2017 / 06
≪ 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 ≫

今年もあと2日で終わりとなりました。
この1年も色々な演奏会へ足を運びました。
手帳を見返してみると、クラシック・ジャズetc…で42公演行ってました。

そんな中から、クラシックのベスト3を振り返ってみましょう。



●第3位:5/22東京交響楽団第578回サントリー定期演奏会
20100522東響「イタリアのハロルド」

指揮:ユベール・スダーン 
曲目:リスト/呪い、ピアノ協奏曲第2番(ピアノ:ミケーレ・カンパネッラ)
ベルリオーズ/交響曲「イタリアのハロルド」(ヴィオラ:青木篤子)

黄金コンビとして躍進を続けるスダーン&東響の名演。
今年はかなり追っかけたコンビで、この公演以外にも3回聴きに行っています。(ブル9、サマーミューザ、モーツァルトマチネ)

前半は、凄腕ピアニストであるミケーレ・カンパネッラ氏の完璧なテクニックを堪能。
後半は、ベルリオーズの珍しい曲を東響の誇るヴィオラ奏者である青木篤子の凛とした演奏と共に。
どちらか片方だけでも満足できる水準の演奏会でした。

3月にもこのコンビの公演があるらしいので、東京にいるうちに聴いておきたいと思ってます。


●第2位:4/23神奈川フィル第262回定期演奏会

20100423神奈川フィル定期

指揮:金聖響
曲目:マーラー/交響曲第3番

我らが神奈川フィルからは、今年度シーズンの幕を開けたこの公演を。
現田さんのカルミナブラーナや山本さん&柳瀬さんのドン・キホーテも推したいところですが、1つ選べと言われればこれでしょう。

聖響さんのマーラーって実際どうなの?という疑念の前評判とは裏腹に、オケの良さと曲の良さを共に十二分に引き出した名演。
100分という長丁場だったのにあっという間。
シーズン始めに今後の期待を高めてくれた演奏会でした。
5月の特別演奏会での第2番「復活」はCD化されましたが、個人的にはこの3番をCDにしてほしい!出たら買います!

2011年は聖響マーラーが3回立て続けです。もちろん楽しみ!



●第1位:2/14 3/30新国立劇場「ジークフリート」「神々の黄昏」
ジークフリート第1幕黄昏パンフ

指揮:ダン・エッティンガー
演出:キース・ウォーナー
管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団

ブリュンヒルデ:イレーネ・テオリン
ジークフリート:クリスティアン・フランツ
etc…


不動の第1位!
就活中だったのにも関わらず、無理やりスケジュールを空けてねじこんだ公演です。特に3月は。
もちろん行って良かった! 
壮大なワーグナーの曲からパワーを貰って4月の就活戦争を乗り越えられました!
何しろ、これまで面接が全然通過しなかったのに、この公演の後の4/1に気持ちを入れ替えて臨んだ最初の面接がトントン進み、その会社が就職先になってしまいました(^^)
音楽のチカラはすごい!
そういう意味でも思い出深い公演です。

キース・ウォーナーの独特な演出が印象的ですが、白眉は主役の歌手2人でしょう。
イレーネ・テオリンとクリスティアン・フランツがこの不思議な世界に確固たる基盤を築いていました。
ワーグナーの曲は家で聴いていると微妙でしたが、新国のようなオペラ劇場で聴くとしっくりしますね。これが本来の聴き方なんだ!と。

この頃は前日発売の学生Z席なるものがあってかなりありがたかったですね~。
あぁ良い時代だった。今は昔…。公演中の「トリスタンとイゾルデ」も行きたかったんですが。



それでは、ジャズの方も。
●JAZZ第1位:11/25渡辺香津美トリオ NHK SESSION2010 公開収録
20101125 jazzimpressionL


ギター:渡辺香津美、
ベース:井上陽介
ドラムス:則竹裕之

セットリスト: Route65、For on Six、エルドラド、遠州つばめ返し、Child is Born、Impressions

日本のトップ奏者が揃い踏み!
遥かなる高みのテクニックでやりたい放題。楽しいライブでした。



それでは良いお年を。来年も良い公演を聴けますように・・・。
スポンサーサイト

この記事へコメントする















syllable

Author:syllable
出身:横浜
在住:三重→兵庫→三重(現在)
クラシックを中心にジャズやJ-POPなどを聴いています。
神奈川フィルを応援してます!

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -