2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20120729NHK交響楽団at四日市


“天下のN響”が四日市で公演!
イメージに違わずクールで理知的なドヴォ8でした。


さて、N響と言えば、日曜夜の「N響アワー」
3月に(なぜか)終了してしまいましたが、32年間も続いただけあって、N響の名前を広めることには多大な貢献をしたことは間違いないでしょう。
最近は、あのパーヴォ・ヤルヴィの首席指揮者就任で話題になってましたね。
ただし2015年からとかなり先の話ですが。

今回の演奏会は、四日市文化会館30周年事業の1つだそうです。
N響を皮切りに色々な企画が組まれています。
個人的には10月の四日市JAZZフェスティバルが楽しみ♪

しかし、98,99,2000年には四日市でN響の演奏会があったそうですが、なぜ最近来ていなかったのでしょう?


●メンバーと曲目
指揮:パブロ・ゴンザレス
演奏:NHK交響楽団

ヴァイオリン:バイバ・スクリデ

コンマス:堀正文


ブラームス:ヴァイオリン協奏曲
ドヴォルザーク:交響曲第8番



座席は上までビッシリ!さすが“天下のN響”です。


前半はブラームスのVn協奏曲。
スクリデさんのヴァイオリンは優美で、細かい部分もキレイ。
緩徐楽章はお手の物。
ソリストの音が小さめで、私がこの曲に持つ“ヴァイオリンvsオケ”のイメージとは少し違う演奏でしたが、これはこれでありでしょう。

Vn協奏曲なら、一般的にはチャイコフスキーの方が合いそうな人だと思いました。
もっとも、ご本人はブラームスの協奏曲が大好きだそうで、最近出したCDのライナーノートでは、
「…ブラームスの緩徐楽章すべては、ブラームスのいちばんすてきな瞬間だとおもいません? ああ、これほど美しいものは何もありません!」
とコメントしているそうです。

アンコールはバッハの無伴奏第2番。こういう曲が得意そう。


後半はドヴォルザークの8番。
なぜか、超有名な「新世界」よりもたくさん生演奏を聴いてます。
一番印象に残ってるのは読響。強靭な弦による力強く威勢のよい演奏でした。

今回のN響はというと、それとは真逆。
クールで、理知的で、余裕を持った、演奏でした。
好き嫌いは別として、こういう演奏ならN響は最も適任なオケでしょう。
弦が統率されてるし、管楽器のテクはあるし、色んな指揮者と共演してるし。

指揮のゴンザレス氏は暗譜。
ドッシリと構えて、1音1音丁寧に出す方針のようでした。
特に、第4楽章のファンファーレの後の弦のメロディーは止まりそうなぐらい遅かったです。
この曲で、じわじわ聴かせて、カタルシスとはほぼ無縁な演奏というのはかなり新鮮。

予想外にアンコールがあり、モーツァルト「フィガロの結婚」序曲を演奏してくれました。


何だかんだで、自分の住んでいる地域に在京オケが来てくれると嬉しい、と実感した演奏会でした。
スポンサーサイト

この記事へコメントする















syllable

Author:syllable
出身:横浜
在住:三重→兵庫→三重(現在)
クラシックを中心にジャズやJ-POPなどを聴いています。
神奈川フィルを応援してます!

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。