2017 / 06
≪ 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 ≫

20110319読響「トランスクリプション」

地震の影響で首都圏の演奏会が軒並み中止になっています。
私が買った3公演も全てキャンセルになり、思いがけず土日の予定が空いてしまいました。

そんな中、この公演は開催されるということで急遽当日券で行ってきました。
なんとすべて編曲というマニアックな曲目。
編曲というと、ムソルグスキー「展覧会の絵」やブラームス「ピアノ四重奏曲第1番」ぐらいしか聴いたことありませんでしたが、こんなにあるものなんですね。
そして、こんな面白そうなプログラムを組むのはもちろん下野竜也さん!
この人だったら絶対楽しめる!という安心感があります。


●メンバーと曲目
指揮:下野竜也
演奏:読売日響

クラリネット:四戸世紀

バッハ(エルガー編曲)/幻想曲とフーガBWV.562
ブラームス(ベリオ編曲)/クラリネット・ソナタ第1番
グルック(ワーグナー編曲)/歌劇「アウリスのイウィゲニア」序曲
ウェーバー(ベルリオーズ編曲)/舞踏への勧誘
ドビュッシー(ビュッセル編曲)/小組曲
バッハ(シェーンベルク編曲)/前奏曲とフーガBWV.552「聖アン」


演奏に先立ち被災者の方々に向けて、バッハ/管弦楽組曲3番よりアリア。
拍手をせずにしばし黙祷。


印象的なのは最初と最後のバッハ。バッハで始まりバッハで終わるという明らかに意図的な順番ですね。

最初のエルガー編曲は、とにかくドラマチック!
原曲ってオルガンだよね?と確認してしまう。
読響の力強いサウンドも相まって最後は大盛り上がり!
エルガーはカトリック、バッハはプロテスタントという宗派の違いが分かりやすく曲に表れていると思いました。
1曲目からいきなりクライマックスでした。早速ブラボーおじさんもいたし。

一方、最後のシェーンベルク編曲の方はそれほど違和感なく聴けました。
原曲の音の雰囲気をできるだけそのままオケに移管し、余計なことはしていないような気がしました。
20世紀音楽の方が19世紀音楽よりも却ってバッハに近いんですかね。
バッハとシェーンベルクはどちらも普遍性を追求していたという共通点がありますし。

この2つを選択してきたのはさすが下野さんのプログラミングですね。
あとの曲も色々こだわりがあるのでしょうが、私ではまだまだ分かりませぬ。
原曲と聴き比べてみます。

さて、クラリネット・ソナタは読響首席の四戸さんのソロを堪能。ダンディなおじさまでした。
この土日の演奏会を最後に退団されてしまうそうです。
超絶技巧はないのですが、ブラームス晩年の作品ということでどことなく寂しさが漂う曲でした。
今回の演奏会にピッタリ。若手が演奏しても映えないでしょう。やはり円熟味漂う方ではないと。
ロビーで売ってた四戸さんのCDにもこの曲が入ってましたし、ご本人の選曲でしょう。
むしろこの曲から「トランスクリプション名曲集」のアイデアが生まれたか?と勘ぐってしまいました。
万雷の拍手の後、アンコールはモーツァルト/アダージョでした。

終演後はロビーで義援金の呼びかけ。下野さんがダッシュで先回りしていてビックリ。お疲れ様でした。
やはり下野さんの演奏会は外れなし!
スポンサーサイト

この記事へコメントする















syllable

Author:syllable
出身:横浜
在住:三重→兵庫→三重(現在)
クラシックを中心にジャズやJ-POPなどを聴いています。
神奈川フィルを応援してます!

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -