2017 / 09
≪ 2017 / 08 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2017 / 10 ≫

20111223名古屋フィル 第九演奏会

これほどじっくりと腰を据えて充実した第九があったとは!
さすが名誉指揮者。アツモン氏、ただものではない。


●メンバーと曲目
指揮:モーシェ・アツモン
演奏:名古屋フィル

ソプラノ:大隅智佳子
メゾ・ソプラノ:手嶋眞佐子
テノール:大澤一彰
バス:戸山俊樹

合唱:愛知県合唱連盟

コンマス:植村太郎


ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱付」


さて、今回の会場は中京大学文化市民会館。
天下の第九なので座席はかなり埋まってました。
プログラムは第九のみ。ウォーミングアップの軽めの曲を入れる演奏会が多い中では珍しく直球勝負です。

アツモン氏は1931年生まれの80歳(!)とのことですが颯爽と登場。元気なことはいいことです。
演奏は老達らしく、あわてず、さわがず、おちついた演奏でありました。
聴かせどころはタップリと聴かせるということで、管楽器のソロパートは大変そうでした。
勢いがある第九ばかり聴いてましたが、こんな演奏もあるんですね。
もし、あの会場に初めて第九を聴く人がいたら、間違いなく寝てたことでしょう。
演奏時間は70~75分ぐらいだったから、テンポも遅めだったようです。

あと、特徴的だったのは、裏メロディーがやたら聴こえたこと。弦楽器の裏の管楽器とか。
音のバランスには一家言あるとお見受けしました。
第4楽章の合唱が入っても、オケの裏メロディーが聴こえたのは初めての体験。

華やかな第九ではないですが、聴き終えた後の充実感はこれまでで一番かも。


アツモン氏の演奏会はまた聴かねば!
次はいつ来るのかと調べたら、名フィル来年度シーズンでマーラーの3番を振るんですね。
これは今から期待!
スポンサーサイト

この記事へコメントする















syllable

Author:syllable
出身:横浜
在住:三重→兵庫→三重(現在)
クラシックを中心にジャズやJ-POPなどを聴いています。
神奈川フィルを応援してます!

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30