2017 / 11
≪ 2017 / 10 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - 2017 / 12 ≫

20121117兵庫芸文オケ第56回定期演奏会

引っ越し後初めての演奏会!

西宮北口の兵庫県立芸術文化センター管弦楽団の定期演奏会に行ってきました。
2か月前に旅行で訪れて佐渡さんの新世界を聴いていたんですが、まさかこんなに早く再訪することになるとは。
何が起こるか分からないものです。

座席は満席。前も思ったけど、何で席が埋まるの?このオケは。
ロビーでは定期会員向けに楽団員紹介が書いてあるという冊子が配られていました。
こういうファンの心を掴む気配りが重要なのでしょう。

●メンバーと曲目
指揮:井上道義
演奏:兵庫芸術文化センター管弦楽団

ヴァイオリン:パトリツィア・コパチンスカヤ

コンマス:岩谷祐之


プロコフィエフ:バレエ音楽「ロメオとジュリエット」より
プロコフィエフ:ヴァイオリン協奏曲第2番
プロコフィエフ:交響曲第7番


前半はプロコフィエフでおそらく一番メジャーなロメオとジュリエット。
2,3曲サラリと流して休憩前にコンチェルトも演奏するもんかと思ってたら、ガッツリ9曲のプログラムでした。
オケの各パートの紹介という感じ。
木管の見せ場が多かったような。

2曲目では注目のヴァイオリニスト、コパチンスカヤの登場。
“魔術師”“奔放”“奇抜”“野性”“爆発”という言葉で語られ、行く先々で旋風を巻き起こしているようです。
ネタには事欠かなさそうで楽しみにしていました。

赤いドレスでチョコンと登場。演奏時は裸足。
そして体が動く動く。
可愛らしい外見とは対照的に、演奏はとんがってたり、泥臭かったりと個性的でした。
プロコフィエフには合ってる気がしますが、もっと“古い曲”を演奏したらどうなるのか気になるところです。

第1楽章では、ラストのピチカートにこれでもかと入魂!
一転、第2楽章では幻想の世界を作り出す。表情がクルクル変わる。ネコみたい。
この楽章の不安定で地に足がつかないメロディーは大好きです。
第3楽章はコパチンスカヤが全身全霊で弾きまくる横で、道義さんがカスタネットに合わせてステップを踏んでいるという、聴くだけではなく観る方も面白いことに。
何気にすごいのは、やりたい放題にさせておきながら曲をまとめている道義さん。相性良いコンビなのでしょう。

アンコールは、サンチェス=チョンのクリンという曲。
「♪ポポポン、ニャ~↓」な曲でした。
高速でヴァイオリンを弾きながら、口でそのメロディーを歌うという変な曲。
客席は呆気にとられてました。
11/13のトッパンホールでもこの曲を弾いてたそうです。

続いてメインの交響曲第7番へ。
「青春交響曲」というニックネームもあり、この若々しいオケにはピッタリの選曲。
特にガンガン突き進む第4楽章とか。

最後は盛り上がって終了でした!
ちなみに、昨日の公演では静かに終わる短いバージョンだったとのこと。
打ち合わせと違ってて、急に指揮が終わってオケがビックリしてたそうです。(アンコール前の道義さん談)

アンコールは「苦い青春ではなく気持ちよく終わる」という趣向で、プロコフィエフの『キージェ中尉』よりトロイカでした。


来年のプログラムを見てると、面白そうな公演ばかり。
12月は第九シーズンなので、1月からまた動き始めますか。

※おまけ
ホール前のイルミネーション。もうすぐ冬ですね。
ホール前のイルミネーション
スポンサーサイト

この記事へコメントする















syllable

Author:syllable
出身:横浜
在住:三重→兵庫→三重(現在)
クラシックを中心にジャズやJ-POPなどを聴いています。
神奈川フィルを応援してます!

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -