2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

20110116東京フィル「新世紀への序章」

今年で東京フィルが100周年!
1世紀も続くとはすごいことです。その1番手を飾る記念すべき演奏会。

「東京フィル100年寿ぐ」というテーマで大野和士さんが企画し、委嘱作品やプロコフィエフなど近現代の意欲的な曲目を並べました。
しかし、その大野さんが突然の降板となり、急遽渡邊一正さんが代振りすることに。
その告知が出たのが11日なので、演奏会初日の13日まではほとんど時間がない!
これだけ厳しい状況で、しかも大野さん降板で絶対に叩かれる展開になると分かってるのに、渡邊さんも良く引き受けたと思います。
エライ!それだけは言っておきましょう。

さて、全国的に雪が降っていた日曜日。なんでセンター試験の時ってこうなるんでしょう?
東京は雪こそ降らなかったものの最高気温6℃だったそうで、朝寒くて起きてしまいました。
こんな日にコンサートはピッタリだと思います。


●メンバーと曲目
指揮:渡邊一正
演奏:東京フィル

ヴァイオリン:竹澤恭子

コンマス:荒井英治


望月京/むすび
バーンスタイン/セレナード
プロコフィエフ/交響曲第5番op.100


席は3階の最前列でした。

1曲目は望月京さんの“東京フィル100周年記念委嘱作品”
雅楽の響きを基に様々な音楽が提示され結ばれていく、というような作品らしい。
双調の調子(音階で表すとソ・ラ・シ・ド・レ・ミ・ファ・ソ)という、長調でも短調でもない音階がベースになってるせいか、無調音楽っぽい。
最初は空虚5度っぽい2音がずっと響いてたし。どこへ行くか分からず音がフワフワ漂い、ずっと落ち着かない。
その中に、ピッコロが篳篥みたいな吹き方をしたり、お囃子の旋律が出たりと、西洋の音で日本のメロディーを異化し続ける。
そんなところに、西洋の音楽を極東の日本で演奏し続けてきた東京フィルの紆余曲折の100年間を表現したというところでしょうか?
現代音楽にしてはやりたいことが分かりやすい作品ではないかと思います。
もっともイビキも聴こえてましたけど。

2曲目はヴァイオリンの竹澤恭子さんを迎えてバーンスタイン。管楽器がいない珍しい形式のヴァイオリン協奏曲。
竹澤さんは以前神奈川フィルの定期演奏会で聴いて好印象だったお方。
今回も堂々かつソフトな演奏を聴かせていただきました。
管楽器がいないせいか良く調和していたように思います。


そしてメインのプロコフィエフ。
無難に無難に平板に安全運転という演奏でした。
ソ連の音楽なんだから色々ヒネリを入れたら面白そうなんですが、まあ仕方がないでしょう。

さて、何といってもオケの皆さんがとにかく奮闘。
記念の演奏会ということでオケがフルメンバーだったのでしょう。
難しいソロパートがたくさんあったのに、皆さん見事に演奏していました。
私の記憶に残るほどのミスがほとんどなかったのはかなり凄いのではないかと。
最後にチェロの皆さんへ拍手が贈られましたが、他の木管・金管の首席それぞれにも拍手をしたかったです。

ちなみにブラボーはなかったです。この平板な演奏ではさすがにねぇ…。
スポンサーサイト

この記事へコメントする















syllable

Author:syllable
出身:横浜
在住:三重→兵庫→三重(現在)
クラシックを中心にジャズやJ-POPなどを聴いています。
神奈川フィルを応援してます!

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -