2017 / 06
≪ 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 ≫

20150131 大阪フィル第484回定期「家庭交響曲」

先週の大ブルックナー展に引き続き、2週連続で大阪フィルの演奏会へ。

今回は、初めてのフェスティバルホールでした!
写真でよく観る入口の階段を思わずパシャリ!
20150131.jpg


赤と黒の座席、ボコボコしているホールの壁も実際見るとインパクトがありました。


立地は大阪駅からプラプラ歩いて10分ほど。
同じ建物内に店もあって、シンフォニーホールより使い勝手が良いですね。
職場がこの辺りの人がうらやましい…。


●メンバーと曲目
指揮:秋山和慶
演奏:大阪フィル

ピアノ:ダン・タイ・ソン

コンマス:崔文洙

ヴォーン=ウィリアムズ:劇付随音楽「すずめばち」 序曲
ショパン:ピアノ協奏曲 第2番
R.シュトラウス:家庭交響曲


1曲目は、ヴォーン=ウィリアムズ。
弦がうなって、勢いよく蜂が飛びまわる描写からスタート。
大阪フィルだと特に勢いを感じました。
その一方で、穏やかなイギリスの田園風景が浮かんでほっとする場面も。
そして、フィナーレは華やかに!
10分ほどの短い曲ですが、ヴォーン=ウィリアムズの魅力をギュッと凝縮しているセンス良い小品。

2曲目はダン・タイ・ソンさん登場。
昨年はPACのラヴェル左手で拝聴しましたが、十八番は何よりショパンの御方。
端正で、キレイな音。
ベートーヴェンやラフマニノフとは違う世界が広がっていました。
これこそがショパンの演奏なのでしょう。
あまりの心地よさに、気持ちよく眠りに落ちていましたとさ(笑)

アンコールは、同じくショパンのマズルカ13番という曲でした。


ラストは、家庭交響曲。
家庭というテーマなのに、やたら大げさで面白かった。
大編成のオケから繰り出される音の大洪水!
R.シュトラウスらしい大風呂敷ですね。

各キャラのメロディーが錯綜していて難しそう。
大変な時には、ヴァイオリンとチェロと管楽器でそれぞれ違うメロディーが同時進行してて、
もう何が何だか。
でも、秋山さんが導く指揮姿には安心感がありました。
斎藤秀雄さんの弟子らしく、無駄が無く、論理的・明確な指揮姿、そして演奏。
指揮者生活50年ともなると、安定感が違います。

オケのソロも多く、それぞれの楽員さんの音を堪能できました。
難点は大阪フィルのメンバー表に、誰が首席か載っていないこと。
コンサート中に名前が分かりませんでした。
オーボエ首席の浅川さん、ホルン首席の高橋さん、チェロ首席の近藤さんをメモ。

一気呵成のフィナーレまで飽きずに走り抜けた40分でした!

気持ち良い演奏会でした。
大阪フィルは今後も追っていきたいです。
井上道義さんの大ブルックナー展もあるし。
仕事上平日公演は行けないので、土曜公演が多ければ良いのですが
スポンサーサイト

この記事へコメントする















syllable

Author:syllable
出身:横浜
在住:三重→兵庫→三重(現在)
クラシックを中心にジャズやJ-POPなどを聴いています。
神奈川フィルを応援してます!

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -