2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20110626名古屋フィル チャイコフスキー第1回


先週の定期に引き続き、名フィルの演奏会でございます。
今回は市民会館シリーズということで金山へ。
当日券は無事確保しましたが、席種によっては完売だったそうです。

近くに名フィルの事務局があるとのことだったので、チラシを漁ってきました。
終了した演奏会のプログラムの余りも置いてあるんですね。何か欲しかったら探しに来よう。
昨年度のシーズンプログラムも貰ってきましたが、楽団員の首席・次席の昇降が多すぎ!
さぞかし熾烈な争いが繰り広げられてるのでしょう。

ホールはほぼ満席!さすがチャイコフスキー。
オーケストラの魅力を分かりやすく満喫できる偉大な作曲家です。
私が初めてクラシックを聴く人に勧めるならモーツァルトよりチャイコフスキーですね。


●メンバーと曲目
指揮:円光寺雅彦
演奏:名古屋フィル

コンマス:日比浩一

チャイコフスキー:交響曲第1番『冬の日の幻想』
チャイコフスキー:交響曲第4番

※アンコール
チャイコフスキー:『白鳥の湖』よりチャールダッシュ



注目はやはり円光寺氏の指揮。

私はオーソドックスな指揮者だなぁと思いました。
棒の振り方だけではなく演奏も。
奇をてらわず、じっくりと曲と対峙しながらオケをまとめていく。
大きな驚きはないけれども、正統派で確かな演奏を聴かせてくれる方ではないかと。
まあ、1回の演奏会だけではなんとも言えませんけどね。

前常任フィッシャー氏とは逆のタイプの指揮者を選んだのでしょうか?
もっとも私は彼の実演をまだ聴いていませんが。7月定期までの辛抱です。

同じタイプだと小泉和裕さんでしょうか。
偶然にも次回のチャイコフスキー・ツィクルスでいらっしゃいます。
私は平日夜に行くのは厳しいですが、次回も行ける方は両氏の演奏を比べてみるのも一興かと。


さて、前半は冬の日の幻想。外の熱気とは正反対の題名です(笑)
チャイコフスキーがサンクトペテルブルクからモスクワへ出てきた直後に作曲されたとのこと。
ロシアを思わせるメロディーに、幻想の都ベテルブルクを思い浮かべながら聴いていました。

円光寺氏は終曲後に活躍した楽員を立たせてましたが、最初がオーボエ首席は良いとして、2番目にヴィオラセクションを立たせたのはさすが。
私は実演で観るまで知らなかったのですが、想像以上にヴィオラが活躍してる曲なんですよね。


後半の第4番は出だしの勇壮なホルンからスタート。
暗→明の曲かと思いきや運命の動機が影を落とす。
とはいっても、チャイコフスキーらしい優美なメロディーが多く、5番、6番と並んで人気曲というのも納得ですね。


どちらもホルンが大活躍!
前半のホルン首席は女性。あれ?いつもの首席の方はお休みなのかな?
今日のプログラムでホルン首席不在は意外。演奏が悪いとは思いませんでしたが。
と思ってたら、後半ではいつもの首席の方に代わっていました。
先週に引き続き松葉杖でしたが、お体大丈夫なのでしょうか?


終演後は会場いっぱいの拍手。
楽団員の皆さんからも温かい拍手が贈られていて、良好な関係が築けているように見えました。
人気のあった前任者の後釜ということでやりづらいこともあるかと思いますが、これからじっくりと自分の音づくりをしてほしいものです。


さて、次の名フィルはいよいよフィッシャー氏だ!
スポンサーサイト

この記事へコメントする















syllable

Author:syllable
出身:横浜
在住:三重→兵庫→三重(現在)
クラシックを中心にジャズやJ-POPなどを聴いています。
神奈川フィルを応援してます!

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。