2017 / 06
≪ 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 ≫

20130324及川浩治トリオBee兵庫公演


及川浩治トリオBee
クラシックのトリオなのにやたら盛り上がるという評判の3人組。
我らが神奈川フィルのコンマスである石田さんが参加していることでもおなじみ。
関西では知名度なさそうですが…。
オケでコンマスやってる姿をイメージできた人は何人いるのやら。

そして、兵庫芸文センターは2005年にデビューリサイタルを行ったBeeが生まれた場所だそうです!
そういうこともあってか兵庫公演がこのツアーの千秋楽。

雰囲気を知りたい方にはこんなページがあったんでどうぞ。
演奏映像もあります。今日の公演はこれより熱かった!
「Bee 3人からのメッセージ」


●メンバーと曲目
「及川浩治トリオBee」
ピアノ:及川浩治
ヴァイオリン:石田泰尚
チェロ:辻本玲


ピアソラ:アディオス・ノニーノ
ピアソラ:フガータ
ピアソラ:リベルタンゴ
ブラームス:ハンガリー舞曲 第5番
エルガー:愛の挨拶(辻本&及川)
ポンセ:エストレリータ(小さな星) (石田&及川)
ベートーヴェン:交響曲 第2番より第1楽章(ベートーヴェン自身によるピアノ・トリオ編曲版)

ブラームス:ピアノ三重奏曲 第3番より第1楽章
ショパン:チェロ・ソナタ op.65より第3楽章(辻本&及川)
マスネ:タイスの瞑想曲(石田&及川)
モーツァルト:ピアノ三重奏曲 K.502より 第2楽章
ヘンデル(ハルヴォルセン編曲):パッサカリア(石田&辻本)
ベートーヴェン:ピアノ三重奏曲 第7番「大公」より第1楽章

※アンコール
ラフマニノフ:ヴォカリーズ
ピアソラ:リベルタンゴ


会場は大ホールが9割方埋まっているというなかなかの盛況振り。
皆さんお目当ては及川さんなのでしょう。
ロビーで石田さんのCDは売ってなかったし…。


リーダーの及川さんの演奏を聴くのは久し振り。
相変わらずエネルギッシュで暑苦し~い演奏でした(^^)
ピアノ三重奏曲が何曲かありましたが、普通はこんなにピアノが自己主張してないだろうなーとニヤニヤしながら聴いてました。
そっちの方が面白いし。
MCもやはり及川さんがガンガン引っ張ってました。

石田さんはもう神奈川フィルでコンマス&ソリストとして何回聴いたことか。
でも、今日のようなピアソラでの本気モードを見るのは初めてだったかも。
もちろん「タイスの瞑想曲」の美しさは絶品でした。
トークも結構及川さんから振られてロングトークしてました!
いつものマイペーストークで会場の笑いを誘ってました(^^)
演奏は雄弁なのにこのギャップが面白い。


辻本さんは初めて聴く方でしたが、押され気味に見えました。
「愛の挨拶」など落ち着いた音色でいい味出してましたが、いかんせんあとの2人のキャラが濃すぎです。
良かったのが石田さんとのデュオの「パッサカリア」
メロディーの掛け合いばかりで、合わせるのが難しそうな曲でしたが息がピッタリ!
変奏が進んでいくに従ってどんどんヒートアップしていって、さながらライブのよう。

ちなみに、前日に三宮のライブバーでデュオやってたらしい。行きゃ良かった。


アンコールは「ヴォカリーズ」と「リベルタンゴ」
特に「リベルタンゴ」がすごいことに。
1回目とはアレンジは違ってて、もうアドリブで超絶技巧だらけ。
演奏があまりにもヒートアップしてきて、ホールじゃなかったら「ウォー!!」と立ち上がってたでしょう。
これぞライブ!これぞBee!


最後に、来年度以降の予定は分からないというトークの中での石田さんの一言を。

「また戻ってきます!」

ぜひよろしくお願いします!
スポンサーサイト

この記事へコメントする















syllable

Author:syllable
出身:横浜
在住:三重→兵庫→三重(現在)
クラシックを中心にジャズやJ-POPなどを聴いています。
神奈川フィルを応援してます!

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -