2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20111119名古屋フィル第385回定期

このブログのコンサートレビューが今回で200回を迎えました!
よくもまあこれだけの回数を演奏会に行って、マメに感想を書いたものです。
次は300回にむけてコツコツと記事を書いていきましょう。


さて、大きな雨粒が打ちつける中を行ってきました愛知芸術劇場。
今回のテーマはロシア&ハンガリーで「愛の渇望」
1番のお目当ては何と言ってもショスタコーヴィチのヴァイオリン協奏曲!
とてつもない超絶技巧と無伴奏の長大なカデンツァは生演奏で1度聴いてみたかった!

この1曲だけでも聴きに来る理由には十分でしたが、この演奏会ではさらに後半にハンガリーの大曲が2曲も!
個人的には来ない理由がどこにもない演奏会です。

ただ、マニアックな曲目のためか当日券でいつもより良い席が買えてしまいました。嬉しいような悲しいような。
集客とのバランスは難しいと思いますが、個人的にはどんどんマニアックな曲を取り上げて聴かせてほしいですね!
来年度のシーズンラインナップも発表されてましたが、なかなか面白い曲がちらほらと(^^) 詳しくはまた別の記事で取り上げる予定です。

●メンバーと曲目
指揮:ゴロー・ベルク
演奏:名古屋フィル

ヴァイオリン:アリーナ・イブラギモヴァ

ツィンバロン:崎村潤子

コンマス:日比浩一


ムソルグスキー(ショスタコーヴィチ編):歌劇『ホヴァンシチーナ』前奏曲(モスクワ河の夜明け)
ショスタコーヴィチ:ヴァイオリン協奏曲第1番
コダーイ:組曲『ハーリ・ヤーノシュ』
バルトーク:バレエ『中国の不思議な役人(不思議なマンダリン)』


改めてみると何と濃いプログラムでしょう!

1曲目は『ホヴァンシチーナ』
心が洗われる美しい曲。今思えば嵐の前の静けさでした。

良い感じにホールが温まったところで、2曲目のヴァイオリン協奏曲第1番へ。
イブラギモヴァさんが黒い衣装でご登場。想像以上に小柄な方。
しかし、演奏が始まると凄まじい集中力で鬼気迫る演奏。終始目が離せない。
高速の技巧部でも淀みなく弾く高いテクニックにも感嘆しましたが、個人的には何と言っても第3楽章のカデンツァ!
完全に引き込まれてしまい、あれだけ長いのに全くダレることなく聴かされてしまいました。

かなり動き回りながら弾くタイプで、私が今まで見たヴァイオリニストの中では2番目に動く人にランクイン。(ちなみに1番は神奈川フィルコンマス石田さん。今日の題名のない音楽会にも出てましたが、あの出で立ちでコンマスやってると思った人はさて何人いたのでしょうか?)
プロフィールによると弾き振りもしているそうです。
演奏中にあれだけオーラが出てればその姿は容易に想像可能でしょう。

ベルク氏の指揮サポートも相当なもので、合わせにくそうなこの曲をピタリと合わせていました。
下手な指揮者&オケだったら絶対に崩壊してる。両者の技量の高さがうかがえます。

アンコールは、バッハ:無伴奏ヴァイオリンの為のソナタ第2番より第3曲「アンダンテ」でした。
21日に宗次ホールでバッハ無伴奏のリサイタルをするそうです。今回の演奏を聴いてチケットを買った人もいることでしょう。

前半で素晴らしいヴァイオリンを聴けただけでもう大満足!
でもまだまだ後半があるのです。


後半1曲目はコダーイの『ハーリ・ヤーノシュ』
この作曲家の代表曲らしいですが、そもそもこの人の曲が全然分からない…。
でも、そんな心配は無用の楽しい組曲でした!
個人的には第2曲のウィーンの音楽時計がウキウキしてくる楽しい曲で好きです。

第3曲と第5曲に登場するツィンバロンの独特の音も良い味出してました。日本の筝みたいな音。
ただ、崎村さんが何か頑張っているんだけど、オケに埋もれて良く音が聴こえない箇所が多々…。
崎村さんのHPに第5曲 間奏曲の動画を発見したので視聴してみましたが、録音だとそれなりに音が聴こえるようです。
ちなみに今回の演奏会と同じく、この動画でもここで拍手が(^^) 
拍手したくなりますよねぇ。

さて、まだ1曲あるんだっけ? 
ということで最後の『中国の不思議な役人』へ。

騒がしい町でのクラリネットの魅惑的な旋律に導かれて物語の世界へ。
ストーリーはエログロらしいですが、話を知らなくても音楽が場面場面でドラマチックに変わっていくので楽しめる。
中国の役人が登場してからは切迫感あふれてどんどん音楽が加速!
こういう曲もあるんだなという発見があるのが定期演奏会の良いところですね。

今回のオケのMVPはクラリネットのボルショス氏でしょう。
ホヴァンシチーナ、中国の役人での活躍が印象深かったです。

さて、次の名古屋フィルは高関さんのブルックナーへは残念ながら行けないので、年末の第九の予定です。
スポンサーサイト

この記事へコメントする















syllable

Author:syllable
出身:横浜
在住:三重→兵庫→三重(現在)
クラシックを中心にジャズやJ-POPなどを聴いています。
神奈川フィルを応援してます!

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。