2017 / 06
≪ 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 ≫

20110922ザルツブルク・モーツァルテウム2

招待券が当たった!三重県では初のコンサート!
名古屋まで行かなくていいのは大きいです。
オケも期待できそうだし、何としても行かねば!
残業で行けないとあまりにも悔しいので、今日は定時で切り上げられるように計算して退社、急いで会場へ。
社会人で平日夜のコンサートに行くには事前準備が大切ですね。

コンサートの会場は四日市市文化会館。大ホールに入るのは初。

20110922ザルツブルク・モーツァルテウム

全席招待のみという公演で、主催は岡田文化財団。
三重県の文化芸術の振興支援を行っている団体だそうです。
何で三重なのかと思って調べたら、ジャスコ創立者の岡田卓也氏の寄付を元にして設立したらしいとのことで納得。
この辺りはイオンの天下ですからね~。イオン様様です。


●メンバーと曲目
指揮:アイヴォー・ボルトン
演奏:ザルツブルク・モーツァルテウム管弦楽団

ヴァイオリン:植村太郎


モーツァルト:交響曲第39番
モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第5番「トルコ風」
モーツァルト:交響曲第40番


直球勝負の3曲が並びました。

オケは小編成で第1ヴァイオリンは6人でした。
対抗配置でホルンはナチュラルホルンだけど、ヴィブラードは少しかけてました。
完全なピリオドではなさそうだけど音の響きはクリアでした。日本のオケがヴィヴラードしすぎなのかな?
あと、息の合い方がケタ違い!
音の出るタイミングが合うのはもちろんですが、演奏者の息遣いまで合ってる気がする。さすが本場!

39番は仕事の疲れで少しウトウトしてましたが、本命の40番はバッチリ聴いてました。
アンコールは2曲もやってくれましたが曲名は不明…。


ヴァイオリン協奏曲では桑名市出身だという植村氏の登場。名フィルでもたまにコンマスやってますね。
演奏は頑張っていましたが、なにぶんオケが上手いからね…。
あと、植村氏の演奏とモーツァルトが何かしっくりこない。ロマン派の方が合っていそう。
ソロリサイタルではブラームスやR.シュトラウスのソナタを弾いてたそうです。
アンコールもありましたが、足組みしながらじっくり聴いているコンマスをはじめとする達人の注目を浴びながらの演奏で相当のプレッシャーがかかっているように見えました。
正直、私の好みとは逆のタイプのヴァイオリニストですが、三重県出身として頑張ってほしいものです。



演奏会全体としては想像以上の大満足!
ザルツブルク音楽祭のレギュラーだというのに今まで知らなかったオーケストラですが、これからはチェックしていきましょう。
しかし、なんでCD売り場がなかったんだろう?
演奏水準高いし、全て招待席の公演なんだから、けっこう売れたと思うんですけどね。
少なくとも私は買ってたと思いますよ。

演奏会後はさっさと帰宅。
家で1人演奏を思い出しながらキーボードを叩いていると、横浜だけではなくこっちでも演奏会後に音楽談義をする仲間が欲しいなと思います。
まずは、行けるだけ演奏会に行きブログ記事を書いて実績を積んでいきましょう。

さて、9月は名古屋フィル、神奈川フィル、そしてモーツァルテウムと3回も演奏会があった素晴らしい月でした。
10月は名古屋フィルの公演が別の用事と重なったので、今のところ演奏会の予定なし…。
3連休で旅行がてら聴きに行けないか画策しております。
スポンサーサイト

この記事へコメントする















syllable

Author:syllable
出身:横浜
在住:三重→兵庫→三重(現在)
クラシックを中心にジャズやJ-POPなどを聴いています。
神奈川フィルを応援してます!

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -