせながら載せます。


札幌の親戚の家に顔を出すことになり、せっかくなので滞在中にオーケストラの演奏会がないかと調べたところ、ちょうど6/26に定期演奏会があったのでチケットを購入!
指揮は音楽監督の尾高さんだし、何やらマニアックで意欲的なプログラムなので、初の札幌交響楽団を堪能するのにこれは良い!と期待しておりました。


この日は、札幌では異常だという30℃の猛暑。札幌の人々はバテてました。
地下鉄を降り、豊平公園を歩いてkitaraホールへ。人がゾロゾロホールへ向かってました。

kitaraホール


1997年に開館とのことで、意外にも横浜のみなとみらいホール(1998年)より長い歴史をお持ちです。

開演30分前にはロビコンがあり(今回は金管5重奏)、さらに尾高さんのプレトークもありました!
地方オケにはこういう心配りが大事ですよね。
札幌は文化が根付いている土地柄なのだと思いました。


●メンバーと曲目
指揮:尾高忠明
演奏:札幌交響楽団

コンマス:三上亮

チェロ:タチアナ・ヴァシリエヴァ

メゾ・ソプラノ:加納悦子
バリトン:三原剛
合唱:札響合唱団、札幌放送合唱団

オネゲル/夏の牧歌
サン=サーンス/チェロ協奏曲第1番
サン=サーンス/チェロ協奏曲第2番
デュリュフレ/レクイエム


スポンサーサイト

この記事へコメントする















syllable

Author:syllable
出身:横浜
在住:三重→兵庫→三重(現在)
クラシックを中心にジャズやJ-POPなどを聴いています。
神奈川フィルを応援してます!

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。