2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

前回の神奈川フィル定期からはや2週間。
GWがあっという間に終わり、やる気が出ず気だるい日々を過ごしています。


「さすがシュナイトさん!」
この一言に収斂される、期待に違わない演奏会でした。


さて、今回は演奏会に先立ちロビコンがありました。
誰が来るのかと待ってたら、コンマス石田さん登場♪
挨拶もソコソコに、ピアソラ「タンゴ・エチュード4番・5番」
なんか聴いたことがあるな、と思っていたら、4番の方は2月にアートホールの“石田泰尚の一人舞台”で聴いてました。
最初はざわついていましたが、5番に入った頃には雑音がなくなってました。
その後に母の日が近いということで「我が母に教えたまわれし歌」を。
これも前聴いたし。好きなのかな?


●メンバーと曲目
指揮:ハンス=マルティン・シュナイト
演奏:神奈川フィルハーモニー
ヴァイオリン:米元響子

ブラームス/ヴァイオリン協奏曲二長調作品77
ブラームス/交響曲第2番二長調作品73


ブラームス。2曲とも有名な曲らしい。
過去に私がオケで聴いたことがあるのは、読響の「ハンガリー舞曲」(全曲) だけなので、楽しみにしてました。


まずは「ヴァイオリン協奏曲」
米元さんがキラキラした服で登場。
演奏はかなりしっかりした音で、ロビコンでの石田さんの細くて渋い音とだいぶ違う。
この曲に限って言えば米元さんの音の方が合ってる気がしました。

第1楽章は、大空を鳥が飛んでいく情景みたいな感じ。
弦が張り詰めた音を出し、のびのび、雄大なメロディー。協奏曲っぽくなかった。
米元さんの弓が切れてて、キラキラ光ってるのが気になってました。
第2楽章は遅くて、眠くなっていましたが、第3楽章で一気にテンポが上がり眠気が吹っ飛ぶ。
というか一気に早くなりすぎじゃないの? ヴァイオリンが何とかついて行っている感じ。
やっと協奏曲っぽくなったとも言えるけど。
この勢いで一気にフィナーレへ。


そして、「交響曲第2番」 
シュナイト&神奈川フィルコンビの現時点での集大成。よくまとまってました。
弦楽器の音の洪水の素晴らしさはもちろんですが、管楽器の音が昨年より安定している気がしました。
オーボエ・フルート・クラリネット・ホルン首席のソロがけっこう多いし。
主題のメロディーが楽器から楽器にどんどん引き継がれていくところが多いんですが、これは逆にどこかでヘマをしたらすぐにばれるということ。
本番ではスムーズに受け渡ししてましたが、練習はさぞかし大変だったんだろうなー、と思います。
2・3・4月の「音楽堂シリーズ」の“パート特訓”で、シュナイトさんにしごかれた成果が出ているのでしょう。
いや、むしろシュナイトさんがこれまで楽団員を鍛えてきたのは、この曲に向けてだったのか?

ハイライトは第4楽章、迫力があって思わず身を乗り出してしまいました。
“強”と“弱”の対比が極めて大きく、瞬時に切り替える。
全員の息があってないとうまくはいかないでしょうね。
シュナイトさんは“静”、現田さんは“動”なのでどっちにも対応できるのは実証済みでしたが、1曲の中でこんなに表情をコロコロ切り替える神奈川フィルは初めて。
シュナイトさんもあちこちで「もっと音を出せ」の指示を出してました。指示が見えるのがRA席の面白いところ。
フィナーレなんか弦が切れるんじゃないかっていうぐらい、これでもかこれでもかとガンガン音を出していました。
あの迫力には身動きすらできませんでしたね。

演奏終了後は満場の拍手、「ブラボー」「ヒュー」の嵐!
観客が本当に心からの拍手をしてました。
3回目に出てきた時(かな?) シュナイトさんがオケに立つように指示しても、オケが座ったままで、さらに拍手が大きくなる場面も(^^)
シュナイトさんあってこその今回の名演奏です。


演奏会のあとに定期会員の交流会がありました。
私は誰とも喋ってませんが…。
シュナイトさんの長めのスピーチ(もちろんドイツ語) 肉声を聴く機会がほとんどないんですよね。
一応ドイツ語を少々やってのでリスニングに挑戦しましたが、ほとんど分かりませんでした。
小泉元首相にも来てほしいという話もしてましたね。



さて、しばらく神奈川フィルを聴く予定なし…。
6/2・3も8/11・24も無理そうなので…。
でも、今年神奈川フィルの演奏を聴いた回数を数えてみたら、今回が7回目でした。
けっこう聴いてるな…(コンマスソロをいれれば8回目)
今後は、読響・N響・新日本フィル・東京シティフィルと色々なオケを聴いていくつもりです。
スポンサーサイト

この記事へコメントする















神奈川フィルハーモニー管弦楽団 第236回定期演奏会 2007年05月11日(金)         19:00 開演 横浜みなとみらいホール    指揮:ハンス=マルティン・シュナイトヴァイオリン:米元響子ブラームス /ヴァイオリン協奏曲~休憩 15分~ブラームス/交響曲第2番開 ...

syllable

Author:syllable
出身:横浜
在住:三重→兵庫→三重(現在)
クラシックを中心にジャズやJ-POPなどを聴いています。
神奈川フィルを応援してます!

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -