2017 / 11
≪ 2017 / 10 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - 2017 / 12 ≫

20140118 兵庫芸文オケ第66回定期「ローマ三部作」

今年のオケ聴き始めは、PACオケと佐渡さんのコンビによるローマ三部作!
レスピーギというと、ローマの松のイメージしかなかったので、他の主要作品も一度聴いてみたいと思いました。
そんな中、うってつけの演目。

若くて熱いPACオケと佐渡さんのコンビによるアクセル全開の爆演でした!
ローマの松のフィナーレに至ってはホールが割れるんじゃないかと思うほど。
まさにコレを聴きたかったので大満足です(^^)
すっきりしてきました。

●メンバーと曲目
指揮:佐渡裕
演奏:兵庫芸術文化センター管弦楽団

【オール・レスピーギ・プログラム】
交響詩「ローマの祭り」
交響詩「ローマの噴水」
リュートのための古風な舞曲とアリア 第3組曲
交響詩「ローマの松」


良く知らなかったのですが、これらの作曲年は1917~1932年と第一次世界大戦より後なんですね。
そんな時代だからこそ、レスピーギは古代ローマに思いをはせたという要因もあるのでしょう。


終始、管楽器が大活躍!
ホルン、クラリネット、オーボエ、トランペット等など見せ場が多かったです。
音が色彩感豊かで、ホールの中がキラめくのが見えるかのようでした。
3日連続公演なんですが、最後まで体力持つんでしょうか。

ローマ三部作に挟まれて、弦楽だけの「リュートの~」が入っているのもいい味出していました。
心に沁み入るルネサンスのメロディー。
リラックスしたい時に聴きたい曲。
この曲のおかげで全体が締まったような気がします。

CDでは良く分からなかった、特殊な演奏法も会場でじっくり堪能できました。
バンダのトランペット、舞台裏からの鐘、鳥のさえずり等など。
音が前ではなくて上から降ってくるという感覚はCDでは味わえません。
ちなみに、バンダ奏者はなんと都響の高橋敦さんでした! 


と、こんな感じで楽しく聴き始めることができました。
昨年はあまりコンサートへ足を運べなかったので、今年はドンドン行きたいと思ってます。
スポンサーサイト

この記事へコメントする















syllable

Author:syllable
出身:横浜
在住:三重→兵庫→三重(現在)
クラシックを中心にジャズやJ-POPなどを聴いています。
神奈川フィルを応援してます!

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -