2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20130429関西フィル第246回定期演奏会「デュメイのブラ4」


初めてのホール、そしてオーケストラはワクワクします!
オープンしたてで混んでるグランフロントを横目にシンフォニーホールまでお散歩。案外、大阪駅から近い。
開演前に珈琲を飲みたかったのに、すぐ周りにカフェが無さそうだったのがちょっと不満。
グランフロント
シンフォニーホール


●メンバーと曲目
指揮:オーギュスタン・デュメイ
演奏:関西フィル

ピアノ:クン=ウー・パイク

コンマス:岩谷祐之


ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第1番
ブラームス:交響曲第4番


思ったよりホールがコンパクト。
ホールのかなり後方の席でしたがオケが良く見えました。


デュメイ氏はスタイル良いとは聞いてましたが、実際観ると背がすごく高い!スマートで足長いし。
指揮台無くても団員と頭1つ違うから大丈夫。

そんな出で立ちなので、さぞかしエレガントな指揮姿かと思ったら、予想外にちょこちょこ動く動く。
湧きあがった感情を全てオケに伝えるぞ!というタイプ。
その時々で最も音が欲しいセクションにビシビシ指示してました。

オケで1番凄いと思ったのが、弦セクションの音のうねり。
キッチリ合わせていて音の強弱時の迫力が全然違いました。
世界的ヴァイオリニストであるデュメイ氏の練習はさぞかし厳しかったんだろうなー。
これは、このコンビでぜひシェーンベルクの「浄められた夜」を聴いてみたい。すごいことになりそう。
(※11月定期でやるというのに、仕事でほぼ無理なのが残念…。)

2001年から2010年まで飯守氏が常任指揮者として率いてきた賜物なのか、弦がドッシリとしているように感じたので、デュメイ氏のアンサンブル技術と合わさるとどういう化学反応が起きるのか興味深いところです。


後半のブラームスの4番は、まさかのイキイキとした曲になってました。おどろき。
全楽章フィナーレみたいな感じになってました。
内省的、哀愁とかの暗~い印象が強い曲だったので、寝不足だった身としては寝落ちしないか心配していたのですが、杞憂でした。
指揮者で印象が変わるのは面白いものです。
(※ちなみに前回聴いたのは、2008年10月のハンス=マルティン・シュナイト&神奈川フィル。今回と全く正反対ですが、内面の深みをトコトン掘り下げた素晴らしい演奏でした。)


面白いコンサートでした!
関西フィルは元常任の飯守泰次郎さんが約10年間で築いてきた土台の上に、デュメイ氏が独自の色を加えていっているという時期なのでしょう。
デュメイ氏はまた聴きに行きたいと思います。
9月にいずみホールで弾き振りがあるそうなので、とりあえず手帳にメモっておきました。
スポンサーサイト

この記事へコメントする















syllable

Author:syllable
出身:横浜
在住:三重→兵庫→三重(現在)
クラシックを中心にジャズやJ-POPなどを聴いています。
神奈川フィルを応援してます!

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。