2017 / 07
≪ 2017 / 06 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2017 / 08 ≫

20101123読響カンブルラン


気になる演奏会が続いています。
今日は1度聴いてみたかったコンビであるカンブルラン&読響の演奏会へ。
同じプログラムで3回やるそうですが、みなとみらいがその最後。
そのためか、当日券でけっこう良い席が取れました。

●メンバーと曲目
指揮:シルヴァン・カンブルラン
演奏:読売日本交響楽団

ハイドン/交響曲第6番「朝」
ハイドン/交響曲第7番「昼」
ハイドン/交響曲第8番「夕べ」
ストラヴィンスキー/バレエ音楽「火の鳥」全曲(1910年版)


非常に刺激的なプログラム。
前半の3曲は1761年前後の作曲なので、後半の「火の鳥」とは約150年もの隔たりがあります。
どちらも作曲家が20代の終わりに作った斬新な作品だという共通点があるそうで。


前半のハイドンはスピード感あふれる面白い演奏でした。

とにかくソロだらけでヴィヴァルディっぽいバロックな曲。
コントラバス、チェロ、フルート、ファゴットなどなど首席の面々が大活躍。
個性的な名手が多い読響にピッタリの曲で、さすが音楽監督のセレクション!
プログラムに団員1人1人の顔写真が載っているのがありがたかったです。
特に新鮮だったのが珍しいコントラバスの独奏。何で他の作品ではソロが全然ないんでしょうかね?

スピードはかなり速く、3曲で45分強。セカセカしてた印象。
曲間でさえも、カンブルランさんは袖に引っ込まずそのまま次の曲へ進めたぐらいですし。
このスピードに対応できるオケもすごい。

リベラクラシカのような古楽オケだとまた全然違うのでしょうね。CDを買って聴き比べたくなりました。
この3曲だけで1つの演奏会になりそうなほどの充実感でしたが、まだ後半があるのです。

後半は一気に時代が飛んで20世紀へ。オケのスケールも一気に大きくなる。
曲もパンフの“色彩の魔術”という言葉の通り、さすが20世紀という斬新さ溢れており、ハイドンとの大きなギャップが面白い。。
ハイドンに比べればイメージとの解離はない演奏。
現代音楽に造詣が深いらしいので、得意分野なのでしょう。

この曲にバンダがいるとは知らなかったです。パイプオルガンの前にいらっしゃいました。
金管高らかに鳴り響くフィナーレはホールが揺れそうなぐらいの爆演。さすが読響。


聴いた!という満足感がある演奏会でした。
このコンビはまた聴いてみたいです。
スポンサーサイト

この記事へコメントする















syllable

Author:syllable
出身:横浜
在住:三重→兵庫→三重(現在)
クラシックを中心にジャズやJ-POPなどを聴いています。
神奈川フィルを応援してます!

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -