2017 / 05
≪ 2017 / 04 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - 2017 / 06 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20120129名古屋フィル定期第387回定期、尾高氏の「悲劇的」

3週連続名古屋フィルの2週目。今週はマーラーの「悲劇的」
神奈川フィルで昨年3/12に行われた"あの伝説の"演奏会で聴いて以来です。

●メンバーと曲目
指揮:尾高忠明
演奏:名古屋フィル

コンマス:後藤龍伸

マーラー:交響曲第6番「悲劇的」



尾高さんがマーラーを振るんだって!行かなきゃ!

同じことを考えた人は多かったようで、客席が(珍しく)3Fまでビッシリ埋まってました!
期待値の大きさが伺えるというものです。
マーラーということでオケはエキストラも加え大編成。名古屋フィルの総力戦です。
先週のシューベルトでは47人だったそうですが、今日のマーラーはなんと108人! 同じ「悲劇的」でもえらい違いです。
ビックリしたのは、ホルンセクションに東響のジョナサン・ハミル氏がいたこと!
この人メチャメチャ上手いのに、首席以外のエキストラで良く来てくれたな~。


オケの大海の中にポツンと指揮者が登場し、演奏が始まりました。
あまり起伏はつけずスッキリした演奏。しかし、ただ爽やかなわけではなく、深い裏付けを感じさせられました。

個人的には、マーラーの曲は展開がゴチャゴチャしてて、唐突に金管が鳴ったり、弦がメロディーを引き始めたりで聴いてて疲れる、というイメージ
しかし、今日の演奏は全然違う。
音のバランスに最新の注意を払うことで、自然な流れで曲が進行し、客席でゆったりと聴くことができました。
けっこう長い第1楽章があっという間に過ぎ去ってしまいました。

裏メロディーもよく聴こえ、この曲って意外とチェレスタ存在感あるな~、などの発見も。
並の指揮者なら力んでしまいそうですが、そこは練達の指揮者の深い知識と洞察に裏付けされた余裕があるからこそでしょう。

こういうマーラーもありだと思います。


第4楽章で最注目のハンマーはティンパニー奏者が持ち替えでした。昨夏に打楽器コンクールで入賞してた人かな?
ガツンと来るのに備えて身構えていましたが、思ったより音が小さくて拍子抜け。客席で起きずにずっと寝てた人もいたぐらい。
これが尾高さんのバランス感覚なんでしょうね。
個人的には、寝てた人が全員飛び起きるぐらい盛大にやってほしかったですが(笑)


最後の断末魔の叫びの後の静寂から、割れんばかりの大拍手に!
皆が大絶賛するのも納得の「悲劇的」でした!
さすがベテラン尾高さん!

さて、来週は飯守さんのワーグナーでございます。
スポンサーサイト

【管理人のみ閲覧できます】
このコメントは管理人のみ閲覧できます
この記事へコメントする















syllable

Author:syllable
出身:横浜
在住:三重→兵庫→三重(現在)
クラシックを中心にジャズやJ-POPなどを聴いています。
神奈川フィルを応援してます!

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。