2017 / 04
≪ 2017 / 03 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - - 2017 / 05 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20130922 兵庫芸文オケ第63回定期演奏会「佐渡裕 オーケストラの醍醐味


PACの8シーズン目がスタート!
メンバーも1/3が入れ替わって新たなスタートです。


●メンバーと曲目
指揮:佐渡裕
演奏:兵庫芸術文化センター管弦楽団(PAC)

アコーディオン:御喜美江

コンマス:豊嶋泰嗣


ワーグナー:歌劇「タンホイザー」序曲
ピアソラ:バンドネオン協奏曲
(※アンコール、ピアソラ:バチンの少年)
ブラームス:交響曲第4番
(※アンコール、J.シュトラウス:ハンガリー万歳)


前半の注目はバンドネオン協奏曲。大好きなピアソラ! 
大物アコーディオン奏者、御喜美江の登場。

ヴェテランの技で様々な表情を魅せるアコーディオンの音色。

アコーディオンと言えば、小松亮太さんの活き活きとした演奏も良いですが、
殊に、明るい場面でもどことなく影を感じさせる表現については、御喜さんに軍配が上がるでしょう。
ただただ聴き惚れておりました。



後半はブラームスの4番。"シブいブラームス"(by プログラムの解説)
1~4番の中で一番好きです。

私のベスト公演は、ハンス=マルティン・シュナイト&神奈川フィルの公演。
08.10.17 神奈川フィル第247回定期演奏会
圧倒的で荘厳な世界。

最近では、4月にデュメイ&関西フィルでも聴いてきました。
13.04.29 関西フィル第246回定期演奏会「デュメイのブラームス4番」
イメージをぶち壊す快速の演奏。


私は、今シーズンオープニングのメイン曲としてこの4番を持ってきたのは挑戦的だなと思いました。
だって、イケイケの佐渡さん&若々しいPACでブラームスなら、メジャーな1番とか伸びやかな2番が普通でしょ?
でも敢えて"シブい"4番を選択したところに、8年目を迎えたオケの決意が感じられるのでした。

と、行く前から思っていたので、
実演で佐渡さんがピョンピョンジャンプして、ドラマチックな演奏になっていても、
ああやっぱりと特に意外ではなかったのでした。
こちらも佐渡さんのノリノリの演奏で吹っ切れたいと思って、聴きに来ていますので(^^)

やはりフルートが美味しいところをもっていく曲ですねー。
首席は新加入の渡邊玲奈さん。
どこかで名前を聞いたことがあると思ったら、NHKの「名曲リサイタル」の公開収録で聴いておりました。
(その時のもう1組はヴァイオリンの石田泰尚さん)


アンコールは「ハンガリー万歳」
佐渡さんらしく景気が良い曲での締めでした。
「Eljen!」


今シーズンも様々な名手がやってきます。
個人的には最注目は、3月のフェドセーエフのベト4&チャイ4。
新メンバーがオケに慣れていくことで、どんな音を作っていくのでしょうか。楽しみです。
スポンサーサイト

この記事へコメントする















syllable

Author:syllable
出身:横浜
在住:三重→兵庫→三重(現在)
クラシックを中心にジャズやJ-POPなどを聴いています。
神奈川フィルを応援してます!

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。