2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

珍しく当った日本テレビの深夜の音楽会。
冷たい雨が降りしきる中、三軒茶屋の人見記念講堂へ行ってきました。


●メンバーと曲目
指揮:キンボー・イシイ=エトウ
演奏:読売日本交響楽団

ピアノ:小林愛実

コンマス:デヴィッド・ノーラン


ショパン/ピアノ協奏曲第2番
ドヴォルザーク/交響曲第8番


前半はピアノ協奏曲、超若手ピアニスト小林愛実の登場。

良い意味で予想外の演奏でした。

てっきり若さアピールのカワイイ演奏でもするのかと思っていたら全然違う。
物怖じせずに堂々とした弾きっぷりのショパンでした。今後の活躍が楽しみです。
迂闊に「天才少女」だと持てはやさずに、じっくりと経験を積んでもらいたいものですね。
アンコールはノクターンでした。


後半はドヴォルザーク、「新世界」の次ぐらいに有名だと思われる第8番。
読響の強烈な弦軍団が思う存分実力を発揮する曲でした。
この勢いに関しては、日本のオケでトップクラスでしょう。

エトウさんはとにかく音を引っ張る引っ張る。
もっと軽快な演奏のイメージがある曲でしたが、これが彼の指揮なのでしょう。
オペラが得意分野だから、オケに歌わせるのが好きなのかな?
管楽器は息が大変そうでした。
でも、ホルン首席の山岸さんの安定感は相変わらずケタ違い!さすが日本を代表するホルン奏者です。

スポンサーサイト

この記事へコメントする















syllable

Author:syllable
出身:横浜
在住:三重→兵庫→三重(現在)
クラシックを中心にジャズやJ-POPなどを聴いています。
神奈川フィルを応援してます!

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。