2017 / 09
≪ 2017 / 08 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2017 / 10 ≫

20110114ピアノジャック20110114風神雷神

このブログにしては、かなりテイストの違うライブへ行ってきました。
ピアノとカホンの2人組バンド、→Pia-no-jaC←
ジャンル的にはロックになるのでしょうか?
オリジナルに加え、クラシックやゲーム音楽のアレンジもあるなどかなり守備範囲は広い。

雑貨屋のヴィレッジヴァンガードへ行ったことがある人は必ず聴いたことがあるでしょう。
逆に言うと、行かない人はまず知らないみたいですが…。

会場は渋谷のライブハウスMt.RAINIER HALL。ユニクロの上にライブハウスがあったとは知りませんでした。
ワンドリンクでスパークリングワインを飲んで、ライブハウスとは思えないほどゆったりしたイスでゴロゴロ開演を待ってました

5日間連続公演の3日目。毎日コンセプトが変わり、今日の公演は3rdアルバムの「風神雷神」とのこと。
→Pia-no-jaC←を最初に聴いたのがこのアルバムだったので楽しみでした!

このアルバムの代表曲「台風」はこんな曲です↓




●メンバー
→Pia-no-jaC←
ピアノ:HAYATO
カホン:HIRO


楽しかった!凄かった!暑かった!
ぶっ通しの2時間半があっという間!
2人だけとは思えないスケールの大きな演奏でした!

ピアノのHAYATO、なんであんなに指が動くの?
しかも、それを客席を見ながらやってのけるもんだから摩訶不思議ワンダーランド。ただすごいとしか言えません。
汗をダラダラ流しながらのパワフルな演奏でした。

カホンのHIRO、あんなに音のバラエティがあるとは!
カホンだけでも叩き方や叩く場所で表情が全然変わる。長めのソロパートでもとめどない音の洪水で全然飽きることがなかったです。
色々なアイテムも出てくるし。波の音を出したり、ホイッスルやパフ♪とか。

演奏中は客席をすごく意識していて、一体感を作ろうとしてました。
手拍子をうながすのはもちろん、演奏中に饅頭を食い始めるとかの遊び心も(^^)
ストリート出身だからこそのきめ細かい気配りですね。
あと、演奏はもちろんですが、トークの掛け合いも面白かったです。さすが関西人。


曲目は、セットリストの順番を正確に覚えてないので思いつくままに感想を書いていきます。

最初の曲は「花火 〜HANABI〜」でした! 暗闇の中を紋付袴の2人が登場して、バラードからの立ち上がり。
じゃあ「台風」は最後か?と思ったら2曲目でもう登場。
やっぱりこの曲はカッコイイ!
続いてアルバムと同じく「Time limit」へ。このつなぎは固定なんですね。

この後は、他のアルバムからもたくさん曲を!


・クロノトリガーの超超名曲「風の憧憬」
えっ、FFじゃなかったの? と思ってたら「love SQ」の第2弾に収録されるとのこと。
クロノ曲の中で1番好きな曲なのでうれしい予想外でした。
CDが発売されたら要チェックですね。

・うさぎDASH
うさぎ年ですからね。自然とウキウキしてくる曲です。

・それでも猫は追いかける
→シャカシャカ大作戦袋なんて物が売ってたのね。気づかなかった…。

・CROSSBEAT(s)
→たしかアンコールでした。ピアノパートの右手がどう動いてるのか見てても良く分からない。


あっという間の2時間半でした。
これぞライブ!来たかいがありました(^^)
スポンサーサイト

この記事へコメントする















syllable

Author:syllable
出身:横浜
在住:三重→兵庫→三重(現在)
クラシックを中心にジャズやJ-POPなどを聴いています。
神奈川フィルを応援してます!

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30