2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20120616名古屋フィル第392回定期「ある東欧の物語」


やはり下野さんの演奏会は当たりしかない!
チェコ関係の曲で歴史を辿る意欲的なプログラム。
悲劇的な出来事から触発された作品を聴いて、戦争と平和について深く考えさせられました。
アンコールはバッハのコラールで、こう来るとはさすがです。

梅雨という1年で最も嫌な時期になってしまいました。今日は雨でドンヨリとした天気。
演奏会も今日の天気のようにスカッとする曲目ではなく、戦争と平和について深く考えさせられる内容でした。
もちろん下野さん&名古屋フィルの充実した演奏だったからこそですよ!

テーマはチェコ。
周辺の大国に翻弄されてきた歴史を音楽で辿って行く、というコンセプト。
チェコというとドヴォルザーク&スメタナの国民楽派のイメージが強いですが、そこには留まらず珍しい曲目が並んでいます。
何しろ、指揮が下野竜也さんですからね。
そして、知らない曲が並んでいても、必ず楽しめるプログラミングとなっていることは、これまで聴いた演奏会で立証されています。
今回も、メイン曲のフスという作曲者は全く知りませんでしたが(吹奏楽ではすごく有名らしい)、とりあえずチケットは即買いしておきました(^^)

●メンバーと曲目
指揮:下野竜也
演奏:名古屋フィル

スメタナ:交響詩『ブラニーク』
モーツァルト:交響曲第38番『プラハ』
マルティヌー:リディツェ追悼
フス:プラハ1968年のための音楽

・アンコール
バッハ:おお人よ、汝の大いなる罪を嘆け


これだけマニアックな曲目なのに、席はボチボチ埋まっていました。

1曲目は『わが祖国』のラストを飾る『ブラニーク』から幕開け。
出だしでいきなりトランペットがコラールのメロディー「♪タタタータ」を高らかに演奏。
今日の演奏会のテーマメロディーです。
ブラボーおじさんもいて、まだ1曲目とは思えない盛り上がりでした!

2曲目はモーツァルトへ。
一応「プラハ」という標題はついているものの今回の曲目からは浮いている気がする1曲。
ヤナーチェクなら自然な流れだと思うんですけど。
深い意味があるのか、名曲による客寄せのためなのか。私にはわかりません。

演奏は私のイメージよりジックリした演奏。
特に第3楽章は軽やかにサラサラ流れていくイメージが強かったのですが、今回の演奏では音を1つ1つ丁寧に出しているという印象でした。
演奏会のコンセプトに合わせたアプローチだったのでしょうか。
それとも下野さんのモーツァルトってこんな感じなのでしょうか。

ここで休憩。前半までは割合明るめの方向性。後半からは暗くなってきます。

まずはマルティヌーのリディツェ追悼。
ひたすら重かったです。
何しろ村を丸ごと虐殺した事件がテーマですから…。
底が見えない絶望がひたすら迫ってくる曲でした。
家で1人で聴いたらどんどん気が沈んでいくことでしょう。

そして、ラストの「プラハ1968年のための音楽」
圧倒的!特に第4楽章。
第3楽章までで溜まりに溜まったエネルギーが最後で爆発!
レジスタンスのメロディーとそれを弾圧する軍隊のメロディーのぶつかり合いのすさまじさといったら!
フサが曲に込めた怒りがこれでもかと伝わってきました!

印象深かったのは打楽器だけの第3楽章。
鐘やマリンバなどが街の様子を描写する中で、スネアドラムのロールが近づいてくる軍隊を描写する…。
よくもまあ打楽器だけでこれだけ不安な描写をしようと思いついたなと。

下野さんには万雷の拍手!オケからも拍手!
そんな中、下野さんから一言。

「帰っちゃダメ!」

おいおい、これだけ圧倒的な演奏の後に何を持ってくるんだ?
と思ってたら、バッハ! 
コラールによる救済と来ましたか。
絶望に打ちひしがれていた心に一筋の希望を見出して締めるという粋な演出でした。

5月、6月と名古屋フィルは注目公演が続いていますが、7月も聴き逃せません。
何しろ次期常任のブラビンス氏の登場ですから!
田野倉さんのコンチェルトも楽しみです!
スポンサーサイト

この記事へコメントする















syllable

Author:syllable
出身:横浜
在住:三重→兵庫→三重(現在)
クラシックを中心にジャズやJ-POPなどを聴いています。
神奈川フィルを応援してます!

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。