2017 / 06
≪ 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 ≫

ラ・フォル・ジュルネ入口_0001

今日はいったい何回、「ハンガリー舞曲第5番」を聴いただろうか?
丸の内のあちこちであのメロディーが流れていました。


さて、せっかく実家に帰省しているのだからと、我慢できずに“今日は1日ラ・フォル・ジュルネ三昧”をしてきました(^^)
ピアノ五重奏のチケットだけは抑えておいて、あとはすべて無料公演。
無料公演だけでもたくさん開催されていて、チケットを買ってなくても十分楽しめそうでした。

モーショントリオ_0001

●「0才からのコンサート」(10:00~、於:展示ホール)
指揮:ドミトリー・リス、演奏:ウラル・フィルハーモニー管弦楽団、司会:石丸幹二
[オールブラームスプログラム]
大学祝典序曲、ハンガリー舞曲4、5、6番、交響曲第1番より第3楽章、第4楽章

1番手はオーケストラ。ドミトリー・リス氏とウラルフィルのコンビです。
何でも震災によるキャンセル分をカバーするため、このコンビで7公演も演奏するとか!
協奏曲が多くて、リハも大変だと思います。

ロシアのオケでブラームスということで、少し毛色が違った演奏でした。
ドイツっぽくやるとズシーンと重いイメージですが、ロシアはどちらかというと雄大な風景が広がってくるような感じ。これがお国柄?
交響曲第1番では特に違いを感じました。
あと、オケは弦が控えめで木管が比較的目だっていたような。

「0才からのコンサート」ということで、石丸さんが“音楽の絵本”に絵を描いていこう!というテーマで話を進めていく流れでした。
子供の反応が正直。特に、交響曲第1番第4楽章のオドロオドロしい序奏では、泣き声が会場のあちらこちらで鳴り響いてました。


ブラジャーク弦楽四重奏団_0001

●フランク・ブラレイ(ピアノ)&ブラジャーク弦楽四重奏団(11:30~、於:よみうりホール)
ブラームス:ピアノ五重奏曲

ビックカメラは何回も行ったことがあったものの、上にホールがあったことは今回初めて知りました。
しかも意外と広い!一番後ろだったんですが、演奏者が遠い…。音は思ったより良かったですが。

ブラジャーク四重奏はチェコの方々。
なぜか1stヴァイオリンがキンキンした音ではなかったです。
その代わり、1人1人の音が聴けるので私はこっちのほうが好みですけど。

モーショントリオ_0001
●モーション・トリオ(13:40~、於:展示ホール)
ブラームス:ハンガリー舞曲1、5番
リスト:ハンガリー狂詩曲
など

アコーディオン三重奏という珍しいトリオ。
メロディー、伴奏、ベース&リズムという分担。リズムの人は楽器を叩く場面も!

クラシックの名曲がラテン調になってて面白い!
体を大きく動かしながらノリノリ。指の動きがすさまじかったです。
1回聴いたら強く印象に残る御三方でした。


「ブラームスとリストの世界」という展覧会があったので、次の公演まで散歩がてら東京駅の方をぶらついてきました。
ブラームスの「雨の歌」自筆譜がメインらしい。けっこう音符が読みやすかったです。


●小曽根真ソロ(16:30~、於:展示ホール)
オリジナル曲×2曲
クラシック即興(リスト:愛の夢、ブラームス:ハンガリー舞曲第5番など)

会場が超満員!!座席はもちろん埋まり、立ち見もビッシリ!
小曽根さんも圧倒されていたようです。
知名度が桁違いですからね~。無料で聴けるとあらばこうなるでしょう。

最初と最後は小曽根さんのオリジナル。
どちらもバラードでしたが、大きい会場にも関わらず緊張感が張り詰めさせていたのはこの方の力量でしょう。
一方、派手だったのはハンガリー舞曲。
最初に聞いたときタンゴにしよう!と思ったらしくノリノリのアレンジに。
思う存分テクニックを堪能させていただきました。思わずブラボーおじさんも発生。
立ち見でしたが、20分間があっという間でした。


朝から晩まで音楽に埋没できる至上の一日でした!
こんな機会は日本では他にないでしょう!
来年はガンガンチケットを買って、たくさん演奏を聴くぞ!と今から決意です。
スポンサーサイト

この記事へコメントする















syllable

Author:syllable
出身:横浜
在住:三重→兵庫→三重(現在)
クラシックを中心にジャズやJ-POPなどを聴いています。
神奈川フィルを応援してます!

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -