2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

東響はいつも学生券(1000円)でオトクに聴かせて頂いているので、たまには定価でチケットを買ってみるのもいいかなと。
そういやスダーンさんでモーツァルトを聴いてみたいなと思い、この公演へ。


●メンバーと曲目
指揮:ユベール・スダーン
演奏:Tokyo Symphony モーツァルト・プレーヤーズ

モーツァルト/交響曲第29番
モーツァルト/交響曲第41番



スダーンさんらしく爽やかな一陣の風が抜けていったような軽やかな演奏でした。
ベートーヴェンなどのように大きなカタルシスはないものの、これはこれで良いと思います。

オケが30人前後と小規模なので、音もこじんまりとまとまっている。
そして音がサッと消えるので、歯切れも良い。
ppとfの音の強弱などメリハリがついていました。
比較対象として家にあるCDが、カール・ベーム&ベルリンフィルの重厚な演奏なのであまりアテにはなりませんが…。

「Tokyo Symphony モーツァルト・プレーヤーズ」は東京交響楽団からスダーンさんが選んだ固定メンバー。
非常に意図を感じる人選で、目立ってしまう人をトコトン外したかな?という印象でした。
例えばコンマス。大谷さんや高木さんではどうしても1人だけ音が目立ってしまいますが、ニキティンさんだと上手くオケに溶け込んでいるというように。
他の首席もそんな感じ。
“個”をトコトン無くして“和”を重視する演奏でした。


土曜日の朝をクラシックで始めるというのはいいですね。
午後に買い物をしたり、ラゾーナでの倉木麻衣のミニライブを見たりと1日を有効活用できました。
しかし、1時間だけというのは物足りない…。
コストパフォーマンスが悪くて損した気分になってしまいました。こればっかりは仕方がない。
スポンサーサイト

この記事へコメントする















syllable

Author:syllable
出身:横浜
在住:三重→兵庫→三重(現在)
クラシックを中心にジャズやJ-POPなどを聴いています。
神奈川フィルを応援してます!

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -