2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

20121013名古屋フィル第395回定期演奏会「おとぎの国の風景」


突然ですが仕事で三重から兵庫に引っ越すことになりました。
今回がこちらにいる間の最後の名古屋フィルです。

フィッシャー氏の指揮を観るのは初めて。
名古屋フィルとのショスタコーヴィチは前評判も良かったのでかなり楽しみでした。
ホールもいつもより人が多いような気がしました。
(9月の定期が名曲路線でたくさん人がはいってたそうですけど)

●メンバーと曲目
指揮:ティエリー・フィッシャー
演奏:名古屋フィル

ピアノ:エフゲニー・スドビン

コンマス:日比浩一


マスネ:組曲第6番『おとぎの国の風景』
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第1番
ショスタコーヴィチ:交響曲第10番

1曲目のマスネは聴きやすく楽しい曲。
小品とはいえ、フィッシャー氏の指揮では楽器がビッシリ揃って引き締まった演奏になっていました。この後の曲も期待できそう。
第3曲「幻」ではホルン首席の安土さんの大ソロ。安定感ある温かい音色でした。

ちなみに、安土さんはラフマニノフでもショスタコーヴィチでも大活躍!
前半と後半で首席を交代しても良いんじゃないかと思うほどのソロの量でしたが、1人で吹き切っていました。
今回の演奏会MVPは間違いないでしょう!


2曲目はラフマニノフのコンチェルト。
ズドビン氏が登場。初めて聴くピアニストです。
スマートで落ち着きのある振る舞いで登場。
演奏も淡々とクールにスラスラ難所を弾いてました。音もきちんと粒が聴こえたし。
なかなかのピアニストだと思います。
ただ、派手好きではなさそうなので、曲目が合わないとキツそう。
今回の演奏会で有名な2,3番ではなく1番を取り上げたのは、スドビン氏のリクエストなんじゃないかと思ってます。

アンコールはスカルラッティでした。しかも2曲。
金曜は1曲だけだったらしいので、今日の方が気分がノッていたのでしょう。


そして、メインのショスタコーヴィチの10番!!
フィッシャー氏の統率力が存分に発揮され、クールな演奏でした!
ショスタコーヴィチでこういう演奏をするのは珍しいのでは?
ドンチャン騒ぎの第2楽章も抑えめ。その分、スネアドラムが目立って音が突き刺さってくるのが面白い。
感情に身を任せず、曲のテクスチャーをクッキリと浮かび上がらせた名演だと思います。

異動前最後の名フィル公演として悔いなしです


期待通り大満足の名古屋フィルでした!
フィッシャー氏が常任だった頃を知らない身としては、当時の聴衆がうらやましいです。

さて、これからのコンサート予定は、名古屋公演が全て吹っ飛んでほぼ白紙になってしまいました…。
残るは神奈川フィルの11/23「英雄の生涯」、12/23「第九」ぐらいです。
早急に関西オケの情報を集めなくては!
スポンサーサイト

この記事へコメントする















syllable

Author:syllable
出身:横浜
在住:三重→兵庫→三重(現在)
クラシックを中心にジャズやJ-POPなどを聴いています。
神奈川フィルを応援してます!

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -