2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●メンバーと曲目
・前半
ソプラノ:市原愛
ピアノ:越智晴子

ヨハン・シュトラウス/「こうもり」から、公爵様あなたのようなお方は
レハール/「ジュディッタ」から、唇に熱いくちづけを
武満徹/小さな空
武満徹/うたうだけ
武満徹/死んだ男の残したものは
ドボルザーク/ロマの歌(全曲)

・後半
ピアノ:外山啓介

リスト/愛の夢第3番
リスト/ソナタロ短調


ソプラノの市原愛さんは、昨年12月に神奈川フィルの第九にご登場された方。
この時の印象は薄いんですが、ブログを見返したらもう1つ公演に行っていました。
2008年のフェスタサマーミューザで新日本フィルとモーツァルトのアリア。
第九よりは合ってるかなと。
名曲リサイタルは出演者がやりたい曲だけが並ぶのがよいところです(^^)
今回は、武満徹さんの作品が並んでいるのが特徴的。
ソプラノではあるものの、これからは中音域の曲にも取り組んでいくとのことです。
「死んだ男の残したものは」は反戦メッセージ濃厚の重い曲でした。
最後の「ロマの歌」も"母が教えてくれた歌"以外は知らなかったんですが、曲毎に特徴があり面白い曲でした。


後半はピアノの外山啓介さん。「英雄ポロネーズ」だけ演奏会で聴いたことがあります。
大きい手から繰り広げられるダイナミックな表現と確かなテクニックが魅力。
曲目はリスト生誕200周年ということで、「愛の夢」と「ソナタ」
「ソナタ」は演奏時間が30分間という大曲。
オクターブ進行や叙情的な箇所などリストっぽい要素がこれでもかと散りばめられていて気が抜けない。
ピアノ曲には疎いため知らなかったですが、有名な曲らしいですね。
外山さんは6月にラフマニノフの「パガニーニの主題による狂詩曲」を神奈川フィルと共演するそうです。
他の曲も良く、行けないのが残念です。

スポンサーサイト

この記事へコメントする















syllable

Author:syllable
出身:横浜
在住:三重→兵庫→三重(現在)
クラシックを中心にジャズやJ-POPなどを聴いています。
神奈川フィルを応援してます!

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。